かほ

かほ|害虫・害獣駆除部編集長

生まれが田舎で、様々な昆虫や動物と一緒に暮らすことが日常でした。しかし、ある日住んでいる家がハクビシンによる害獣被害に。その後、動物に関して研究することになりました。昆虫や動物は人間と友達にもなりますし、有害にもなります。正しく昆虫や動物と付き合うためにも、害虫・害獣の被害や対処方法に関する役立つ記事を作っていきたいと思います。

害虫駆除の料金相場は、害虫の種類や状況によっても異なります。

例えば、ゴキブリは10,000円からとなっています。

自分で行う事で、業者へ依頼するよりも安価な値段で害虫駆除をすることも可能です。

しかしながら、個人で行うには限界もあります。

害虫駆除を業者に依頼して行ってもらうメリットとデメリットを紹介します。

また、優良な害虫駆除業者を選ぶコツも解説します。害虫駆除をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

オコマリは、害虫駆除を始め害獣駆除や木の伐採・剪定、遺品整理、ゴミ屋敷片付けといった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。害虫駆除に関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの害虫駆除のサービスの詳細については、「害虫駆除|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

目次

害虫駆除の料金相場

害虫駆除の料金相場は害虫の種類によって異なります。

例えば、ゴキブリなどは10,000円から作業をしてもらえます。

ここでは、まず害虫別に料金相場を確認しておきましょう。

一般家庭の害虫駆除の料金相場
害虫の種類駆除にかかる料金費用相場
ゴキブリ10,000円~35,000円
シロアリ3,000円~15,000円
ダニ20,000円~50,000円
ムカデ・ヤスデ15,000円~50,000円
関連記事:害虫駆除の料金相場について詳しく知りたい方はこちら
害虫駆除はどの業者に依頼すればよいの?料金相場の調べ方を解説

害虫駆除は自分で出来る?

害虫駆除は自分で行う事も可能です。

特に、人間に対して危険の及ばない種類は害虫駆除剤などを利用すれば、ある程度の駆除が可能になります。

例えば、暖かい季節になると家の中でも頻繁に見かけるゴキブリは、専用の駆除剤を利用すれば殺すことが可能です。

ただし、害虫に関してはゴキブリなどの様に人間に直接的な危険が及ばない昆虫は可能ですが、スズメバチなどのように人間に対しても攻撃的で危険な種類には注意が必要です。

ここからは、自分で出来る範囲の害虫駆除の方法を解説していきます。

害虫駆除は駆除剤を利用する

自分で害虫駆除をする際には、害虫駆除剤を用いるのが一般的です。

害虫は直接つぶすことも可能ですが、死骸の処理や消毒も行わなければいけません。

例えばゴキブリなどは、潰した後に細菌やばい菌などが周囲に飛び散ります。

そのため、周辺を消毒しなけれ場衛生面に悪影響となってしまいます。

また、ゴキブリなどの様に1匹でも見つけると、見えない部分には数十匹と生息しているような害虫もいます。

害虫駆除剤には直接吹きかけるタイプのもの意外に、設置しておくタイプや霧やスモークを噴霧するタイプあります。

害虫にとって有害な薬を含んでいるタイプを設置したり、部屋中に噴霧したりすれば、目に見えていない部分にいる害虫も駆除することが可能になります。

また、害虫の侵入や繁殖を防ぐ対策にもなります。

自分でするには限界もある

害虫の駆除は、駆除剤などを利用して自分で行う方法もあります。

しかしながら、全ての害虫を完全に駆除するには素人では限界があります。

害虫は生命力も強く、繁殖力も高いため一時的に駆除が出来たとしても全てを駆除することは出来ません。

少しでも残っていれば、すぐに個体数を増やしてしまいます。

また、人間にとって危険な昆虫には下手に素人が手出しをすることは出来ません。

スズメバチの様に、人間の生活環境にも大きな巣を作ってしまう害虫もいます。

スズメバチは迷惑であったとしても、下手に手出しをすると人間の生命も危険にさらされます。

実際に、毎年スズメバチの被害によって命を落とす方は多くいます。

全てを駆除しきれないことと、危険があるという2つの理由で自分で害虫駆除をするのは限界があるのです。

関連記事:害虫駆除の予防について詳しく知りたい方はこちら
【DIY】自分で出来る害虫駆除の方法を解説!プロが実践している予防法

害虫を予防するために出来る事

害虫の駆除が難しいのであれば、あらかじめ予防をしておくことが大事です。

害虫を自身の生活空間に近づけないためにはどうすればよいのでしょうか。

最適な害虫駆除は予防になります。

人間の生活空間に害虫を近づけないようにするためには、害虫の種類ごとに適した予防をする必要があります。

害虫と呼ばれる昆虫には多くの種類がありますが、どの種類に対しても有効で基本となる予防策は2つです。

  • こまめに掃除や片づけをしておく
  • 害虫駆除に適した季節に駆除剤を仕掛ける

という2点です。

ここからは、基本となる害虫の予防方法を解説していきましょう。

こまめに掃除や片づけをしておく

こまめに部屋の掃除や片づけをしておくことは害虫予防の基本となります。

ゴキブリ等の害虫は、人間の食べ残しやゴミを餌にします。

また、隙間を好む性格をもっているため、冷蔵庫の隙間や水回りのジメジメして暖かい場所に隠れて繁殖します。

こういった、害虫を予防するためには、害虫にとって住みやすい環境を作らない事が大切になります。

部屋の隅々まできちんと掃除をしておけば、害虫の餌となるゴミが無くなります。

また、部屋の片付けを定期的に行っておけば、隙間に入り込んだ害虫の巣や卵も同時になくす事も可能になるのです。

こまめに部屋を掃除することは、人間の生活環境を良好にするだけではなく、害虫の住みやすい環境をなくすことでもあるのです。

害虫駆除に適した季節に駆除剤を仕掛ける

害虫駆除には適した季節があります。害虫の対象によって、適した季節を選び害虫駆除剤を仕掛けておくことも有効な予防になります。

害虫は種類によって繁殖する季節や、活発に動き回る季節が異なります。

害虫の予防をするためには、活発になる前の時期に駆除をしてしまう事が大事です。

害虫にとって毒となる薬を配合している駆除剤を設置しておき、活発にある前に駆除が出来れば予防になります。

住んでいる場所によって、害虫となる種類は異なります。

個人で避けたい害虫の種類を決めて、害虫駆除剤を適切な季節に設置するようにしましょう。

関連記事:害虫駆除剤について詳しく知りたい方はこちら
【まとめ】害虫駆除・予防におすすめの家庭用殺虫剤9選!薬局で購入可

気を付けるべき害虫の種類

害虫にも種類があり、それぞれに害となる状況は異なります。

中には、人間に対して危険になる害虫も存在します。

また、衛生面を悪くして、人間の健康に被害を及ぼすような害虫もいます。

ここからは、人間が生活をしていく上で、気を付けるべき主な害虫を紹介して行きます。

その上で、害虫の種類による被害も解説します。

ここで紹介できない害虫も存在しますので、個人の自身が生活している地域の害虫は個別に調べる必要があります。

ゴキブリ

ゴキブリは害虫の中でも、最も一般的な昆虫です。

その生命力や繁殖力、行動範囲は広く日本国内のあらゆる地域での被害報告が聞かれます。

ゴキブリ自体は人間に対して直接悪影響を及ぼすことはありません。

しかしながら、その姿を見ると不快になります。

また、ゴキブリは汚い場所を好むことや腐ったモノを食べる習性を持っており、その身体には多くのばい菌や病原菌が付着しています。

その身体で部屋中を動き回られると、ばい菌や病原菌がまき散らされてしまい不衛生な部屋になってしまうのです。

スズメバチやアシナガバチ

スズメバチやアシナガバチも人間にとって害虫となります。

普段は人間の立ち寄らないような雑木林などに巣を作ります。

しかしながら、スズメバチやアシナガバチにとって環境が良ければ、民家の近くにも巣を作ってしまいます。

スズメバチやアシナガバチが巣を作っている期間は外敵に対して非常に攻撃的になります。

巣に近づく生き物は人間であっても関係なく外敵として扱われます。

スズメバチやアシナガバチは人間に対しても、非常に強い毒性を持っています。

そのため、毎年のようにスズメバチやアシナガバチによる死者は多数出ています。

ダニやシラミ、ノミ

ダニやシラミ、ノミも毎年のように被害を受ける方がいる害虫です。

ダニやシラミなどは、部屋の中のソファや布団などに潜んでいて人間やペットの血を吸って養分にしています。

身体も小さく駆除をするのは難しいです。

繁殖力が強く、数匹のダニやシラミでも数日後には数万にもなると言われています。

血を吸われた後は、我慢できないほどの痒みに襲われます。

ダニやシラミ、ノミは種類によって危険な場合もあります。

多くの種類は、痒みや噛まれた痕が出来るくらいで済みます。

しかしながら、非常に痛みを伴う場合やばい菌を媒介している種類によっては人間も重症になってしまう事もあります。

特に、子供たちは重症化することが多くあるようです。

シロアリ

シロアリは人間の住居を破壊してしまう害虫です。

シロアリは人間の住居などで繁殖し、木材で出来ている柱などを餌にして生活する習性があります。

シロアリの食欲は旺盛であり、牙も鋭いです。

しかも、シロアリは集団で行動をするため、一度住みつかれた住居はすぐに柱がボロボロになってしまいます。

シロアリによって、柱を食い荒らされると家の耐久力が著しく下がってしまいます。

床が抜けてしまったり、最悪の場合は家が傾いてしまう事すらあります。

毛虫類

毛虫類は人間が生活している家の庭や近くの植木などに生息している害虫です。

毛虫の中には毛の部分が毒針の役割をしている種類もあり、触れてしまうと痒みや痛みを伴う湿疹が出来てしまいます。

庭やベランダなどで栽培している植物に付着しており、見つけ難いのも駆除が難しい理由です。

毛虫の中には、毒性が強い種類もあり子供やペットなどによっては重症になってしまう事もあります。

その他

害虫には、これまでに紹介したものだけではなく、ムカデや蚊など数多くあります。

蚊は時々デング熱などのような重病に至るウイルスや病原菌を媒介することがあります。

また、ムカデは下手に近づいてしまうと噛まれてしまい非常に痛みを感じます。

他にも、クローゼットに置いてある衣類を食べてしまう害虫もいますし、保存しているコメを餌にする害虫もいます。

人間の生活にとって、なんらかの悪影響を与える虫は害虫とされるのです。

そのそも害虫は駆除しなければいけないの?

自分の生活圏内にいる害虫を駆除することは必須です。

なぜなら、害虫は人間の人体や生活空間に対して多大な影響を及ぼすからです。

害虫の種類にもよりますが、人間を病気にしてしまうこともありますし、最悪の場合だと命に関わることもあります。

また、恒常的に悪化した衛生空間で生活をすることになってしまいます。

植物や人間の食料を餌にする害虫もいるため、経済的な被害も及ぼします。

害虫は人体に悪影響を及ぼす

害虫を駆除しなければいけない理由の一つは人体に影響を及ぼす種類がいることです。

害虫が害虫と呼ばれる所以は、人間にとって有害な毒を有している昆虫だからです。

特にスズメバチやアシナガバチの様に攻撃的で、有害な毒を有している害虫には注意が必要です。

人間の生活空間でも、ハチの方で最適な環境だと判断すればどこにでも巣を作ってしまいます。

ハチは自分達の巣を守るために、近くによって来る人間に対して攻撃的になります。スズメバチやアシナガバチが有している度億は強力であり、人間を殺傷する能力まで有しています。

人間の生命にも危険が及ぶため、こういった種類の害虫は早急に駆除をすることが必要になるのです。

部屋の中が不衛生になる

人間が生活している空間が不衛生になってしまうので、害虫を駆除する必要が出てきます。

害虫というと思い浮かべるのは、ゴキブリです。

実は、ゴキブリ自体は人間に対して直接悪影響を及ぼす事はありません。

ゴキブリが害虫とされるのは、その見た目のグロテスクさだけではありません。

ゴキブリは、ばい菌やウイルスを媒介する昆虫です。

ゴキブリが害虫とされるのは、この点にあります。

また、ゴキブリ以外の害虫も、腐った生ものや人間のゴミを餌にしたり、汚い場所に生息することを好んだりします。

そういった環境を好む害虫は、ばい菌を媒介して人間が生活している家の中に持ってくることもあります。

不衛生な空間で長期間生活していれば、人間にとって悪影響なのは言うまでもありません。家に侵入してくる害虫はきちんと駆除しておきましょう。

近隣の住居にも悪影響がある

害虫の侵入を許してしまっている家は、その家だけではなく近隣の住居にも悪影響があります。

害虫は生物であり、自由に動き回ります。

そのため、一つの家で害虫が発生すると、近隣の住居にも侵入してしまいます。

当然の事ですが、害虫はばい菌を媒介しています。

害虫は、広範囲に動き回り不衛生な環境を広げてしまうのです。

害虫を駆除しなければ、近所迷惑になってしまいます。

そのため、もしも自分の家で害虫を発見した場合は、すぐに駆除をするようにしましょう。

関連記事:害虫について詳しく知りたい方はこちら
【危険】害虫は健康被害の原因になる!駆除すべき害虫と影響を紹介

害虫駆除は業者に依頼することも可能

害虫の駆除を自分では出来ない時には、専門の害虫駆除業者に依頼することも可能です。

害虫の駆除は、駆除剤などを利用して適切な季節に行えばある程度の効果を期待できます。

しかしながら、個人で行うと完璧な駆除をすることが出来ません。

害虫は少しでも残してしまうと、すぐに個体数を増やしてしまうため害虫が発生するたびに駆除作業を行う必要が生じます。

そのため、多くの手間がかかってしまいます。

また、害虫駆除を自分で行う場合は、最低限の消毒作業や予防作業をすることが出来ません。

害虫を駆除出来たとしても、害虫が運んできたばい菌やウイルスを消毒するのは素人では難しいのが現実です。

害虫駆除に困った場合は専門の業者に依頼するようにしましょう。

害虫駆除を業者に依頼するメリット

害虫駆除を専門の業者に依頼することのメリットを紹介します。主なメリットとして挙げられるのは以下の3つです。

  • 手間がかからない
  • 駆除だけではなく予防の処置もしてくれる
  • 害虫の種類に適した処置をしてくれる

専門の業者に依頼する事のこれらのメリットを詳しく解説していきます。

手間がかからない

害虫駆除を業者に依頼すれば、自分で害虫駆除の作業を行う手間を省くことが可能になります。

個人で害虫駆除をするにはかなりの工数が必要になります。

害虫駆除剤を購入し、部屋の隅々に仕掛けることも必要です。

また、出現した害虫を直接退治することもあるでしょう。

自分で害虫を駆除するには、害虫を目視しなければいけません。

中には、害虫を目視することを嫌がる方もいるでしょう。

害虫駆除を業者に依頼すれば、これらの工程を全て作業員が行ってくれます。

自身では、予定された日に作業に立ち会うだけで全てを終わらせてくれます。

害虫駆除を業者に依頼することは、自身の手間を最小限にすることが可能になるメリットがあります。

駆除だけではなく予防の処置もしてくれる

害虫駆除を業者に依頼すれば、駆除作業だけではなく予防の処置もしてくれます。

害虫の駆除は、目視できた害虫を全て駆除するだけでは完了しません。

部屋の隅々に生息している害虫を全て駆除しなければいけません。

また、害虫を駆除した後も、再度同じ被害を起こさないように予防処置をする必要があります。

この予防処置をしないことで、何度も同じ被害に合ってしまう方は多くいます。

害虫駆除の専門業者であれば、こういった被害をくり返さないためにも害虫の予防処置をしてくれます。

専門の業者に依頼すれば、個人では出来ない害虫の予防処置をしてくれることがメリットになるのです。

害虫の種類に適した処置をしてくれる

害虫の駆除を専門の業者に依頼すれば、害虫の種類に適した処置をしてくれます。

害虫と一言で言っても、その種類は様々です。

そのため、それぞれの種類に応じた対応が必要となります。

自身が困っている害虫に対して、適切な対応をとることは素人では難しいです。

害虫は有効な駆除剤を用いなければ、目的の害虫には効きません。

しかも、害虫の種類は多岐に及び、市販の害虫駆除剤だけでは駆除をすることは難しいです。

害虫駆除の専門業者に依頼すれば、目的の害虫に有効な方法で作業をしてくれます。

業務用の特殊な駆除剤も使用するので、害虫の種類が何であっても有効な対処をすることが可能なのです。

関連記事:害虫駆除業者の作業内容について詳しく知りたい方はこちら
害虫駆除の作業は虫を根絶するだけではない!プロの仕事は締めが違う

害虫駆除業者に依頼するデメリット

害虫駆除を専門の業者に依頼することは多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在しています。専門の業者に依頼することの主なデメリットは以下の通りです。

  • お金がかかる
  • 場所によっては断られることもある?
  • 悪質な業者もいる

専門の害虫駆除業者に依頼することのデメリットを詳しく紹介していきましょう。

お金がかかる

業者に依頼するとお金がかかってしまうのがデメリットの一つです。

個人で害虫駆除を行う事が出来れば、かかる費用は市販の害虫駆除剤だけで済みます。

しかし、害虫駆除業者に依頼すれば、人件費や作業費等も含めて個人で行うよりも料金がかさみます。

業者の作業は駆除から予防まで、特殊な薬剤を使用することもあります。

また、被害状況が深刻な場合は、通常よりも特殊な作業が必要となります。

特殊な場所や作業が困難になると、更に料金が高くなってしまいます。

害虫駆除を業者に依頼するのは、個人で行うよりもお金がかかってしまうのです。

場所によっては断られることもある?

害虫駆除の作業を業者に依頼する時には、自身の居住地域によっては依頼を断られることがあります。

害虫駆除の害虫駆除の作業が出来る業者は出張できる範囲が限られています。

害虫駆除業者を家の近くで見つけられない場合は、依頼をすることが出来ません。

また、もしも遠い場所で営業している業者に出張作業を依頼しても、高額な出張料金を請求されてしまう事もあります。

家の場所によって、依頼を断られてしまう事があるのが業者を利用するデメリットです。

家の近くの業者を見つけることが出来ない場合は、オコマリなどのように最適な業者を紹介してくれるサービスを利用するようにしましょう。

悪質な業者もいる

注意しなければいけないのは、害虫駆除業者の中には悪質な業者もいることです。

害虫駆除は、専門的で特殊な作業も多く素人では把握することが出来ません。

悪質な業者の中には、素人では理解できないグレーゾーンを利用して請求書に料金を追加させていくところもあります。

作業後の説明では、専門的な用語を多用して依頼者を煙に巻き高額な請求書にサインをさせてしまうのです。

実際に、運悪く悪質な業者に当たってしまい被害に合った方は存在しています。

害虫駆除業者に作業を依頼するのは、悪質な業者に当たってしまうリスクがあるのもデメリットとなるのです。

害虫駆除業者とのトラブル事例を紹介

害虫駆除を業者に依頼することで、悪質な業者に当たってしまうリスクがあることを説明してきました。

悪質な業者に当たってしまった方々の中から、様々な被害報告が上がっています。

ここからは、悪質な業者に依頼してしまった事で起こったトラブル事例を紹介してきましょう。

これまでのトラブル事例を参考にすれば、事前に対策をすることが可能になります。

雑な作業で部屋の中を傷つけられた

作業員の雑な仕事で、部屋の中を傷つけられたというトラブルもあります。

害虫駆除の作業は部屋の隅々に及ぶため、大きな家具や家電を動かすこともあります。

また、普段ではあまり入らないような狭い場所にも入ることもあります。

そのため、害虫駆除の作業は慎重な作業が求められます。

害虫駆除業者の中には、こういった慎重にならなけらばいけない作業を雑に行う作業員もいます。

雑な作業の後には、数多くの部屋内の傷が残されています。

これらの傷に対して、何の補償もしてくれないのが悪質な業者です。

駆除作業をしてもらったのに再度同じ被害にあった

害虫駆除の作業をしてもらったのに、再度同じ被害にあってしまう事もあります。

害虫の駆除作業は、駆除作業だけに終わるのではなく予防作業も行わなければいけません。

害虫駆除業の中には、予防のために害虫が嫌がる薬剤を撒いておくことが必要となります。

この作業を怠ると、部屋内の害虫を駆除したとしても、外部からの侵入を許してしまいます。

また、害虫の卵なども除去しきれていないと再度同じ被害に合ってしまいます。

駆除作業後の同じ被害は良く聞かれるトラブルです。

高額な料金を請求された

害虫駆除の専門業者の中には高額な料金を請求される事もあるようです。

害虫駆除の業者の中には、ネットやチラシの宣伝で「格安」で集客をしていることもあります。

格安の料金で作業を依頼すると、見積もりをしてくれます。

見積もり時にもクーポンなどで安くなっているにもかかわらず、作業が終わった後には追加料金などによって総支払料金が高額になってしまいます。

こういった高額な料金を請求されるトラブル報告は後をたちません。

害虫駆除業者の選び方のコツ

害虫駆除を業者に依頼する際にはトラブルに巻き込まれたくないですし、悪質な業者に依頼することも避けたいものです。

そのためには、優良な業者を選ぶコツを知っておくことが大事です。

ここからは、専門の害虫駆除業者を選ぶコツを紹介します。

基本的なコツは以下の通りです。

  • 保険に入っている業者なのか確認する
  • 経験のある作業員がいるか確認する
  • これまでの実績や評判を確認する
  • 相談時のスタッフの対応は丁寧か確認する
  • 優良な業者を紹介してくれる会社の無料相談をする
  • それぞれのコツについて詳しく解説してきましょう。

保険に入っている業者なのか確認する

業者を選ぶ際には、保険に加入しているかどうか確認しましょう。

害虫駆除の作業は、重くて大きい家具や家電を多少動かす事になります。

優良な作業員は細心の注意をして作業を行います。

そのため、多くの場合は部屋に傷がつくようなことはありません。

しかし、それでも人間が行う作業であるため、部屋の中を傷つけてしまう事はあります。

そういった、もしものために優良な業者は補償が出来るための保険に加入しています。

害虫駆除業者に依頼する際には、保険に加入していることを確認することは必須事項です。

経験のある作業員がいるか確認する

依頼する害虫駆除業者には、経験の長い作業員がいるかどうかを確認するようにしましょう。

害虫の駆除や予防をするためには、経験と技術が必要です。

害虫の侵入口や、巣をつくる場所などは種類によって異なります。

経験のある作業員の方は、害虫の生態を詳しく知っておりどういった経路で侵入してくるのか把握しています。

そのため、害虫駆除作業だけではなく、巣の撤去や侵入経路を特定して薬を撒いておくことも出来ます。

経験の浅い作業員ではこういった作業をすることが出来ません。

業者に依頼する時には経験の長い作業員がいるかどうかを確認しましょう。

これまでの実績や評判を確認する

依頼を検討している業者にこれまでの実績や利用者からの評価があるかどうかを確認しましょう。

優良な業者であれば、これまでに数多くの作業を実施しており十分に過去の実績を持っています。

また、実績だけに限らず、利用者からは丁寧な感謝の言葉などが口コミとして残されています。

優良な業者が長い期間にわたって営業を続けられるのは、一つひとつの作業を精魂込めて行い実績と信頼を得られる業者なのです。

こういった業者であれば、何らかのトラブルが起きるような事は少なくなります。

業者に依頼する前には第三者目線で書かれている評価や、業者のそれまでの実績を確認するようにしましょう。

相談時のスタッフの対応は丁寧か確認する

無料相談の電話や、メールでの相談に対して業者のスタッフが丁寧な対応をしてくれるかどうかも確認しましょう。

優良な業者であれば、全てのスタッフに対して教育が行き届いています。

そのため、お客様からの依頼を電話や受けるスタッフも、依頼者に対して丁寧な対応をしています。

悪質な業者の多くは、受付のスタッフの対応が悪いところが多くあります。

電話口のスタッフの対応の違いによって、業者に優劣を判断することが出来ます。

依頼する業者のスタッフの対応を見てから依頼をするようにしましょう。

優良な業者を紹介してくれる会社の無料相談をする

優良な業者を探すには、業者を紹介してくれる会社に無料相談をすることも選択肢の一つです。

優良な業者を見つけるためにはこれまで紹介してきたようなコツがあります。

しかしながら、個人で行うにも限界がありますし優良な業者を見つけ出すことが出来ないこともあります。

そういった場合には、優良な業種と提携していて依頼者にとって最適な業者を紹介してくれる会社に連絡をしましょう。

例えば、オコマリでは依頼者様からの無料相談を受け付けており、あなたにとって最適で優良な業者を紹介しています。

「害虫駆除の料金費用相場と自分で予防をする方法|業者の選び方も解説」まとめ

害虫駆除の料金費用相場はゴキブリの場合だと10,000円から、シロアリだと3,000円からとなっています。

しかしながら、その被害状況や思考する場所が特殊な場合は更に料金が上がることもあります。

害虫駆除は主に害虫駆除剤を用いて自分で行う方法もあります。

しかしながら、害虫を全て駆除するには業者に依頼する事をおすすめします。

害虫駆除業者に依頼すれば、手間もかからずに害虫を駆除することが出来ますし、ある程度の予防もしてもらえます。

ただし、害虫駆除業者の中には悪質な業者も混じっていて、運が悪いと高額な料金を請求されてしまう事もあります。

優良な業者を選ぶ際には、実績や評判の良い業者を紹介してくれる会社に相談してみるのも良いでしょう。

害虫駆除のことならオコマリ

害虫駆除のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは害虫駆除について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に害虫駆除に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「害虫駆除」のサービスを見る