ゆーすけ

ゆーすけ|片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

孤独死を防ぐ方法は、一人暮らしをさせずに誰かが一緒に住む以外にありません。孤独死は一人暮らしをしている人であれば老若男女問わず発生してしまうことですので、一人暮らしをしないという選択肢以外にはないのです。

孤独死は身近な問題となってきており、高齢者や親だけの問題のように思っている方は、自分にも孤独死のリスクがあることを忘れてはいけません。一人暮らしをしている人であれば、誰もが孤独死の危険性を秘めているのです。

このページでは、孤独死を防ぐ方法について解説していきます。孤独死を防ぎたい!孤独死を防ぐ方法を知りたい!という方はぜひ最後まで読み進めていってください。

オコマリは、特殊清掃を始め遺品整理やゴミ屋敷片付け、片付け、木の伐採や剪定といった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。特殊清掃に関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの特殊清掃のサービスの詳細ついては、「特殊清掃|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

目次

孤独死を防ぐ方法はある?ポイントは早期発見にあり!

孤独死を防ぐ方法は、一人暮らしをさせないことがポイントだといえます。孤独死を防ぐために一人暮らしをしないためには、下記のようなことが考えられます。

  • 配偶者と一緒に暮らす(独身であれば結婚する)
  • 子供と一緒に暮らす
  • 施設に入所する

上記でご紹介した孤独死を防ぐ方法は、すべて「誰かと生活する」という点が共通しています。自分一人で生活しているから孤独死が発生してしまうのであって、誰かと一緒に生活をすれば孤独死をすることは無くなります。

そうはいっても、高齢者になっている人が初めて結婚することを考えたり、独立して家庭を持っている子供と一緒に暮らしたり、高額になりうる施設に入所するのは現実的でないケースもあるでしょう。そんなときには、たとえ一人暮らしをしていて孤独死が発生したとしても早期に発見できることが重要です。

孤独死が問題になっている理由の大きな1つは、孤独死が発生して遺体が放置されると遺体から死臭や体液が滲みだして、部屋の中を汚染してしまうということが挙げられます。部屋を孤独死によって汚染してしまうと、その修復費用が高くなってしまい、遺族や大家に迷惑をかけてしまうのです。

3日以内4~14日15~29日30~89日90日以上
残置物処理費用170,000円220,000円280,000円220,000円190,000円
原状回復費用260,000円390,000円520,000円550,000円600,000円

上記は、オコマリが取り扱いした特殊清掃の案件で孤独死の発見日数に対する「残置物処理費用」「原状回復費用」を表にまとめたものです。表を見ると発見日数が遅くなるにつれ特に原状回復費用が高くなるのが分かります。

孤独死後の修復費用は孤独死の発見が遅れれば遅れるほど、遺体の腐敗が進んでいくため高くなっていきます。したがって、たとえ孤独死を防ぐことが出来なかったとしても、早期に孤独死を発見できれば修復費用を安く抑えることができると言えるのです。

親や高齢者の孤独死を防ぐ方法とは?発見システム等を紹介

親や高齢者の孤独死を防ぐには、根本的には孤独死を防ぐ方法はある?ポイントは早期発見にあり!でお伝えしたように一人暮らしを止めてもらう必要があります。しかし、それが現実的でないならば早期に発見できるようにすることが大切だとお伝えしました。

ここでは、親や高齢者の孤独死を悲惨な状態にするのを防ぐ方法について解説していきたいと思います。

  1. 親族が毎日連絡を取る
  2. 洗濯物や郵便物に気を配る
  3. 新聞や牛乳配達員の高齢者安否確認
  4. 孤独死の発見システムを活用する

1.親族が毎日連絡を取る

親や高齢者の孤独死を悲惨な状態にするのを防ぐ方法の1つ目は、毎日もしくは頻繁に連絡を取ることです。一人暮らしをしているのであれば、連絡を取ってあげることで安否の確認もできますし、それ以上に誰かが気にかけてくれているという安心感を感じられるので本人にとっても嬉しいはずです。近所に住んでいるのであれば、頻繁に訪問してあげるのも良いでしょう。

誰かが一緒に住んであげるというのが一番理想でしょうが、それが難しい家庭もあるでしょう。最低限連絡を取り合いましょう。

2.洗濯物や郵便物に気を配る

親や高齢者の孤独死を悲惨な状態にするのを防ぐ方法の2つ目は、洗濯物や郵便物に気を配ることです。洗濯物や郵便物が不自然な状態になっているのであれば、要注意です。これは親族だけではなく、大家や管理人、近所の方も行えるでしょう。

長期の旅行などに出かけるのであればともかく、そうでないのであれば郵便物が溜まっているのは何か室内で発生している証拠ですし、数日間も洗濯物が取り込まれいないのであれば取り込めないことが発生している可能性が高いです。ちょっとした生活の行動の異変に気付くだけでも、孤独死の悲惨化を防ぐことができます。

3.新聞や牛乳配達員の高齢者安否確認

親族が一人暮らしをしている親や高齢者などの安否を確認できないようであれば、新聞や牛乳配達員が高齢者の自宅に届けるときに安否を確認してくれるサービスもあります。

すべての配達業者が行っているわけではありませんが、月額1,000円程度から依頼できるサービスもあるので調べてみるのも良いでしょう。

4.孤独死の発見システムを活用する

親や高齢者の孤独死を悲惨な状態にするのを防ぐ方法には最新のITを使う事も出来ます。ポットに搭載されたセンサーが、毎日使用するはずであるポットが使われないと親族に連絡がいくようなサービスを提供していたり、人感知センサーを活用して動いていることを感知できないと親族に連絡がいくようなサービスを提供していたりします。

孤独死の発見システムは日々進化しているため、自分たちが使いこなせる範囲で利用するのが良いでしょう。

「孤独死を防ぐ方法とは?親や高齢者を守る対策をご紹介!」まとめ

孤独死を防ぐための方法をお伝えしてきました。

孤独死を防ぐためには何よりもまず誰かとの接点を作ることです。親族が連絡を取る、みまもりサービスを利用する、近隣の住民が周りを見渡す、などといった対策をとる必要があります。

まずは親族が、そして近隣の住民が力を合わせないとこの問題は解決できません。

皆さんのご両親は大丈夫ですか?最近顔を見ていない近所の住民はいませんか?あれ?と思ったら今すぐに連絡を取りましょう。

記事を読んで孤独死について、より知りたい方はこちらを御覧ください。

特殊清掃のことならオコマリ

特殊清掃のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは特殊清掃について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に特殊清掃に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「特殊清掃」のサービスを見る