ゆーすけ

ゆーすけ|片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

今回は、生前整理普及協会が認定する『生前整理アドバイザー』について紹介していこうと思います。

生前整理をすることによって、自分の残りの人生をどのように生きていくのかを考えるきっかけとなると同時に、自分の死後の家族への負担を減らすことができます。

そんな生前整理をアドバイスする存在である、『生前整理アドバイザー』が今回のメインテーマです。

目次

生前整理ってそもそも何?

生前整理の道具

生前整理とは、その言葉のとおり「生きている間に身の周りを整理すること」です。

身の周りを整理することで、亡くなったあとに遺族にかかる負担を減らしたり、今後の人生の計画をスムーズに立てられるようになります。

身の周りとひとことで言っても、家の中の整理だけでなく財産の整理やエンディングノート・遺言書などの作成、亡くなった後のことについて家族に話しておくことなど、やることはとても多いです。

今注目されている生前整理ですが、一人で全てをやるのはかなり大変ですよね。そこで生前整理アドバイザーというお仕事が注目されるようになってきています。

関連記事:生前整理について詳しく知りたい方はこちら
生前整理とは

生前整理アドバイザーとは

生前整理アドバイザーのカウンセリング

生前整理アドバイザーとは、人生のゴールに向かって生前整理を進めるためにお手伝いをする人のことを指します。

生前整理アドバイザーという資格があり、お仕事に結びつける方もいれば、ご自身の生前整理に役立てるために取得する方もいます。

資格と言っても、国家資格ではなく『一般社団法人生前整理普及協会』が認定する民間資格なので、誰でも取得することができます

それでは、生前整理アドバイザーの資格はどうやって取得するのかをご説明していこうと思います。

生前整理アドバイザーの資格のとり方

生前整理アドバイザーの資格を取得するためには、『一般社団法人生前整理普及協会』が認定する講座を受ける必要があります。

生前整理アドバイザーの資格には大きく分けて5階級があります。生前整理アドバイザー2級→準1級→1級→2級認定指導員→準1級認定指導員の段階を踏んで取得していきます。今のところ「飛び級」はなく、この順番で取得していかなければならないようです。

それでは、各級について説明していきましょう。

生前整理アドバイザー2級講座

ご自身の生前整理を行うための知識を学べる講座です。生前整理を実際に行ったり、考え方などといった生前整理アドバイザーとしての基本的なことを学ぶ講座です。

スカイプを使った通信講座に対応しています。受講料は21,060円(税込)です。

生前整理アドバイザー準1級

ご自身だけでなく、親や周りの方に生前整理のアドバイスができるようになるための講座です。また、ご自身の生前整理をするにあたってもさらに深い知識を学ぶことができます。

2級よりも更に知識を深め、より具体的な内容を学びたい方のための講座です。こちらもスカイプ講座に対応しています。受講料は26,784円(税込)です。

生前整理アドバイザー1級

遺言書の作成や法律など更に具体的な内容を学びます。また、『スクラップブッキング』という台紙に写真を張りつけて思い出を形に残すものを実際に作るといった実践的なことも講座のなかで学べます。

こちらはスカイプ講座は対応しておらず、少人数制の講座を受けた後に認定テストに合格する必要があります。受講料は37,584円(税込)です。

1級を取得後は、2級受講者に講義ができる「2級認定指導員」、準1級受講者に講義ができる「準1級認定指導員」になるための講座にも受講できます。

2級認定指導員

生前整理アドバイザー2級を受講する方の講師になるための講座です。講師としての心構えや基本的な知識、2級講座の講義を実践するといった講座内容です。

講座の後日、認定テストを合格することで取得できます。受講料は65,800円(税込)です。

準1級認定指導員

生前整理アドバイザー準1級を受講する方の講師になるための講座です。伝え方に対する具体的なトレーニングや、準1級講座の講義を実践する講座内容です。

こちらも講座の後日に行われる認定テストを合格することで取得できます。受講料は97,200円(税込)です。また、生前整理技能士という資格もあり、2級の取得後に受講できます。

生前整理技能士

生前整理アドバイザー2級を取得後に受講できます。生前整理技能士とは、生前整理アドバイザーで得た知識を活かしてお客様の生前整理をお手伝いするための資格です。

親や自身の周囲の方だけでなく、お客様のお手伝いをするので、実際の在宅でのマナーや情報を正確に伝えるための講座内容です。

エンディングノートの作成方法やその他各種情報の整理のための具体的な方法、見積書や個人情報保護の契約書といったビジネスの基本的なことも学べます。受講料は86,400円(税込)です。

生前整理アドバイザーとして働くには?

生前整理アドバイザーの女性

生前整理アドバイザーは職業ではなく資格なので、お仕事に直結するわけではありません。しかし、生前整理アドバイザーの資格を活かして働いている方も増えてきています。

生前整理アドバイザーの資格を取得し、認定指導員として働く

認定指導員になるための講座を受け、認定テストに合格した後に協会会員に登録すると、講師としてお仕事ができるようになります。

生前整理アドバイザーの資格を受講しにきた方に対して講義したり、生前整理や生前整理アドバイザーの普及活動により収入を得ることができます。

生前整理アドバイザーの資格を取得し、生前整理技能士として働く

生前整理をしたいお客様の家に伺い、実際に生前整理をお手伝いするお仕事ができます。

資格を活かして生前整理の事業を行う企業に勤めたり、ご自身の事業を行うことで収入を得ることができます。

生前整理アドバイザーの需要って?

生前整理アドバイザーの女性社員

生前整理アドバイザーは今注目されている資格ですが、まだまだ一般的に知名度が高い資格ではありません。

また、国家資格ではないため必ず就職やお仕事に結びつけられるとはいえないでしょう。しかし、近年の高齢化社会において今後は需要が高くなっていく可能性があります。

生前整理の概念や大切さを広め、知名度が高くなるとともにお仕事も増えていくかもしれません。高齢の方やそのご家族に、生前整理の大切さや生前整理アドバイザーの存在・価値を知ってもらえるかどうかが、今後の需要に影響するといえるでしょう。

生前整理アドバイザーのやりがい

遺品整理アドバイザーのやりがい

生前整理の方法が分からず困っている方はたくさんいます。

生前整理アドバイザーは自身の知識や経験をもって、ご高齢の方やその家族を助けることができる資格です。

お客様一人ひとりの人生の振り返りや、残された人生について考える場面に深く寄りそえる素敵なお仕事です。

人と深くかかわりたい、一緒に人生について考えたいと思っている方にとってはとてもやりがいのあるお仕事ではないでしょうか。

生前整理アドバイザーと遺品整理士の違いとは

悩む遺品整理アドバイザーの女性

生前整理アドバイザーとは、ご高齢の方やそのご家族の身辺整理をお手伝いするお仕事です。

したがって、ご高齢の方と一緒に人生のゴールを見つめ、ご高齢の方の意思を尊重しながらお仕事を進めていきます。

一方、遺品整理士は残されたご家族とのお仕事になります。亡くなった方の遺言書に沿ったサービスはできるものの、ご高齢の方との直接的なコミュニケーションはできません。

遺品整理士として働いていたけど、ご高齢の方の心に寄りそいたいという気持ちが芽生えて生前整理アドバイザーの資格を取得する方もいるようです。

ご高齢の方に生前整理の作業を促したり情報を提供するなど、遺品整理と比べると大変な部分もありますが、人の人生にリアルタイムで寄りそえるところが最大の違いといえるでしょう

『生前整理アドバイザーとは』まとめ

生前整理を書き留めるノート

生前整理アドバイザーとは、周りの方や親の人生の節目に寄りそえるだけでなく、ご自身の人生の整理についても役立つ資格です。

「断捨離」という言葉が今流行っていますが、不要なものを捨てたり必要なものを見直すことで生活や生き方の道すじがみえてきます。

生前整理アドバイザーとは単なる「資格」や「職業」にとどまらず、人生を豊かにするための素晴らしいお仕事なのではないでしょうか

記事を読んで生前整理に関してもっと知りたい!と思った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

生前整理のことならオコマリ

生前整理のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは生前整理について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に生前整理に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「生前整理」のサービスを見る