ひろ

ひろ|伐採部編集長

家の庭いじりが趣味で、木の伐採や剪定を習慣的に行っています。秋・冬には落ち葉拾いをして焼き芋を作るのが楽しみ。不要な木を抜根してフルーツを育てようと奮闘中しています。草木関係の情報を定期的にお伝えしていきます。

草刈りの値段は、面積(1坪あたり)あたりの値段設定の場合には1,000円/坪程度、時間あたりの値段設定の場合には2,000円/時間程度です。

草刈りは、庭がある家なら必ずしなければならない作業です。雑草が伸び放題になっていると、害虫が発生したりアレルギーの原因になったりしますし、近隣の迷惑になることもあります。

また、防犯上も空き巣などに狙われやすくなりますので、草刈りはやっておかなればなりません。

今回はそんな方のために、業者に草刈りを依頼した場合の値段について、草刈りの値段の相場や草刈り業者の選び方をご紹介していきます。

オコマリは、草刈りを始め庭の手入れ、木の伐採抜根剪定、遺品整理、ゴミ屋敷清掃といった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。草刈りに関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの草刈りのサービスの詳細ついては、「庭の手入れ|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

目次

草刈りの値段の決まり方

草刈りを値段を払って行ってもらう

草刈りの値段の決まり方は、面積・作業時間の2つの決め方があります。

草刈り業者によって、どの値段の決め方をしているのか違いますが、面積で草刈りの値段を決めている業者が多いのが現状です。

とはいっても今回はこの2つの値段の決まり方をご紹介したいと思います。

面積による草刈りの値段の決まり方

面積で草刈りの値段を設定している場合には、まず草刈りが必要な庭などの場所の広さを把握することから始めましょう。

面積によって草刈りの値段を決める場合には、1㎡あたりまたは、「〇〇平方メートルまで〇〇〇円」という設定をしています。

面積の単位は「坪」単位と「平方メートル」単位の2通りの設定方法がありますので、草刈りをしたい自分の庭の広さを把握しておきましょう。

また、面積にプラスして草の伸び具合に応じて草刈りの値段が加算される場合もあります。

作業時間による草刈りの値段の決まり方

草刈りの値段を作業時間で決める場合は、「作業員1人あたり1時間〇〇円」という設定になります

草刈りの庭の面積が数坪程度であれば、面積での値段よりもこちらの方が安くなります。

作業時間での草刈りの値段の設定は、シルバー人材センターなどで採用されていることが多い計算方法です。

草刈りで追加の料金が発生する場合

上記の2つは基本的な草刈りの値段の決まり方でしたが、それに加えて追加料金が発生するケースがあります。

草刈りの基本的な値段以外に追加料金が必要になるのは下記のケースです。

  1. 機械刈りのだったが手作業が必要になった場合の値段
  2. 草刈り後の雑草の処分代金
  3. 除草剤の散布代金
  4. 雑草の生育を抑える砂利や防草シートの設置代金

1の草刈り機以外に手での除草というのは、大きな木や塀のそばなど草刈り機での作業が危険な場所で発生します。

追加値段で一番大きいのは、2の雑草の処分代金です。草刈りの値段に含まれていない場合には数千円の追加料金が必要になります。

草刈りの値段相場ってどれくらい?

草刈りの値段相場

さて、ここまで草刈りの値段の決まり方を見てきましたが、実際の値段の相場を見ていくようにしましょう。

草刈りの値段はには大きな幅がありますが、草刈りの作業を、手作業(草抜きやカマ、ハサミなどを使っての作業)か、草刈り機で一気に刈り取るかによっての手間の違いによるもので、手作業の方が値段は高くなります

面積によって値段を決める場合

1坪(3.3㎡)あたり 1,000円程度
15坪(約50㎡) 15,000円程度
50坪(約165㎡) 50,000円程度

草の高さと面積によって値段を決める場合

雑草の高さが50㎝以下 1㎡あたり150円程度
雑草の高さが100㎝まで 1㎡あたり160円程度
雑草の高さが150㎝まで 1㎡あたり170円程度

作業時間によって値段を決める場合

1時間あたり 作業員1名につき2,000円程度
1時間以上追加料金 1時間ごとに1,500~2,500円程度

草刈り後の雑草の処分費用の値段

草刈りした後の雑草をどう処分するのかも、重要なポイントです。

業者による雑草の処分は、各市町村のごみ処理場や環境処理センターなどへの搬入による処分となります。

ゴミ袋で計算する場合 45ℓの袋1つ500円程度
軽トラックで計算する場合 1台分10,000円~30,000円程度
草刈りした面積で計算する場合 1㎡あたり3,500円~10,000円程度

処分費用の値段が意外とかかるものなので、自分でゴミの日に捨てれば安く済む、と考える方もいるかと思いますが、この捨てる作業は大変です。

手作業で袋詰めしていくことになりますので、草刈りを業者に依頼するほどの雑草の量であれば、かなりの体力が必要です。

また、一度に捨てるゴミ袋の量が決まっている自治体も多いので、草刈りをした後の雑草を処分してしまうまで相当日数がかかることも想像に難くありません。

処分の値段を抑えたい気持ちは分かりますが、なるべく草刈りと同時にゴミの処分も業者にお願いすることをおすすめします。

草刈り後のその他の作業

草刈りをした後に除草剤の散布をする場合や防草シート・砂利を敷いて雑草の発生を抑えるなどの作業をする場合には、新たな料金が発生します。

下記はその値段相場になります。

草刈り後の除草剤散布料金 1㎡あたり500円程度~
砂利(白玉砂利の場合)敷き料金 砂利代20㎏あたり3,000円~4,000円程度/工事代金1㎡あたり1,500円~3,000円程度
防草シート施工料金 5㎡あたり4,000円程度~

以上見てきたように、草刈りの値段はどこまでの草刈りを依頼するか?によって随分と変わってきます。

自分のお財布事情も鑑みて、草刈りを依頼する範囲を決めるとよいでしょう。

草刈りの値段を抑えるために自分でやれることは?

値段を抑えるために自分で草刈りを行う人

なるべくなら、お金をかけずに手入れしたいものですよね。草刈りの値段を抑えるためには、やはり日々の努力が必要です。

ここでは、草刈りの値段を抑えるための3つの施策をご紹介します。

草刈りの値段を抑える施策1 – 草抜きをする

草刈りの値段を抑える施策の1つ目は草抜きをする事です。

週に1回とか2週間に1回15分くらい、などと時間を決めて草抜きをしましょう。

あまり広さがない庭であれば、そのペースを守って草抜きをしていれば、草刈りというほど大きく雑草が育つことはないはずです。

しかし、体力と時間、根気がある方は問題なく草抜き自体はできるのですが、50㎡以上(約15坪)の広さがある場合には大変な作業になってしまい、1回15分くらいでは雑草の生育に追いつかないかもしれません。

草刈りの値段を抑える施策2 – 除草剤をまく

草刈りの値段を抑える施策の2つ目は、除草剤をまく事です。

除草剤は、薄めるタイプのものを使用すればコストを低く抑えることが可能で、一本で広範囲に撒けます。

ただ、庭の構造上、地植えにした花や球根、樹木などが多いある場合には、うっかり除草剤がかかると枯れてしまいますので、細心の注意が必要で、かなり手間がかかるのは間違いありません。

草刈りの値段を抑える施策3 – 機械で刈る

草刈りの値段を抑える施策の3つ目は、機械で刈る事です。

手作業で草抜きをするには伸びすぎてしまった、という場合は草刈り機を購入して自分で刈るという方法もあります。

庭の広さと草刈り機が使いこなせるかをよく考えてから購入しないと、買ったは良いけれど使わなくなったと後悔することになってしまいます。草刈り機を使用する際にはケガにも注意が必要です。

草刈りの値段だけで業者を選ぶのは危険?

草刈りの見積もり

草刈りの値段を見て、できるだけ値段を抑えたい!と思うのは自然なことです。

しかし草刈りの値段は、依頼する側の望む作業内容にかなり違いがあるので、値段が安いというだけで選ぶのは危険といえます。

なるべく細かい値段設定をしている業者を選ぶことをおすすめします。

ここでは草抜きの値段設定のチェックポイントを3つご紹介していきます。

値段設定のポイント1 – 値段に何が含まれているか

草抜きの値段設定をチェックするポイントの一つは、草刈り作業以外の値段設定があるかどうかということです。

「1㎡あたり〇〇円」ということだけしか提示されず、ゴミ処分代金について記載がない場合には、当日になって当然のようにゴミの追加料金が請求される、ということもありますから、確認が必要です。

また、多くの業者は草刈りの値段の中に車両の使用料、機材の使用料などを含んでいますが、別に請求するある場合もあるので、この点も他の業者と比較する際のチェックポイントです。

なお、除草剤の散布がサービスでついていることもあるのでそういう業者を選べば、追加料金が節約できますね。

値段設定のポイント2 – 別途追加料金の内訳

草抜きの値段の見積書の欄外などに、「別途追加料金がかかります」という記載がある場合には、駐車料金・高速道路通行料・出張費などが当日追加で請求されることがあります。

事前の見積もりの際に、追加料金の詳しい内訳について尋ねると、業者によって違いが見つかりますので、確認するのがおすすめです。

値段設定のポイント3 – 庭のスミなどの草刈りはどう設定しているか

草抜きの値段を1㎡や坪単価で設定している場合、塀や花壇のそば、樹木の根の周辺などはどうやって草抜きするのかは確認しておきましょう。

草払い機のみでの草刈りを依頼した場合、コンクリート塀や花壇などのすぐそばは草刈りできませんから、取り残しになってしまうことがあります。

そういう場合には、手作業での草むしりが必要になりますが、追加料金が発生するかしないかは業者次第です。

草刈り機と手作業の割合で値段がどれくらい変更になるかはチェックポイントです。

「草刈りの値段ってどれくらい?相場や業者の選び方をご紹介」まとめ

草刈りの値段について検討する家族

草刈りの値段について、値段を決まり方から値段の相場まで様々見てきました。

草刈りを依頼する場合には、業者にどこまでやって貰うかをイメージしてから依頼するようにしましょう。

草刈りをする場所の広さや生えている雑草の繁り具合などにより、草刈りの値段は変動します。

希望しない作業までオプションでついていて高くなってしまった…と後悔がないように、しっかりと草刈りの値段を確認してくださいね。

記事を読んで、草刈りや除草についてもっと知りたい方は下記の記事もチェックしてみてください。

庭の手入れのことならオコマリ

庭の手入れのことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは庭の手入れについて、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に庭の手入れに詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「庭の手入れ」のサービスを見る