ゆーすけ

ゆーすけ|片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

部屋を片付けることが出来ずに、自宅を汚部屋やゴミ屋敷にしてしまっている事に悩んでいませんか?

テレビなどのメディアで取り上げられているゴミ屋敷の住人は、たいていの場合が男性。

そのため、女性はあまりゴミ屋敷を作るイメージが無いような幻想が作れています。

しかし、意外にもゴミ屋敷の住人は女性が多いのです。

他人からの目もあるため、なかなか女性では相談が出来ません。

また、業者に依頼するにしても、男性のスタッフに部屋に入られるのは気が引けます。

この記事ではそんな女性のために、プライバシーを守りながら女性が汚部屋やゴミ屋敷をキレイにする方法を解説します。

この記事を読めば、部屋をキレイにして新たな生活を歩みだせるようになります。

目次

女性が誰にもバレずにゴミ屋敷を片付ける方法は2つある

女性が誰にもバレることなくゴミ屋敷を片付ける方法は2つあります。

当然の事ですが、1つ目は自分で片付ける方法です。

自分で片付けることが出来れば、他人に自分の部屋がゴミ屋敷化していることをバレることなく済ませることが出来ます。

しかし、この記事を読む多くの人は、「自分では片付けが出来ないから今の状態があるんだ」という方もいることでしょう。

そんな人は女性スタッフが相談に乗ってくれて、作業も女性が行ってくれる不用品業者に依頼するという2つ目の方法もあります。

自分で片付けが出来ないという人は、「女性スタッフのいる不用品回収業者に依頼する」まで進んでください。

ゴミ屋敷化が他人にバレる前に自分で片付ける

ゴミ屋敷化をバレないようにするには、自分で片付けるという方法があります。

部屋を片付けることが出来ない人の多くは、すべてを一回で終わらせようとしてしまいます。

部屋を片付けるときには、段取り良く順番を守って少しずつ行う事がコツです。

他人の協力を得ることなく、個人で全てを完結させれば他人にバレることもなければプライバシーを侵害することもありません。

もしも、自分の部屋が汚部屋やゴミ屋敷になっていることをバレたくないのであれば、地道に部屋の片付けをしていきましょう。

関連記事:部屋の片付け方について詳しく知りたい方はこちら
自宅の片付けをスムーズに行う方法

女性スタッフのいる不用品回収業者に依頼する

女性スタッフのいる不用品回収業者に依頼すれば、誰にもバレずに屋敷を片付けられます。

粗大ごみなども多く、ゴミ屋敷化してしまった部屋を女性一人の手で片付けるのは非常に難しいです。

そのため、不用品回収業者や清掃業者に依頼することで、部屋をキレイにすることが出来ます。

ゴミ屋敷化したとしても、プロの業者であれば短時間で部屋をキレイにしてくれます。

そのため、近所の人にバレる可能性が少なくなります。

また、作業をするスタッフも女性限定にしてもらえば、あなたの部屋の中に入られてもプライバシーを守れます。

少なくても、男性作業員にプライベートを見られることを避けられます。

不用品回収業者や清掃業者は、無料相談などを利用して女性限定にしてもらうようにしましょう。

女性スタッフのいる不用品回収業者に依頼すれば、他人にバレずにプライバシーを守りながら部屋をキレイに出来ます。

関連記事:部屋をキレイに保つコツについて詳しく知りたい方はこちら
部屋を片付けるコツ!二度と散らかることのないたった1つの方法

メディアのイメージで隠されているがゴミ屋敷の住人の7割が女性

意外に思われるかもしれませんが、ゴミ屋敷を作る男女比は3割が男性7割が女性になっています。

メディアによる影響で、多くの人はゴミ屋敷を作るのは男性が多いとイメージしています。

個人のプライバシーを保護するためにゴミ屋敷を作った女性はあまり取材されていません。

女性の多くはきれい好きであり、掃除や片付けをしているのが当たり前だという社会的なイメージ根強くあります。

こういった要素が重なって、「女性がゴミ屋敷を作ることは無いだろう」、というイメージが出来上がるのです。

しかし、清掃業者への依頼数を統計すると、ゴミ屋敷を作っているのは女性が7割という結果が出るのです。

意外だと思った方は既に、メディアのイメージが染み込んでいるのかもしれません。

女性がゴミ屋敷を作ってしまう原因

女性がゴミ屋敷を作ってしまう原因には、その心理的な側面と女性という社会的な側面が複雑に絡み合って存在します。

そのため、原因を追究してシンプルに認識するようになれば、問題を直視して対策を取ることが可能になります。

まずは、自分自身が持っているゴミ屋敷化の原因を認識しましょう。

ここからは、女性がゴミ屋敷化させてしまう主な原因を紹介していきます。

関連記事:部屋の片付けが出来ない人の3つの克服法について詳しく知りたい方はこちら
部屋の片付けができない!の3つの克服法

原因1.他人にバレたくない

自分の部屋が汚部屋やゴミ屋敷化しているにもかかわらず、他人にバレたくないためにそのまま放置してしまう場合があります。

ゴミ屋敷と呼ばれる状態になるまでには、ある程度の長期的な期間を要します。

しかしながら、分っていてもなかなか片付ける行動には移れないものです。

自分で片付けが出来なくなるまでゴミが溜まってしまっても、女性は清潔であるという社会的通念から誰にも相談出来ません。

誰にも相談出来ない状態でいると、事態は更に悪化してしまいます。

他人にバレたくないという心理と、片付けをすることが出来ない性格が悪循環を作りだし、ゴミ屋敷を作ってしまうのです。

原因2.プライバシーを守りたい

プライバシーを守りたい、という心理も汚部屋化やゴミ屋敷化の原因です。

女性には女性ならではの他人に見られたくないプライバシーの領域が存在します。

余程のことが無い限りはこのプライバシーの領域は守りたいものです。

そのため、誰かの協力を得るにしても、プライバシーの壁があって協力を依頼できないこともあります。

特に、業者に依頼するにしても、作業員が男性だと思うと非常に依頼し難くなります。

この心理状態で悩んでいる間にも、部屋の中は徐々に汚部屋化やゴミ屋敷化していくのです。

そして、気づいたときには自分一人では片付けられないほどのゴミが溜まってしまうのです。

プライバシーを守りたいという心理もゴミ屋敷化の原因となるのです。

原因3.粗大ゴミを片付けられない

女性は一人で粗大ごみを片付けることが出来ないのもゴミ屋敷化の原因です。

女性は一般的に男性よりも体力がありません。

そのため、大きな家具や重い電化製品を一人で運んで捨てに行くことが出来ません。

家具や家電などは重いだけではなく、非常に粗大なゴミになります。

そのため、数種類でも置いてあれば部屋の多くのスペースを取ってしまいます。

ゴミが溜まってきてしまう原因の一つには、粗大ゴミを捨てることが出来ない女性の体力的な側面があるのです。

原因4.仕事で掃除をする時間がない

仕事が忙しくて部屋の掃除や片付けをする時間がないのも汚部屋やゴミ屋敷を作ってしまう原因となります。

最近では、働きながら一人暮らしをしている女性はかなりの人数がいます。

まじめに働く人の多くは、仕事時間以外にも仕事上の付き合いなどで自分の時間が少ない人もいます。

そのため、家はただ寝るだけで、なかなか部屋の掃除や片付けをする時間がありません。

このような生活を長期間続けていくことで、ゴミも溜まってしまいます。

日々の仕事やプライベートが忙しい一人暮らしの女性は、汚部屋やゴミ屋敷を作ってしまう事が多いのです。

原因5.ストレスによる買い物の増加

ストレスを解消するために買い物をしてしまう人も注意が必要です。

女性の中には仕事やプライベートのストレスを買い物で解消をしようとする人も多くいます。

当然の事ですが、買い物をすれば部屋に置かなければならないモノは増加していきます。

新しいモノを買った時に、古いモノを断捨離してしまえばモノが増えていくことはありません。

しかし、多くの方は古くなったモノを捨てることなく大事にしまっておくのです。

「いつか使うかも」、「モッタイナイ」という心理です。

ストレス解消に買い物癖がある女性の方はゴミを溜めていってしまいます。

ゴミ屋敷を片付けることは心理学的にも効果がある

汚部屋やゴミ屋敷を片付け掃除し、きれいにすることは心理的にも非常に良い影響を与えます。

ゴミの溜まってしまっている部屋に住んでいると、毎日が気の晴れない気分になっています。

朝起きると片付いていない環境であり、仕事で疲れて帰ってくると汚い部屋である現実を知るからです。

常にそういった環境に住んでいる人は、知らず知らずのうちに仕事やプライベートも上手くいかなくなります。

自分自身の心理が前向きではないからです。

前向きではない心理の人の周りには、前向きな人々が集まることはありません。

しかし、これまでの汚部屋やゴミ屋敷を片付けることによって、キレイな部屋に住めば心理的にも快活になります。

そして、前向きな気持ちになれば仕事もプライベートも上手くいくようになります。

風水的にも良い影響があるという話がありますが、快活な気分が良い運気を呼び込むのでしょう。

関連記事:片付けによる人生の好転について詳しく知りたい方はこちら
片付けで恋愛の運気が上がる理由

「ゴミ屋敷の住人は女性が7割!誰にもバレずに片付ける方法」まとめ

汚部屋やゴミ屋敷を作ってしまうのは、7割が女性です。

意外に思われる方もいるかもしれませんが、これは統計的な事実です。

部屋を片付けられない女性の多くは「他人にバレたくない」、「プライバシーを守りたい」などが理由で状態を悪化させていってしまいます。

自分自身で部屋を片付ければ、他人にバレることなくゴミ屋敷を片付けられます。

しかしながら、状況が悪化してしまうと一人で片付けることは出来ません。

女性でも汚部屋やゴミ屋敷を片付けるときに、業者に依頼すれば迅速な作業を行ってくれるため近隣の人々にバレることはありません。

また、女性の部屋に入る作業スタッフが女性だけであれば、プライバシーは守られます。

部屋が汚いと心理的にも落ち込んでしまいます。

しかし、部屋がキレイに片付いていれば快活でさわやかな気分になり物事も上手くいきます。

この記事を読んで行動に移ろうと考えた人は、まずは無料で相談をしてみましょう。

ゴミ屋敷清掃のことならオコマリ

ゴミ屋敷清掃のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリではゴミ屋敷清掃について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問にゴミ屋敷清掃に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「ゴミ屋敷清掃」のサービスを見る