近年、断捨離やミニマリストという暮らし方がクローズアップされる一方で、増えているのがゴミ屋敷です。

テレビなどで社会問題として取り上げられることも多く、目にする機会も多くなってきました。

ここでは「片付けてゴミ屋敷から抜け出したい!」という方や身近にゴミ屋敷で悩んでいる人がいる方のために、効率よくゴミ屋敷を片付けるコツについて詳しく解説しています。

目次

なぜゴミ屋敷になってしまうのか

ゴミ屋敷

部屋は住む人の心を映す鏡ともいいます。

精神的に落ち込んだりストレスを感じたりすることをきっかけに片付けが困難となる場合や、あまりに忙しすぎて片付ける時間がとれない、生活環境が変わったなど、さまざまな原因がゴミ屋敷の背景には考えられます。

また、うつや強迫性貯蔵性、認知症などの精神的な疾患や、ADHD(注意欠陥・多動性障害)などが原因の場合もあります。

本当にゴミ屋敷を解決するためには、それらの根本的な原因を解決しなければ、一度片付けた部屋もリバウンドしてしまいます。

ゴミ屋敷の片付けのコツを学び実践をしつつも、しっかり根本的な原因の解決には動くようにしましょう。

ゴミ屋敷を自分で片付ける際に必要なもの

ゴミ屋敷の片付けに必要なもの

通常の掃除や片付けとは違い、ゴミ屋敷の片付けではかなりの量のゴミを捨てる必要があるので、前もって必要な物は十分に準備しておくことも、効率よくゴミ屋敷を片付けるコツです。

また、可能な限りの人手を手配することも、早くゴミ屋敷を片付けるコツです。

ゴミ屋敷を人の目にさらすのは恥ずかしいかもしれませんが、そのままではいつまでたってもゴミ屋敷から脱することはできません。

恥をしのんで片付けをお願いすることも少しでも早くゴミ屋敷から抜け出すためのコツです。

ゴミ屋敷片付けに必要なもの1 – ゴミ袋

自治体専用のゴミ袋がある場合にはそれを用意し、ない場合にはホームセンターなどで購入しましょう。

ゴミ屋敷の規模にもよりますが、コツとして大きめのものを100袋程度用意しておくと、途中でゴミ袋が足りなくなって作業が中断することを防げます

鋭利な物や割れ物などがある場合のために、包んで処分できるように新聞紙の用意しておくことも手早く片付けを進めるためのコツです。

ゴミ屋敷片付けに必要なもの2 – ダンボール

片付けの際に、必要な物とそうでない物を便利に仕分けるコツとして、ダンボールを用意しておくことがおすすめです。

また、一時的に仮置きしたい場合にもダンボールは活躍します。

ゴミ屋敷片付けに必要なもの3 – マスク・軍手・スリッパ

ゴミ屋敷は、決して衛生的とはいえない環境です。

必ずマスクや軍手を用意し、汚れても構わない格好で行いましょう。

また、足元の怪我を防ぐためにもスリッパを履いて作業することも安全に片付けるためのコツです。

ゴミ屋敷片付けに必要なもの4 – 蚊取り線香・害虫駆除剤

片付け時に使用する蚊取り線香

ゴミ屋敷の大きな問題として、害虫問題があります。

ゴミ屋敷を片付けていると、必ずといっていいほど、さまざまな害虫と対面することになってしまいます。

蚊取り線香を焚いておくと、蚊だけでなくコバエにも効果があり、生ゴミなどの嫌な匂いを抑えてくれるのでおすすめのコツです。

しかし、ゴミがあふれた室内では、蚊取り線香が火災の原因となってしまうこともあるので気をつけましょう。

また、ゴミ屋敷の片付けを始める前に部屋全体をくん煙タイプの害虫駆除剤を焚いておくことも、一度に害虫駆除をしてしまえるコツです。

あわせてスプレータイプの駆除剤も用意しておきましょう。

ゴミ屋敷片付けに必要なもの5 – 掃除用品

まずは掃除よりも片付けることが最優先なので、あれこれと掃除用品を揃えておく必要はありませんが、掃除機や雑巾、ほうきや洗剤などを基本的な物を用意しておきましょう

また、気になる部分をサッと拭けるウェットティッシュを用意しておくことも、片付けをスムーズに進められるコツです。

ゴミ屋敷片付けに必要なもの6 – 軽トラック・台車

集めたゴミを処理場へ運ぶために、レンタカーなどで軽トラックを借りておくとよいでしょう。

また、一度に多くのゴミを部屋の外へ出せるように台車を用意しておくことも効率よく片付けを進められるコツです。

ゴミ屋敷を自分で片付けるときのコツ

ゴミ屋敷を自分で片付けるときのコツを説明する女性

ゴミ屋敷を片付ける準備ができたら、いよいよ作業に取り掛かっていきます。

しかし、やみくもに片付けを行うのでは、大量のゴミを前にして、途中で挫折してしまうこともあります。

ゴミ屋敷を片付けるにはいくつかのコツがあるので、まずそのコツを知っておくことから始めましょう。

ゴミ屋敷を片付けるコツ1 – 計画を立てる

作業に取り掛かる前に計画を立てることが、ゴミ屋敷片付けの最初のコツです。

一日で片付けを終わらせることは不可能なので、コツとしては「今日はここまでの片付けを終わらせる」「明日はこっちを片付ける」といった具合に決めていきましょう。

片付けの作業に筋道を立てておくことは、本来の目的を見失わず、途中での挫折を防ぐコツです。

ゴミ屋敷を片付けるコツ2 – まずは明らかなゴミから捨てていく

いる、いらないなど選別を始める前に、明らかなゴミを何も考えずに捨てていきましょう

ゴミ屋敷の片付けをスタートダッシュさせるコツです。

まずはゴミを確実に捨てることで、結構な量を減らすことができます。

ゴミ屋敷を片付けるコツ3 – 本当に必要な物だけをピックアップして残す

かなりの量の物があふれるゴミ屋敷で、ひとつひとついらない物を探していると、いつまで経っても作業は終わりません。

いらない物を探すのではなく、本当に必要な物だけをピックアップすることは、少しでも早くゴミ屋敷の片付けを終わらせるためのコツです。

ゴミ屋敷を片付けるコツ4 – 物の出入り口になる玄関から始める

玄関からゴミ屋敷の片付けを始める

何となく片付けはリビングなどから始めがちですが、まずは玄関から作業を始めることもゴミ屋敷片付けのコツです。

玄関はすべての部屋への通り道なので、ふさがっているとせっかく集めたゴミも出しにくくなってしまいます。

ゴミや物、人が通りやすくなり片付けをスムーズに行うためには、まずは玄関を片付けておくことがコツなのです。

ゴミ屋敷を片付けるコツ5 – いつか使う物は処分

通常の片付けであれば、いつか使おうと思っている物もとっておいて構いませんが、ゴミ屋敷の片付けではいつか使おうと思っている物は処分してしまうこともコツです。

いつか使おうと思ってさまざまな物をとっておいた結果が、ゴミ屋敷を招いてしまいました。

コツを踏まえたゴミ屋敷の片付けを通して、これからの物を持つ基準も考えなくてはなりません。

ゴミ屋敷を片付けるコツ6 – 基本的にはほとんどの物を捨てる

生活に最低限必要な物と貴重品以外は、ほぼ捨てるくらいの意気込みでゴミ屋敷の片付けは行うことがコツです。

捨てることができなくなった結果、ゴミ屋敷になってしまったので、溜め込んでいた物を捨てることができなければ解決しません。

ゴミ屋敷を片付けるコツ7 – 家具など大きな物から処分

小さな引き出しの整理からではなく、大きめの家具などの処分から始めることもゴミ屋敷の片付けのコツです。

こまごました作業では片付けが進んでいるのかどうか、よく分かりません。

コツとして大きな家具などを一気に処分してしまうことで、床が顔を出し片付けている実感を得ることができます。

また、今まで占めていたスペースが空き、作業場所も広くなるので、大きな家具から処分することは片付けをしやすくするコツなのです。

ゴミ屋敷を自分で片付けることができない場合には

業者に依頼してゴミ屋敷を片付けしてもらう

ここまで、ゴミ屋敷を片付けるコツを挙げてきましたが、体力や時間がなく、やはり自分でやるには難しい場合もあります。

コツをおさえて片付けを進めていても、途中で挫折してしまうと自信を失うことにも繋がってしまいます。

そんな場合には、無理せずにゴミ屋敷清掃業者へ依頼することがコツです。

ゴミ屋敷清掃の専門業者に依頼すれば、もちろん料金は発生しますが、迅速に片付けを終わらせることができ、体力も手間も消耗しません。

ゴミの処分はもちろん、リサイクルも対応してくれる場合も多く、安心して任せることができます。

ゴミ屋敷での生活から一刻も早く確実に抜け出し、きれいな部屋で気持ちを新たに生まれ変わりたいと思っているなら、ゴミ屋敷片付け業者へ依頼することがコツです。

次に、ゴミ屋敷清掃業者に依頼するときのコツをご紹介します。

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するコツ1 – 依頼をためらわない

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する1つめのコツは、依頼をためらわないことです。

「自宅がゴミ屋敷になってしまった状況が恥ずかしく、他人には見せられない」とお思いかもしれません。

しかし、業者は多くのゴミ屋敷の片付けを経験しており、珍しい状況ではないので、ためらう必要はまったくありません。

ためらわず、一刻でも早く、まずは相談だけでもよいので連絡することが、ゴミ屋敷早期解決のコツです。

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するコツ2 – 料金設定を必ず確認

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する2つめのコツは、料金設定を必ず確認するということです。

自宅がゴミ屋敷になってしまっている状況では、精神的にもよい状態ではないこともあります。

そんなときに、藁にもすがる思いで料金設定も何も確認せずに依頼した業者が悪徳業者だったということもあるようです。

相場よりも高い料金支払いを求められたり、見積もりでは格安だったのに作業後に不当な料金請求をされたりすることのないように、必ずホームページなどで料金設定を確認し、分からないことがあれば説明を求めましょう

こちらからの質問にきちんと答えられるかという点は、業者を見極めるときの重要なコツです。疑問があれば、遠慮なく尋ねましょう。

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するコツ3 – 対応をチェック

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する際のコツの3つ目は、業者の対応をチェックすることです。

ゴミ屋敷の片付け業者に問い合わせをした際の対応をみて、良い業者なのか悪い業者なのかの判断に使います。

電話やメールなどの対応が悪い業者というのは、当日の作業の仕方も悪い可能性が非常に高いです。

したがって、そのような業者には最初から依頼しない方が身のためでしょう。

ゴミ屋敷の片付けを依頼するならオコマリがオススメ

オコマリを利用する主婦

全国にゴミ屋敷清掃業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心してゴミ屋敷清掃を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの99,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されているゴミ屋敷清掃業者は、オコマリのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「ゴミ屋敷での片付けのコツ」まとめ

ゴミ屋敷での片付けのコツ

ゴミ屋敷を片付けるときのコツと、業者に依頼するときのコツをそれぞれご説明してきました。

ここで挙げたコツを参考に自分たちでできる範囲は自分たちで、残りは業者に依頼して片付ける、など無理のない形でゴミ屋敷は片付けていきましょう。

まずは片付けようという意思を持つことが大切です。

また、最終的にはゴミ屋敷を作り出してしまったストレスなどによる精神状態も解決しなければ、根本的にゴミ屋敷の原因を取り除くことはできません。

自分ひとりだけで解決しようとするのではなく、周りの人々やプロのゴミ屋敷片付け業者などの手を借りることも、少しでも早くゴミ屋敷から脱するためのコツです。

記事を読んで、ゴミ屋敷の片付けについてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

日常生活で発生するお困りごとに関する「オコマリブログ」の運営元のオコマリです。オコマリでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!