断捨離とは、物に執着する心から自由になり、身辺から不用品を処分することで、自分自身の心身を整え、シンプルなライフスタイルに生活を切り替えていくことです。

衣類や小物、雑貨などは比較的必要な物とそうでない物とに分けて断捨離しやすい傾向にありますが、家具のような大型の物はどうでしょうか。

ここでは家具を断捨離する方法とそのメリット、そして注意点について説明していきます。

目次

家具を断捨離するタイミング

家具を断捨離する

家具を断捨離するにはいくつかのタイミングがあります。

ここではそのタイミングについて解説していきます。

小物の断捨離が終わって収納家具が空になった時

衣服や小物などを断捨離していくと、自然とそれらを収納していた家具が不要になります。

そのまま空になった収納家具を家の中に置きっぱなしにしておくこともできますが、今度はその空の収納家具が新たな不用品を家に招き入れてしまう可能性があります。

収納家具が空になったら、すぐにその家具自体も断捨離してしまうことをおすすめします。

引っ越し

今までなんとなく使っていたソファーやベッド、次の引っ越し先では本当に必要になるのでしょうか?

引っ越し先の住まいが今より小さい間取りの場合は便利さよりも大きさが邪魔になるというデメリットのほうが大きいかもしれません。

また、今まで使ってきたけれども、いまいち気に入っていなかったり、もう何年も使っていてスプリングがヘタっていたりしても、そのまま使い続けてきたものもあるでしょう。

そのような時には、引っ越しを機に思い切って断捨離してしまって、一度ソファーやベッドの無い生活をしてみてはいかがでしょうか

案外そのような家具が無い方が、部屋が広く使えて、無くても別に生活に支障を感じないかもしれません。

もし、やはり必要だと思った場合には、新しい物を使い心地やデザイン、大きさなどさまざまな角度から吟味して、買いなおせば良いのです。

家具が壊れてしまったとき

壊れた家具はもちろん断捨離の対象なので、すぐに処分する必要がありますが、次の家具を購入するまでに少し時間を空けてみるのも家具の断捨離を成功させる方法の一つです。

断捨離した家具がなくなっても、別に困らなかったり、ほかの家具などで代用できたりするのならば、新しい同じような家具を増やす必要はないので、部屋を広く使うこともでき、掃除も楽になります。

そのようにして、「この家具は必需品だ」という思い込みを断捨離することも大切です。

断捨離で家具を捨てるメリット

断捨離で家具を捨てるメリットには次のようなものがあります。

不用品を買い込まなくなる

前の章でも書きましたが、空の収納家具には不用品を引き付ける効果があります

断捨離の原則として、不要な物は買わないというものがありますが、「あの引き出しが開いているから、あそこに収納すれば大丈夫」という言い訳のもとに不用品を買い込んでしまう恐れがあります。

ここは物への執着心を断捨離するためにも、不要になった家具は、潔く断捨離してしまいましょう。

部屋が広く使える

断捨離する家具の大きさが大きければ大きいほど、部屋が広く使えるようになります。

今まで避けて室内を歩いていたとしても、もうその必要はありません。

大きな家具がなくなって初めてその家具の存在がストレスだったことに気づくケースもあります。

スペースの余裕は心の余裕、広くなった部屋でのびのびと生活することができます。

掃除が楽になる

断捨離の原則が「床に物を置かない」ということはみなさんご存じだとは思いますが、家具はそうはいきません。

掃除をするたびに移動させたり、移動できない家具は回り込んだりする必要があるので、かなり掃除のときに負担になります。

その家具を必要な物だけ残して後は断捨離してしまえば、掃除の手間が格段に掛からなくなります

断捨離で家具を捨てる際の注意点

断捨離で家具を捨てる際の注意点

断捨離で家具を捨てる際に注意すべき点は、その処分方法です。

小さな家具であれば解体して普段のゴミとして出すことで断捨離が終了しますが、大きな家具となると粗大ごみとして出す必要があります。

またゴミステーションまで一人で運ぶことが難しい大きさの家具であれば、手伝いを頼んだり、時にはトラックなどで直接処分場まで運ぶ必要が出てきたりすることもあります。

また、大きな家具の扱いに慣れていない人が家具を断捨離する時に誤って部屋を傷つけたり、自分自身がケガをしたりすることも十分考えられるので、注意が必要です。

断捨離で家具を捨てる方法

断捨離で家具を捨てる

断捨離で家具を捨てるなどして手放す方法はいくつかあります。

ここでは家具を断捨離する方法を解説していきます。

家具を粗大ごみに出して断捨離する

自治体指定のゴミ袋に入らない大きさの家具であれば、粗大ごみとして捨てることで家具の断捨離ができます

この方法で断捨離できる家具は、自分でゴミステーションまで持っていくことができる大きさであるということが条件になります。

自分で車を持っていれば、ある程度の大きさの家具でもこの方法で断捨離することができます。

この場合は自治体の粗大ごみの出し方のルールに従って断捨離を行いましょう。

友人などに譲る

断捨離したい家具が、自分にとっては不用品でも、他の人から見たら非常に魅力的かつ必要なものになっていることもあります。

そのような時には断捨離したい家具を必要な人に引き取ってもらいましょう

運搬手段を確保する必要があるので、その点に注意して断捨離を行いましょう。

不用品回収業者などに回収を依頼する

断捨離したい家具が大きく、自分で移動させるのが難しかったり、断捨離したい家具が何点もあったりする場合には、不用品回収業者に回収を依頼することも効率的な家具の断捨離方法です。

しかし、不用品回収業者の中には悪徳な業者もおり、トラブルが起きる可能性もあります。

そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、良心的な業者を選ぶことが大切です。

業者に依頼するならオコマリがオススメ

オコマリを利用する主婦

全国に片付けをしてくれる業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して不用品回収を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの79,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、オコマリのスタッフが1社1社面談して厳選した業者のみになっており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「断捨離で家具を捨てる方法」まとめ

断捨離で家具を捨てる

断捨離で家具を捨てる方法にはいくつかの方法がある事がお分かりいただけたと思います。

また、その際に注意すべき点もあるので、忘れないようにしましょう。

家具は大きくなればなるほど断捨離した時の爽快感も大きくなりますが、断捨離の方法が大変になることもあります。

自分一人の手に負えない時には、業者に依頼することも頭に入れながら、断捨離を行って快適なシンプルライフを手に入れましょう。

記事を読んで、断捨離についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

日常生活で発生するお困りごとに関する「オコマリブログ」の運営元のオコマリです。オコマリでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!