ゆーすけ

ゆーすけ|片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

断捨離を始めてみると「難しい!」と感じてしまうことが多く発生します。

断捨離を途中で投げ出していませんか?

断捨離は手順通りに進めていけばスムーズに行なえますが、それを無視してしまうと非常に手間が掛かります。

そして、多くの方が途中であきらめてしまいます。

今回は「断捨離って難しい!」と悩んでいる方に向けて、断捨離が難しいと感じてしまっている原因や、その解決方法についてお伝えしていこうと思います。

目次

断捨離が難しいと感じる4つの原因

断捨離が難しいと感じてしまう原因はいくつかあります。

もしあなたが「難しい…」と感じてしまっているのならば、これから列挙する原因のどれかに当てはまっているからかもしれません。

自分の状況と合致するのかチェックをしてみてください。

断捨離が難しいと感じる原因1 – 目標がない

断捨離が難しいと感じる原因の1つ目は、目標がないことです。

断捨離に限らず、目標を設定せずに物事を始めようとすると、途中で彷徨ってしまうことがあります。

断捨離をした後にどういう部屋や家にしたいのかの目標を設定せずに始めたために、断捨離の基準が分からず「難しい」と感じてしまうのです。

断捨離が難しいと感じる原因2 – 一気にやろうとしている

断捨離が難しいと感じる原因の2つ目は、一気にやろうとしていることです。

断捨離を始める前までは気合が入って、「よしやるぞ!」と始めるわけですが、部屋全体や家全体を一気に断捨離しようとすると「難しい」と挫折してしまうことがあります。

断捨離をする行為は思っている以上に体力を使います。

一気に断捨離をしようとすると、「断捨離って全然終わらないじゃないか。なんて難しいんだ!」と感じてしまうのです。

断捨離が難しいと感じる原因3 – 少しずつ仕分けている

断捨離が難しいと感じる原因の3つ目は、少しずつ仕分けていることです。

断捨離をしようと決めたら、その決めた場所のものを少しずつ手にとって「必要」「不要」の仕分けをしていませんか?

このように少しずつ仕分けをしていると、一度「必要」としたものの類似品が後々出てきて「不要」になったりすることがあります

そうなると後戻りすることになり、「断捨離って難しい…」と感じてしまうのです。

断捨離が難しいと感じる原因4 – 断捨離が出来ていない

断捨離が難しいと感じる原因の4つ目は、断捨離が出来ていないことです。

断捨離で「不要」と判断した品をすぐに捨てるのではなく、売ろうとしたり譲ろうとしたりして、なかなか手放せない人がいます。

こうなると断捨離が結局前に進まずに、「難しい」と感じてしまうのです。

関連記事:片付けが終わらないで困っている人の解決策について詳しく知りたい方はこちら
片付けが終わらない理由と4つの解決法

断捨離を難しいと感じなくする4つの解決方法

さて、ここまで断捨離が難しいと感じてしまう原因について解説してきました。

ここからは、断捨離を難しいと感じなくする方法をお伝えしていこうと思います。

方法1 – どのような部屋にしたいのかを明確に!

断捨離を難しいと感じなくする方法の1つ目は、どのような部屋にしたいのかを明確にすることです。

断捨離を終えた後、どのような部屋になっていたいのかをしっかりと思い描くのです。

なかなか思い描けない人は、インターネットや本を活用して、イメージを膨らませることをオススメします。

そして、「こういう部屋や家にするために、断捨離をするんだ!」という目標をしっかり立てましょう。

方法2 – 一カ所一カ所を確実に断捨離する

断捨離を難しいと感じなくする方法の2つ目は、一カ所一カ所を確実に断捨離することです。

「家全体を一気にする」と考えるのではなく、家の中のどの部屋からするのかを決めましょう。

また部屋を決めたら、その部屋のどこから断捨離するのか決めます。例えば、「部屋の押入れ中から」といった具合です。

断捨離を最初に始めるオススメの場所は、洗面所のような小さな空間か、玄関のように物の通り道です。

小さい空間の方が物の量の相対的に少ないため、断捨離を確実に終えられます。

そして一カ所が断捨離出来たら、次の箇所の断捨離を行うようにして、一カ所一カ所確実に断捨離するのです。

方法3 – 一度すべて出す

断捨離を難しいと感じなくする方法の3つ目は、一度すべてを出すことです。

方法2でお伝えしたように、場所を決めたら、そこの場所のものをすべて一度出しましょう。

すべてを一度広げることで、「断捨離が難しい」と感じる原因の箇所で述べた「後戻り」が無くなります。

すべてを知った上で、必要・不要の判断をしていくことが大事です。

方法4 – 基本は捨てる

断捨離を難しいと感じなくする方法の4つ目は、基本は捨てることです。

断捨離で出てきた「不要」なものをただ単に捨てるのは勿体無いと感じる人もいるでしょう。

「捨てるくらいなら他の人に使って欲しい…」「捨てるくらいなら少しでもお金にしたい…」などという気持ちが湧いてくるのは理解出来ます。

しかし、断捨離で重要なのは、しっかりと捨てることです

自治体のルールに則ってしっかりと処分することで、部屋の中の物量が減り、断捨離を実感出来ます。

売るのは5,000円以上で売れるものにして、それ以外のものはすべて捨てるようにしてください。

関連記事:部屋の片付けの段取りや順番について詳しく知りたい方はこちら
部屋の片付けと整理整頓のコツは順番にある!段取りが良ければやる気も継続

断捨離が難しい…と手が止まる場合は業者に依頼

ここまで説明してきたのは、すべて自分で断捨離することを前提としています。

しかし、「断捨離がどうしても苦手…」「重たいものもあるから業者に依頼したい…」といったこともあると思います。

そんな時には、業者を活用して断捨離を行うようにしましょう。

ただし、一度断捨離してもらったあとの断捨離は、自分でしっかりと継続して行うようにしましょう。

断捨離を依頼するなら生前整理業者がオススメ

断捨離を業者に依頼しようと思い立ったら、生前整理業者がオススメです。

断捨離であっても生前整理業者がオススメなのは、生前整理専門業者は依頼主の話の聞き取りを行い、見積もりを立てた上で、依頼主のこれからの生活に必要なものを使いやすく片付け、不用品を適切な方法で捨ててくれるからです。

生前整理を依頼するならオコマリ

全国に生前整理業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して生前整理を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの79,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている生前整理業者は、オコマリのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「断捨離が難しい4つの原因!4つの解決方法を片付けに悩む人に紹介」まとめ

「断捨離が難しい」と悩む人に向けた、その原因と解決方法をお伝えしてきました。

「断捨離が難しい」と感じるのには原因があり、それをしっかり突き止めないと、「断捨離が難しい」と感じなくすることは出来ません。

今回お伝えした解決方法を試して、断捨離への難しいという感覚を解消するようにしましょう。

記事を読んで、断捨離についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

片付けのことならオコマリ

片付けのことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは片付けについて、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に片付けに詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「片付け」のサービスを見る