ひろ

ひろ|伐採部編集長

家の庭いじりが趣味で、木の伐採や剪定を習慣的に行っています。秋・冬には落ち葉拾いをして焼き芋を作るのが楽しみ。不要な木を抜根してフルーツを育てようと奮闘中しています。草木関係の情報を定期的にお伝えしていきます。

不要になった庭木を伐採まではしたものの、抜根ができずに放置してしまうこともありますね。

自分でできるのなら、邪魔になっている切り株も抜根してみようかと思うものでしょう。自分で庭木の抜根が、どんな風に行えば上手く行きそうなのかその点も気になるものです。

この記事では、そんな悩みを抱えている方へ庭木の抜根を自分で行う流れ・時期、抜根に関する費用(自分または業者)・業者の選び方を紹介して行きます。

目次

庭木の抜根は自分で行える?

庭の手入れをする人

「自宅の庭木の抜根をしてみたい」「切り株を自分で何とか処分したいけどできるのだろうか」と思う方なら、必要な道具を用意すれば不可能ではありません。

もちろん、庭木の高さや太さによっては自分で行うにはあまりにも危険なこともあるものです。

自分で抜根が行える庭木の大きさの目安

自分で抜根が出来る庭木の大きさはあるのでしょうか?実は、おおむね下記の大きさなら、素人の方でも抜根ができます。

  • 庭木の高さ:約3m未満(伐採が済んでいない場合)
  • 庭木の幹の太さ:直径20㎝程度まで

ただし、切り株は想像以上の重さがあり運ぶ際に腰を痛めてしまうこともあるので、無理は禁物ということも頭に置いておきましょう。

庭木の抜根を自分で行う時の作業の流れ

自分で庭木の抜根を行う際には、下記の手順に従って行うようにしましょう。

まずは伐採から始める

庭木の抜根を自分で行うには、まず、ノコギリやチェーンソーで伐採から始めます。

この時、幹の高さを腰の位置ぐらいに残しておくと、切り株を左右に動かす際に扱いやすくなります

庭木の伐採の詳しいコツについては、下記の記事をチェックしてみて下さい。

関連記事:庭木の伐採について詳しく知りたい方はこちら
庭木の伐採費用はどれくらい?処分や抜根費用も解説

抜根したい庭木の周辺を掘る

切り株から少し離れた位置からスコップやシャベルで土を掘り起こしますが、庭木の周辺からまんべんなく掘るようにしてください

高圧洗浄機を持っていれば、根の周りの土を落としやすくなるので根を掘りやすくなります。

根を切っていく

むきだしになっている根をのこぎりで適宜、切っていきます。根を切ると切り株を引き抜きやすくなるからです。

左右に揺らして引き抜く

切り株の周辺を掘り進めたら、切り株を左右に揺らします。揺れる時の抵抗力を考えてみてぐらぐらと揺れ始める程度なら、引き抜きが可能なサインです。

庭木の伐採はそれほど抵抗なくできるのですが、切り株を根ごと取り除く抜根は、意外と時間も労力もかかることは知られていません。

庭木の張りや切り株の直径を見て想定していた以上の根が張っているので、お手上げ状態になってしまうこともあるでしょう。

庭木の樹高があり幹が太いものなら、根の張っている面積や深さも広範囲になってしまうので、困難です。専門の業者に依頼する方が、安心してお任せできます。

抜根した根の処分方法

庭木の抜根を終えたら、最後に根の処分をします。

せっかく作業を終えても、根の処分が出来にくいことで放置してしまうといつまでも問題の解決にならないでしょう。

自治体のゴミとして処分する

抜根した切り株は、燃えるゴミとして出すほか、粗大ゴミとして出すこともできます。

ゴミ袋に入れるにしても適切な大きさに切り分ける必要があるので、自治体のホームページであらかじめ確認しておきましょう。

業者に依頼して処分してもらう

業者に依頼すれば、希望日に回収してもらうので自分で処分するよりもはるかに手間はかかりません。

当然、費用はかかりますが負担なく適切に処分が可能になり、自治体のゴミの回収方法や日にちを気にせずできるメリットがあります。

庭木の抜根はいつ行うべき?

庭木の抜根をしたい切り株

庭木の抜根は文字通り「根から抜く」ことですが、切り株があることでどんな弊害があるのでしょうか?

合わせて、庭木の抜根を行う時期もみて行きましょう。

庭木の抜根はなぜ必要?

抜根が必要なのは、以下の4つの目的があるからです。

庭の景観を維持するため

庭に切り株が残ったままになると、予想以上に景観を損ねてしまいます。

すっきりとした庭を維持するためには、抜根まで済ませるのが庭の景観をより美しく維持できます。

害虫被害の対策のため

切り株の根元は、ハチやシロアリなどの虫は雨で湿った木くずや水分があるので格好の住処になります。

害虫が繁殖すると庭だけではなく家にまで侵入してしまう恐れもあり、抜根は家を守るために大切なことなのです。

ケガや転倒の防止のため

庭木の切り株が残っていると、うっかり足を引っかけてしまい転倒したりケガをしたりすることがあります。

お子さんや高齢者のいる家庭なら早めの抜根をして、安全な庭にしておきましょう。

庭のリフォームのため

庭の大規模なリフォームを計画しているなら、抜根が必要です。

切り株の根は、思った以上に深く広く根を伸ばしており、芝生を植えたり小屋を建てたりするなどの際に支障が出てしまうためです。

庭木の抜根に適した時期

抜根を効果的に行うには、適した時期を知っておくのが大事なポイントです。

基本的には、庭木の伐採と同じく初冬から春前が作業しやすい条件がそろっているので、抜根の適期となります。

伐採から日数が経過すると、せっかく切った庭木が生長してしまう可能性もあります。

ですから、抜根は伐採が終わった後が最適なタイミングです。

冬場は、落葉し水分も少なく生長はゆるやかになっているため、抜根を効果的に進められるのでおすすめです。

庭木の伐採の際に、後々のことも視野に入れて庭木の抜根も同時に行うことも検討してみるのも良いでしょう。

ただし、シロアリの被害が見られた場合、リフォームがすぐに必要な場合などの場合には作業を急ぐ必要があり季節を選ばず即座に行わざるを得ません。

庭木の抜根の費用はどれくらい?

庭木の抜根費用

庭木の抜根を自分でも行うことができるのなら、挑戦してみたいと思う方もいるでしょう。

その際に、庭木の抜根を自分で行う時と業者に依頼する時、それぞれ費用はどれくらいかかるのかも把握しておくと状況により少しでも費用の節約に役立てることもできそうです。

庭木の抜根を自分で行う時の道具と費用

お話ししたように庭木の抜根は、自力でも条件が整っていればできなくはありません。

その際に、準備しておいてほしいのが以下の道具です。

必要性 揃えたい道具 目的 費用
軍手 安全に作業を行うため 数百円
のこぎり 手作業で幹や根を切り取るため 2000円程度~
シャベル・スコップ 根を掘る・切るため 1000円程度~・数百円~
除草剤 枯らすため 数百円~
高圧洗浄機 根の周りの土を落とすため 10,000円程度~
ゴミ袋 幹や根を捨てるため 数百円程度

※〇は必ず揃えて欲しいもの、△はあれば作業が進めやすくなるもの

上記の道具が手元にある家庭なら庭木の抜根に関する費用は0円でできますが、買い求めるのなら最低でも3,000円以上はかかるでしょう。

庭木の抜根を業者に依頼する場合の相場

一方、業者に依頼したら、庭木の抜根はどれくらいの費用がかかるのかも知っておきましょう。

それほど高くなければ、庭木の抜根を業者に依頼した方が手間も労力もかからないので安心だと考える方もいるでしょう。

直径5〜15㎝の庭木 3,000円~5,000円
直径15~30㎝の庭木 4,000円~7,000円
直径30㎝以上の庭木 7,000円~25,000円

抜根の相場は、幹の大きさを測るとだいたいイメージができます。

ただし、周辺の状況や範囲、庭木の本数によって費用は変動しますので、正確な費用を知りたいなら見積もりの依頼をしましょう。

庭木の抜根の費用が高くなるケース

庭木の抜根を人力で対応できる場合には、基本料金だけで済むことが多いのですが、重機を使わないとできない状況だとそれだけ費用は高くついてしまうことが多くなります

ちなみに、重機代には機械代と現地までの運搬費が含まれます。

また、地下のパイプや住宅の基礎部分に根が触れている時にも、庭木の抜根の作業の難易度が上がるために料金が上乗せされることもあり得ます。

今回は庭木の抜根費用のみの紹介となっており、木の伐採が必要な場合には別途費用がかかります。

下記の記事では木の伐採について詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事:木の伐採について詳しく知りたい方はこちら
木の伐採費用ってどうやって決まる?優良業者の選び方も紹介

庭木の抜根業者の選び方とは?

庭木の抜根業者の選び方を伝える女性

庭木の抜根を業者に頼む際には、様々な業者がいるのでどこに頼んで良いのか分かりにくいと感じる方も多いでしょう。

少しでも良質な庭木の抜根業者を探すには、以下の点をチェックしてみてください。

見積もり後の追加料金なし

庭木の抜根を請け負う業者の中には、残念ながら後から追加費用を請求するところもあります。

トラブルを避けるためにも、あらかじめ追加料金の発生がない業者を見つけましょう

「見積もり後に追加料金が発生するケースありますか?」というような質問をしたり、庭木の抜根のお見積り書に追加料金の条件を記載してもらったりする事で、突然の追加料金の可能性を出来る限り少なくしましょう。

庭木の抜根作業について親身に相談に乗ってくれる

庭木の抜根業者によっては、最低受注金額があったり、最低抜根本数などがあったりする事があります。

これは出張費などを考慮した際の採算が取れるラインを考えると仕方ない事ではありますが、依頼者にとっては困ってしまう事もあるでしょう。

お問い合わせをした際に、どのように庭木の抜根をして欲しいのか?をしっかりと相談して、ベストな解決策を提案してくれる庭木の抜根業者に依頼しましょう

どんな時でも、依頼者のニーズにきめ細かく応じてくれる業者なら安心して依頼できます。

現地の見積もりや調査が無料

庭木の抜根を依頼する時に、現地での見積もりや調査を無料で請け負ってくれるかどうかも、あらかじめ調べておきましょう

信頼のある良質な庭木の抜根に対応した業者であれば、適切な見積もりを提示してくれるので、見積もりや調査の費用を請求することはありません。

「庭木の抜根は自分で出来る?費用感も解説します」まとめ

庭木の抜根で使用する重機

庭木の抜根は、根が大きくなく数本程度なら自分で行うことも可能です。

手順に従って道具をそろえた上で適切な時期に行うことをおすすめします。

道具をそろえる費用の負担よりも業者に依頼した方が安いし、楽に庭木の抜根ができると考えている方もいるでしょう。

また、忙しくて時間がなかったり手間なく安全に済ませたいと思ったり事情があるなら、庭木の抜根は業者の検討をしてみることを始めてみましょう。

庭木の抜根を業者に任せたいなら、満足いく仕事をしてもらうためにも業者選びのポイントを踏まえてチェックをしておくのが賢明です。

記事を読んで、伐採や剪定についてもっと知りたい方は下記の記事もチェックしてみてください。

伐採・抜根のことならオコマリ

伐採・抜根のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは伐採・抜根について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に伐採・抜根に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「伐採・抜根」のサービスを見る