丹州華觀音寺での第2回の人形供養祭を5月28日に開催いたしました。

前回に引き続き、関西方面からのお申し込みが増え、今回は第1回の人形供養祭2倍以上の申し込みとなりました。

おかげさまで、供養する場所が埋め尽くされる程の人形やぬいぐるみ、だるまなどが送られてきております。

関西方面は未だですが、全国的には梅雨入りをしており、非常に湿度の高い日が続いています。

押入れや収納の中に人形やぬいぐるみを入れておくと、その中の湿度が非常に高くなり、カビが発生しやすくなってしまいます。

頻繁に換気を行うか、除湿剤を使用するなどして、保管方法に工夫をするようにしてください。

もし、管理が難しいという場合には供養をしてもらう事を検討してみてはいかがでしょうか?

丹州華觀音寺における第2回人形供養祭の様子

雨模様の中での人形供養祭でしたが、今回もしっかりと供養祭を行わせていただきました。

ガラスケースに入った雛人形も見受けられますが、多くはガラスケースから出された人形やぬいぐるみ達でした。

関西方面だとガラスケースがあると、配送を断られてしまうという事を聞きますので、その影響なのかもしれません。

丹州華觀音寺は紫陽花が有名なお寺でもあるので、6月は紫陽花を見に行くついでに持ち込みしたい!という方もいらっしゃいました。

関西方面に住まわれている方、もしくは仏具の供養を希望されている方は、ぜひ丹州華觀音寺での供養を検討してみてください。

読経を行うお坊さん

しっかり読経を行い、人形供養を行います

供養される人形たち

今回は第1回の倍以上の申し込みをいただきました

鐃鈸を使うお坊さん

音によって邪念を払うと言われている鐃鈸(にょうえ)を使います

人形供養の文章を読むお坊さん

人形供養の際にはしっかりと文章を読み上げています

人形供養を依頼する際の注意点

お経を読み上げるお坊さん

人形供養を申し込みされて、発送する際に着払いでお送りする方が稀にいらっしゃいます。

送料につきましては、依頼者さまのご負担になりますので、気をつけていただければと思います。

着払いで送られた場合、受け取り拒否の対応をさせていただくことになりますので、ご注意くださいませ。

お互いが気持ちよく供養を行うために、どうぞご協力をよろしくお願い申し上げます。

日常生活で発生するお困りごとに関する「オコマリブログ」の運営元のオコマリです。オコマリでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!