ゆーすけ

ゆーすけ|片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

「汚い部屋」と聞いて皆さんはどんな部屋をイメージしますか?

俗に言う「汚部屋」「ゴミ部屋」でしょうか?

それとも足の踏み場もないくらい「散らかっている部屋」でしょうか?

本来「汚部屋」はものが多くて片付いていない部屋、という意味なのですが、最近では「ゴミ部屋」と同じような使い方をすることが多いようです。

今回の記事では、生活や健康面に支障が出るくらいに汚れた部屋を「汚い部屋」としています

ものを整理整頓さえすれば解消できるのが「散らかっている部屋」です。

一方の「汚い部屋」はゴミなのか生活用品なのかの区別がつかないほどものが散乱し、ホコリや汚れも溜まっている状態です。

キレイな部屋に戻すには片付け方をしっかりと理解した上で作業をする必要があります。

片付け方はわかっていても様々な理由から自分で片付けられない人は業者に依頼して汚い部屋をキレイに片付ける方法もあります。

それでは実際に「汚い部屋の片付け方」を見ていきましょう。

目次

汚い部屋の片付け方とは?

汚い部屋の片付け

汚い部屋の片付け方は次の2択です。

  1. 自分たちで、手間や時間はかかるがお金をなるべくかけない片付け方
  2. 業者に依頼して、手間や時間はかからないがお金をかける片付け方

極端に言えば「お金のかからない片付け方か、時間のかからない片付け方か」ということです。

もちろん裏技というか隠れた3番的な片付け方も実はあります。

それは「自分たちで汚い部屋を片付けるが、粗大ゴミの回収などだけを業者に依頼する片付け方」です。

どの片付け方を選択するかは時間的・金銭的な余裕にもよるでしょうし、これが絶対正しい片付け方!というものもありません。

自分に合う片付け方を選択して汚い部屋をキレイにできればいいのです。

汚い部屋の片付け方はどっちにすべき?

汚い部屋を片付ける動機で多いのが引越しや賃貸住宅の定期点検などです。

このように期日がはっきりと決まっていて日程的な余裕がなく、片付ける時間もない場合は業者に依頼するほうがいいでしょう。

時間的な拘束もなく、とにかく汚い部屋をきれいにしようと思い立ったという人は自分(たち)でゆっくりと片付けを進めることができます。

時間的な問題の他にもう一つ大事なのが、汚い部屋に溜まってしまったゴミの量と質です。

粗大ゴミが多くて作業に危険を伴う場合や悪臭や害虫の発生がひどいゴミの場合は、業者に依頼した方が安心です。

どちらの片付け方にもメリット・デメリットがあるので、その両方をよく検討して汚い部屋の片付け方を決めましょう。

汚い部屋を自分だけで片付けるメリット・デメリット

汚い部屋を自分一人で片付ける場合には、下記のようなメリットやデメリットがあります。

メリット

  • 準備や処分費など最低限のお金で済む
  • 誰にも汚い部屋に住んでいると知られない
  • 自分の都合に合わせて片付けを進められる

デメリット

  • ゴミの分別や処分は想像以上にきつい
  • 粗大ゴミは自分一人では運べない
  • 挫折しやすい

汚い部屋を知り合いで片付けるメリット・デメリット

汚い部屋を家族や友人と一緒に片付ける方法もあります。

この片付け方のメリットとデメリットは、下記のとおりです。

メリット

  • 作業が効率よく進む
  • ゴミの分別などについてアドバイスがもらえる
  • 手伝ってもらっている責任から最後まで作業が続く

デメリット

  • 汚い部屋に住んでいたことが知られてしまう
  • 汚い部屋にしたことを責められる、説教される

汚い部屋を業者に片付けてもらうメリット・デメリット

汚い部屋の片付けを業者に依頼する場合

メリット

  • 短時間で終わる
  • 希望した時間帯に作業してくれるので近隣住民に汚い部屋と知られない
  • 確実にキレイな部屋になる
  • 自分は何もしなくていいのでラクである
  • 余計な気遣いをしなくて済む

デメリット

  • お金がかかる
  • 他人(業者)に汚い部屋を見られる
  • 依頼した業者が悪徳業者の可能性もある

汚い部屋の片付け方~自分たちで行う~

自分で行う汚い部屋の片付け方

汚い部屋の片付け方で一番大事なことは何だと思いますか?

それは「安全の確保」です。

汚い部屋の片付け方を熟知している業者でも最大限の安全確保をしてから作業をします。

素人が同じ作業をする時にはさらに気をつけたいところです。

具体的に言うと汚い部屋の片付けをする時には「頭上・足元」に対して注意が必要です。

ゴミの量にもよりますが崩れ落ちてきたゴミなどから頭を守るヘルメットや、足元の危険物に対応した履物の用意をして臨みましょう。

ここからは、汚い部屋を自分で片付けする手順をお伝えしていきます。

汚い部屋の片付け方1 – 片付けの前に害虫駆除

ゴキブリやコバエが部屋中にいては片付けどころではありません。

殺虫剤を使用して害虫駆除をしてから片付けに取りかかりましょう。

なおコバエ駆除として蚊取り線香も利用できますが、ゴミが大量にある環境では火事の恐れもありますので使用の際には注意して下さい。

汚い部屋の片付け方2 – ゴミを捨てる

汚い部屋の片付けのメインはこの「捨てる」作業にあります。

まずは汚い部屋の床の上にゴミがまったくない場所を作るために、ゴミを捨てていきます。

分別しながら捨てるのが大変であれば、まずはペットボトルだけ捨てる→瓶・缶ゴミを捨てる→プラスチックゴミを捨てる、というように種類ごとに作業を進めてみましょう。

またゴミを捨てる時には大きなゴミから捨てると部屋にスペースができて後の作業がしやすくなります。

さらに片付いた実感が持ててモチベーションも上がります。

汚い部屋の片付け方3 – 粗大ゴミを捨てる

自治体の粗大ゴミの回収を利用する時には早めに申し込み、回収日と料金の確認をしておきます。

料金の目安は以下の通りです。

東京都練馬区の粗大ゴミ回収料金

品目 料金
ベッド(本体のみ) 1,200円~2,800円
掛け布団 400円
敷き布団 400円
タンス 400円~2,000円
ソファ 800円~2,000円
テーブル 800円~2,000円
1,200円
食器棚 400円~2,000円
収納ケース 400円~2,000円
カーペット 400円~2,000円

*粗大ゴミの回収料金は自治体ごとに異なります

ゴミ処分センターに直接持ち込むことも可能です。回収に比べて料金は半額になります。(練馬区の場合)

受付時間や一度に持ち込めるゴミの個数など詳細を確認の上、利用して下さい。

汚い部屋の片付け方4 – ゴミ以外のものの仕分け

汚い部屋の中からゴミを捨てた後に残ったものを仕分けします。

仕分ける時には段ボール箱を3つ用意して、下記の3つに分けます。

  1. 必要なもの
  2. 不要なもの
  3. 保留

ただし、ゴミの中で長期間放置されていたものは汚れや痛みが激しいので、貴重品や生活にいる必要最低限のもの以外は捨てることになるでしょう。

再び汚い部屋に戻らないように「ものを減らす!置かない!」ことを心掛けましょう。

汚い部屋の片付け方5 – 換気と日光を利用する

汚い部屋の中にはゴミや害虫だけではなくホコリや湿気もたまっています。

片付けが進んで窓が開くようになったら風を入れて部屋の中を少しでも乾燥させます。

また、日光には消毒効果がありますので換気と日光消毒をしながら片付けましょう。

汚い部屋の片付け方~業者に依頼する~

業者に依頼する汚い部屋の片付け方

業者に依頼する片付け方でまず大事なこと、それは自分がどの範囲までを業者にしてもらいたいのかを明確にしておくことです。

汚い部屋を掃除まで含めてまるごと片付けをして欲しいのか、ゴミの回収・処分だけをして欲しいのか?

それによって依頼する業者もかかる料金も全く違います。

汚い部屋の片付け方~不用品回収業者~

ゴミの分別や仕分け、片付けは自分でするのでゴミの回収・処分だけを業者にしてもらいたい人は、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

作業のメインはゴミの回収・処分であり自治体の粗大ゴミ回収が引き受けないゴミでも回収・処分してもらえる点や、大量のゴミを一度に処分してもらえる点など、利便性の良さが魅力です。

また不用品回収業者のほとんどはリサイクルできそうなゴミの無料引き取りや買取をしており、ゴミの処分料金の節約にもなります。

不用品回収業者の料金は通常「基本料金3,000円~5,000円+個別料金+オプション料金」という具合に計算します。

また大量のゴミの処分をお得な料金で利用できる積み放題やパック料金を設定している不用品回収業者も増えています。

不用品回収の料金は業者任せの色合いが濃い業界ですが、おおよその料金相場は以下の通りです。

不用品回収業者の個別回収の相場

品目 料金
テレビ 4,000円~6,000円
洗濯機 5,000円~8,000円
冷蔵庫 5,000円~10,000円
エアコン 3,000円~8,000円
ベッド(本体) 3,000円~6,000円
マットレス 2,000円~5,000円
ソファ 2,000円~5,000円
テーブル 2,000円~5,000円
タンス 3,000円~8,000円

不用品回収業者の積み放題の相場

プラン 料金
軽トラック 40,000円前後
2tトラック 100,000円前後

不用品回収業者のパック料金の相場

間取り 料金
1K 40,000円〜100,000円
1K〜1LDK 80,000円〜150,000円
2DK〜2LDK 130,000円〜200,000円
2LDK〜3DK 200,000円〜300,000円
3DK〜3LDK 300,000円~400,000円
ごみ部屋・ごみ屋敷 現地確認後に見積り

汚い部屋の片付け方~ゴミ屋敷清掃業者~

ゴミの回収・処分はもとより汚い部屋の片付けや清掃、業者によっては再び汚い部屋に戻らないためのアフターフォローまでしてくれるのがゴミ屋敷清掃業者です。

基本料金での作業内容はどんな作業か?オプションにはどのような作業があるのか?などの詳細を確かめた上で、自分に合った業者を選びましょう。

業者ごとに作業内容や料金設定の幅も広いゴミ屋敷清掃業者ですが、基本料金は「車両費+人件費+処分費」で決まります。

一般的なゴミ屋敷清掃料金の相場

ゴミの量 作業員数 作業時間 費用
床全体がゴミ 1~2人 2~3時間 90,000円~180,000円
腰の高さまでゴミ 2~4人 4~5時間 180,000円~300,000円
天井の高さまでゴミ 5~7人 1~3日 300,000円~700,000円

なお天井までゴミがある汚い部屋の場合、正確なゴミの量がわからないので見積もり後に追加費用が発生することもあります。

次は同じゴミのたまり具合の汚い部屋の片付けをゴミ屋敷清掃業者に依頼した時の間取りによる料金の違いをご紹介します。

  1. 1Kマンション(軽トラック+作業員1名+2時間作業)
    車両費3,500円+人件費6,000円+処分費40,000円=49,500円
  2. 1DKマンション(2tトラック+作業員3名+3時間作業)
    車両費13,000円+人件費27,000円+処分費100,000円=140,000円
  3. 4LDK1戸建て(2tトラック+作業員4名+6時間作業)
    車両費26,000円+人件費72,000円+処分費180,000円=278,000円

ただし汚い部屋特有の悪臭や汚れの激しさ、部屋の立地条件などは実際に業者が現地を見ないと判断できません。

このため各種オプション作業の料金は個々によります。

汚い部屋の片付け方~特殊清掃業者~

汚い部屋の中でもゴミの腐敗が進み悪臭や害虫の発生がひどい場合や、孤独死が発見された場合などは特殊清掃業者に依頼します。

市販されている脱臭剤などではこびりついた汚い部屋の臭いには全く効果がありません。

完全な脱臭や腐敗物の処理には専門の知識と薬剤、技術が必要です。

特殊清掃業者の料金は、通常の清掃費用+特殊清掃作業費用が合算されたものです。

項目 費用
床上の特殊清掃 35,000円〜
浴室清掃 55,000円〜
消臭剤や除菌剤の散布 12,000円〜
畳の撤去 4,000円〜
オゾン脱臭/消臭 35,000円〜

汚い部屋の片付け方で注意すべき点

汚い部屋の片付け方で注意すべき点

汚い部屋の片付け方は決めましたか?

今までお伝えしてきた片付け方を実行するためにもこれからご紹介する注意点に気をつけて下さい。

自分たちで片付ける時に注意したい点

自分たちでする片付け方には以下の注意点があります。

汚い部屋のままでは引っ越しができない?

ゴミが部屋の大半を占めているような汚い部屋の場合、引越し業者が引越しの依頼を拒否することがあります。

大手の引越し業者では不用品の回収などを行っているところもありますが通常の引越しよりもかなり料金がかかります。

引越し前に粗大ゴミを自治体の回収に出そうとした場合、引越しシーズンは予約が殺到するために回収までに2~3週間かかることもあります。

引越しを契機に汚い部屋の片付けを考えている人は、とにかく早めに粗大ゴミを処分しておくことが大切です。

自分のものだけを片付けること

汚い部屋を片付けていて自分以外のものが出てきた場合は無断で処分しないことです。

たとえ相手が忘れていたとしても必ず持ち主に確認をしてから返却するなり処分するなりしましょう。

業者に依頼する時に注意したい点

業者に依頼する片付け方には以下の注意点があります。

料金相場よりも安すぎる業者

汚い部屋の業者に依頼しての片付け方のところで料金相場も紹介しましたが「思っていたよりも費用がかかるなぁ」と感じた人もいることでしょう。

依頼するのなら少しでも安い業者に頼みたいと思うのが普通です。

しかしながら、業者には大量のゴミを処分場まで運搬し分別し処分する、という仕事があり、ゴミを正しく処分するためには当然費用がかかります。

相場から見て非常に安い費用で仕事を請け負う業者や、見積もりを提示後に安易に値引きする業者はゴミを正しく処分していない可能性があります。

ゴミの不法投棄は業者だけでなく依頼した側にも刑罰が発生することをご存知でしょうか?

料金が相場に比べてあまりにも安い業者は要注意です。

ゴミ屋敷の現場をよく見ないで見積もりを出す業者

料金には間取りやゴミの量だけではなくゴミの質も関わるとお伝えしてきました。

ゴミの量や質から作業内容・人員・時間を割り出して見積もりを出すには、依頼者の話を聞き現地をじっくりと見なくてはできません。

ところが簡単に見て回っただけで見積もりを出す業者もいます。

このような業者はほとんどが高額請求(ぼったくり)の業者だとされています。

見積もり時間が短い、いい加減である、見積もりに作業の詳しい内訳がない、説明がない、などの業者には気をつけましょう。

業者に依頼するならオコマリがオススメ

オコマリを利用する主婦

全国に汚部屋の清掃業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して汚部屋清掃を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの109,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている汚部屋の清掃業者は、オコマリのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「汚い部屋の片付け方」まとめ

汚い部屋

汚い部屋の片付け方は参考になりましたか?

汚い部屋の片付け方はいくつもありますがまずは「片付けたい」という気持ちを実行に移すことです。

そしてキレイになった部屋を想像しながら、自分に合った片付け方をぜひ実行してみて下さい。

記事を読んで、汚い部屋の片付け方をもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

ゴミ屋敷清掃のことならオコマリ

ゴミ屋敷清掃のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリではゴミ屋敷清掃について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問にゴミ屋敷清掃に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「ゴミ屋敷清掃」のサービスを見る