庭の手入れとは?時期や料金相場、道具について完全解説

お客様満足度no1 受付時間 9時〜19時
土・日・祝日も対応!
通話
無料
0120-916-397 お客さま
サポート

庭の手入れとは

庭の手入れとは、庭にある木・草・花などを伐採、剪定して手入れを行うことを指します。手入れという言葉には、伐採や剪定、場合によっては抜根などの行為が含まれます。庭の手入れの目的は、木・草・花の生育環境を良くするためと見た目を整えるための2つがあります。

庭の手入れは今までは自分で行う方が多かったのですが、高齢化が進んだり共働き世帯が増えたことによって自分たちで庭の手入れができない方が増えてきていることを背景にして、業者に依頼する人が急増しています。

このページでは庭の手入れについて、全般的なノウハウを学べるような内容にしています。

  • 庭の手入れと剪定の違い
  • 庭の手入れの時期
  • 庭の手入れを業者に依頼する方法
  • 庭の手入れの料金相場
  • 庭の手入れの道具

上記のような内容をこのページではお伝えしていきますので、庭の手入れに関して色々と学びたいという方はぜひ最後までチェックしてもらえればと思います。

オコマリは、庭の手入れを始めとして木の伐採・抜根や剪定、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷片付け、片付けといった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。庭の手入れに関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの庭の手入れのサービスの詳細については、「庭の手入れ|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

庭の手入れとはの説明図

庭の手入れとは?手入れが大切な理由

庭の手入れとは、「庭にある木・草・花などを伐採、剪定して手入れを行うこと」である事は既にお伝えした通りです。庭の手入れを怠ってしまうと、木・草・花の生育に悪影響を及ぼしたり、見た目が悪くなってしまったり、場合によっては近隣の家に迷惑をかけてしまったりすることがあります。

庭の手入れをすべき理由 庭の手入れの概要
生育環境を整えるため 生い茂った木・草は互いに栄養や日光の取り合いをしてしまいます。適度に伐採、剪定、場合によっては抜根を行って育ちやすい環境を整える必要があります
見た目の良さを維持するため 放置された木・草・花は見た目が悪くなり、空き家やゴミ屋敷のような印象を他人に与えてしまいます
近隣に迷惑をかけないため 伸びきった木・草は近隣の家の土地に侵入して迷惑をかけてしまいます。ご近所トラブルの元になるので注意しましょう
害虫の発生を防ぐため 放置した木・草からシロアリや蚊などが大量発生して害虫被害にあう場合があります
防犯のため 外からあまりにも庭が見えないと防犯上良くありません。泥棒が身を隠せてしまい、窃盗の被害に遭いやすくなります

庭の手入れを行うことは、上記のような複数の効果があると言えるため非常に大切です。庭の手入れを放置することは他人の迷惑にも繋がってしまうので、責任を持って管理するようにしましょう。もし「庭の手入れができない」という事であれば、庭の手入れ業者に依頼するか、庭の手入れが必要のない庭にリニューアルするかを検討すると良いでしょう。

庭の手入れと剪定の違い

庭の手入れと剪定は、庭の手入れの行為の中に剪定が含まれているという関係性があります。

用語 意味
庭の手入れ 庭にある木・草・花などを伐採、剪定して手入れを行うこと
剪定 樹木の枝を切り落として日光や風の通しを良くして生育を促進させたり、見た目を整える行為

「庭の手入れ」という言葉の中には「剪定」という行為も含まれていますが、一般的に「庭の手入れ」と言う場合には「剪定」の意味を指していることが多いようです。庭の手入れには、剪定の他にも伐採や抜根、除草なども含まれています。

庭の手入れを業者に依頼する人の中には、「剪定は自分で行うけれど、木の伐採と抜根だけお願いしたい」という方も多くいらっしゃいます。弊社でも「庭の手入れをしたい」というお客様に対しては、「具体的にはどのような庭の手入れをご希望なのでしょうか?」という質問を投げかけるようにしています。もし庭の手入れを業者に依頼しようと考えている方は、「どのような作業を依頼したいのか?」を明確にしておくとスムーズに依頼できますよ。

庭の手入れの時期はいつがオススメ?

庭の手入れの時期は、剪定であれば基本剪定は3~6月、軽剪定は8~11月が一般的ですが、庭木の種類によって変動します。また草刈りであれば6月・9月・11~12月が庭の手入れの時期としてはオススメです。

下記には庭の手入れの時期をまとめました。上の表が剪定のオススメの時期、下の表が草刈りのオススメの時期です。

庭木の種類 基本剪定 軽剪定 具体的な樹木
常緑広葉樹 4月~6月 8月~10月 ツツジ・ツバキ
落葉針葉樹 3月~5月 10月~11月 もみの木・杉
落葉広葉樹 12月~2月 3月~6月・9月~10月 ハナミズキ
草刈りの時期 理由
6月 梅雨の時期に草刈りをしておくことで、夏場の成長が抑えられます
9月 夏場に伸びた草を一気に刈り取ってきれいさっぱりしましょう
11月~12月 枯れる草があり草刈りが行いやすい時期です

庭の手入れの時期については、どのような庭の手入れを行うのか?によって変わってきます。剪定の時期は庭木の種類によって変わってきます。1年中葉っぱを実らせている常緑樹と、冬場には葉っぱが落ちる落葉樹でも剪定の時期が変わります。

基本剪定とは、休眠中の時期に行われる剪定のことです。不要な枝や葉っぱを剪定することから「強剪定」とも呼ばれています。「軽剪定」は、風通しや日差しを確保するための剪定のことで夏~秋に行われることが多いです。基本剪定は表にあるように樹木の種類によって適切な手入れ時期が変わりますので、注意しましょう。

庭の手入れのうち草刈りの時期は、1年に3回ほどやってきます。特に11月~12月の草刈りは、雑草が枯れることから作業が楽になりオススメです。寒さに耐えながらの作業にはなりますが、6月の梅雨の時期や草が伸びきった9月よりも作業時間という意味では楽になります。

庭の手入れの時期に関しては、手入れの内容や樹木・草によって適切な時期が変わりますので、時期を誤らないように気を付けましょう。

庭の手入れを業者に依頼する際のポイント

庭の手入れ業者の選定ポイント 具体的な内容
料金設定が明確 庭の手入れ業者の料金設定が分かりやすいか?をチェックします。複雑な料金設定の業者は避けましょう
態度や対応が丁寧・親切 お見積もりやお問い合わせ時に庭の手入れ業者の態度や対応をチェックしましょう。態度が横柄だったり、対応が適当な業者は避けましょう
実績が多数ある ホームページなどで庭の手入れ業者の実績をチェックしましょう
相談に乗ってくれる 庭の手入れの事について親身になって相談に乗ってくれるかをチェックしましょう。適当な業者は避けましょう
現地見積もりをしてくれる 現地に来て見積もりをする庭の手入れ業者に依頼しましょう。現地に来ないと追加料金が発生する確率が高くなります
ホームページがある 庭の手入れ業者のホームページがない場合には知り合いなどから評判を聞くようにしましょう

庭の手入れを業者に依頼する場合には、庭の手入れ業者の選定がポイントになります。庭の手入れ業者によって作業の質や料金にかなりバラつきがありますので、注意しましょう。安心して庭の手入れを依頼し、最終的に満足感に満ち溢れて料金を支払えるようにするためにも業者の吟味は大切です。

庭の手入れ業者の中には悪徳業者が存在しており、そのような庭の手入れ業者に依頼すると不当な追加料金や不法投棄、盗難被害などのトラブルに巻き込まれしまいますので気を付けましょう。

庭の手入れ業者に依頼するのが初めての方は、知り合いで庭の手入れ業者に依頼したことのある人にアドバイスを貰うのも有効でしょう。

庭の手入れの料金相場

庭の手入れの料金相場は、伐採では3,000円~/本、抜根では5,000円~/本、剪定では2,000~3,000円/時間、草刈りでは機械で行えば100~500円/平方メートルとなっています。下記には、それぞれの庭の手入れの種類によっての料金相場をお伝えします。

庭の手入れの種類 料金の決まり方 料金相場
伐採 木の高さ 低木:3,000円/本~・中木:10,000円/本~・高木:20,000円/本~
抜根 幹の直径 15センチ未満:約5000円/本・15~30センチ:約6,000円・30センチ以上:約10,000円
剪定 時給・日当 2,000~3,000円/時間・15,000~20,000円/日
剪定 木の高さ 低木:3,000円/本~・中木:7,000円/本~・高木:15,000円/本~
草刈り 広さ 1平方メートルあたり(機械):100~500円・手作業:500~1,500円

庭の手入れの料金相場は、庭の手入れの作業内容によって変動します。

伐採や抜根のような大がかりな作業の場合には、料金相場が少し高めに設定されています。伐採や抜根では、場所によってはショベルカーなどの重機を使う必要があり、その場合には重機の料金が伐採・抜根の費用に追加されます。伐採や抜根の庭の手入れで重機を使用する場合の料金相場は下記のようになっています。

庭の手入れに使用する重機の種類 重機の費用相場(レンタル)
クレーン車(10トン) 70,000~110,000円/日
クレーン車(20トン) 120,000~220,000円/日
ユンボ(1.5トン) 30,000~50,000円/日
ユンボ(7トン) 55,000~70,000円/日
ユンボ(10トン) 70,000~100,000円/日

また、草刈りの庭の手入れでは、除草したあとの除草剤の散布や防草シート張り、防草用の砂利設置などを依頼すればオプション料金が掛かってきます。草刈りをした後に大切なのは、新しい雑草が生えにくいような環境を整えることです。その為にも、除草剤や防草シートなどで対策しておくのです。除草剤の散布料金や防草シートの設置料金は下記のような相場になっています。

庭の手入れにかけられる予算もあるかと思いますので、庭の手入れの料金相場を理解したうえで何をどこまで依頼するのか?を決めていくようにしましょう。

庭の手入れを簡単に行うには?

簡単に行える庭の手入れは「剪定」と「草刈り」です。伐採・抜根に関しては、基本的には簡単に行うのが難しい作業ですが、木の高さが3メートル未満且つ幹の太さが直径20センチまでであれば、自分で作業できると言われています。

剪定の簡単なやり方としては、下記のような手順で行うと良いでしょう。

  • 垣根の側面を剪定する
  • 垣根の上部を剪定する
  • 垣根の枝を間引く

ここでは、垣根の剪定を前提としてお伝えしますが、簡単に剪定を行うならば、まずは側面部から剪定を始めましょう。下から上に向かって剪定を進めていくことで、発芽力の弱い下部の垣根が衰弱するのを防げます。垣根の上部の剪定では、切りすぎないように目標とする高さに目印を付けておくことをオススメします。最後に風通しや日当たりを妨げる枝を間引いていきましょう。

庭の手入れとして草刈りを簡単に行うには、除草剤を使うのがオススメです。除草剤の種類はたくさんありますので、自分の庭にあったものを選ぶようにしましょう。除草剤を使用する際には、使用方法をしっかりと読み込んで近隣に迷惑をかけたり、怪我をしたりしないようにしましょう。

庭の手入れでの雑草への対処法

庭の手入れでの雑草への対処法 注意点など
除草剤を散布する 子どもやペットがいる場合には散布時には注意しましょう。また近隣の土壌に流れないように気を付けましょう
熱湯をかける 狭い範囲の雑草であれば有効ですが、広範囲だと非常に大変です
手で抜く 広範囲の雑草を手で抜くのは根気のいる作業ですが、抜きたくない草や花がある場合には有効です
塩をかける 塩をかけることで雑草の水分が抜けて枯れる効果があるのですが、他の草・花にも影響があるので注意が必要です
石を活用する 日光を遮断して雑草が生えてこないようにできます
砂を活用する 石と同様で砂を日光を遮断して雑草が生えてこないようにできます
防草シートを活用する 石や砂と同じ仕組みですが、日光を遮断して雑草が生えないようにします。防草シートが破れると隙間から雑草が生えてくるので気を付けましょう

庭の手入れでは雑草への対処が大切ではあるものの、やり方を間違えると悪影響を及ぼす可能性がありますので、注意する必要があります。

庭の手入れを簡単に行うには?」の中で草刈りの庭の手入れの方法をお伝えしましたが、その際にも除草剤の危険性について述べました。塩や除草剤を使用するのは簡単ではありますが、他の人や他の草花への影響も考慮して使う必要があります。

手で抜くが安全ではありますが大変であることは間違いありません。自分ではどうしてもできない時には庭の手入れ業者に依頼して雑草を抜いてもらうようにするのも一つの手でしょう。

雑草を抜き終わったあとは、次の雑草が生えてこないように防草を行うことも大切です。雑草は抜いても抜いても生えてきてしまいますので、次回の雑草抜きが簡単になるような工夫を行ってあげるようにしましょう。

庭の手入れの道具15選

庭の手入れ道具 庭の手入れの種類 庭の手入れ道具の費用 庭の手入れ道具の使い方
剪定バサミ 剪定 1,000~15,000円 細い枝や葉っぱなどを切るために使います。少し値段を出せば、少しの力で切れるハサミも購入できます
剪定のこぎり 剪定 500~1,500円 剪定バサミには太すぎる枝などを切る際に使用します
作業用手袋 すべて 1,000~15,000円 庭の手入れ中の怪我を防ぐために着用します
脚立 すべて 10,000~40,000円 背が届かない箇所の庭木の手入れをする場合に使用します
刈り込みバサミ 剪定 3,000~20,000円 剪定バサミよりも一度に広範囲を切ることができます
植木バサミ 剪定 3,000~20,000円 剪定バサミよりも一度に広範囲を切ることができます
傷口癒合剤 剪定・伐採 1,000~10,000円 枝を切った後の枝の傷を早く治すための薬です。切ったままにすると、その箇所が原因で腐敗が進む場合があるので、それを防止する役割があります
金属製やすり すべて 1,000~6,000円 使用したハサミやノコギリなどの刃物の切れ味を保つために使用します
ほうき・ちりとり・ゴミ袋など掃除用具 すべて 300~1,000円 庭の手入れで出た草木などを捨てるために使います。少し厚めのゴミ袋の方が破れにくいのでオススメです
保護ゴーグル すべて 500~800円 切った枝や葉っぱなどが目に入らないように防御をしてくれます
シャベル 抜根・草刈り 1,000~3,000円 抜根したい切り株の周りを掘ったり、不要な雑草を掘り起こして抜き際に使います
抜根用の三脚 抜根 30,000~50,000円 切り株を抜根する際に使用します
のこぎり・チェーンソー 伐採・抜根 1,000~50,000円 伐採や抜根をする際に使用します。チェーンソーは個人宅で使うには資格は不要です
昇降機 伐採 1,000~15,000円 高い木を昇り降りする際に使用します
ヘルメット すべて 500~5,000円 頭を防御するために使用します

庭の手入れの道具は、庭の手入れを行う際には不可欠な存在です。上記にはオススメの15の庭の手入れ道具をご紹介しましたが、どんな庭の手入れを行うのか?によって必要・不要が分かれますので、必要なものだけを購入するようにしましょう。

庭の手入れ道具によっては値段が10,000円以上するものもありますので、高い道具を購入する場合には知り合いに借りられないか?なども一緒に検討してみるようにしましょう。

チェーンソーに関しては、本来であれば厚生労働省が発行している「伐木等の業務特別教育」を受けて資格取得をする必要があります。しかし、個人宅で自分のために使用するのであれば不要になります。ただし、チェーンソーの扱いを誤っての怪我が続出していることからチェーンソーの資格が設けられていますので、自分でチェーンソーを使用する際には下肢の切創防止用保護衣の着用をオススメします。庭の手入れを行う際には万全の準備を行って、怪我の無いように進めていきましょう。

庭の手入れのことならオコマリ

庭の手入れのことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは庭の手入れについて、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に庭の手入れに詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

 オコマリ
  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • お見積もりは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「庭の手入れ」のサービスを見る

お申込みフォーム

名字と名前の間はスペースをあけてください
必ず入力してください
メールでの連絡をご希望の方は必ず記入してください
第1希望
第2希望
第3希望
メールでの返信をご希望の方はその旨をご記入ください