受付時間 9時〜19時
土・日・祝日も対応!
通話
無料
0120-916-397 お客さま
サポート

片付けとは

片付けとは、散らかった状態を整った状態に戻すことです。片付けでは、整理整頓だけでなく、物を捨てる事も含まれます。片付けは、亡くなった後に行う「遺品整理」や生前に行う「生前整理」なども意味として含む場合があります。

片付けは、自分が子どもの時の「片付け」の意味と、大人になってからの「片付け」の意味が若干異なります。子どもの頃の「片付け」は「整理整頓する」という意味が中心で、元の場所に戻せば問題ありませんでした。しかし、大人になってからの「片付け」は「整理整頓する」意外にも「物の量を減らす」という処分する意味が含まれるようになります。

したがって、大人になってからの片付けは「捨てる」という意味合いがある「断捨離」のような性質が強くなっていくのです。

このページでは、下記のような片付けについて網羅的に学べるような内容をお伝えしています。

  • 片付けと整理の意味の違い
  • 片付けと収納の違い
  • 部屋が片付けられない原因
  • 家や部屋を片付ける手順や方法
  • 片付けのコツ
  • 片付けのやる気を上げる方法
  • 片付けを業者に依頼する方法

片付けについて学びたいと考えている方は、ぜひこの機会に学んでいってください。

オコマリは、片付けを始め遺品整理やゴミ屋敷片付け、生前整理、木の伐採や剪定といった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。片付けに関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの片付けのサービスの詳細については、「片付け|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

片付けとはの説明図

片付けとは?片付けが注目される背景

片付けとは、「散らかった状態を整った状態に戻すこと」と冒頭でお伝えしました。片付けが近年注目されている理由としては、「断捨離」「ミニマリスト」「遺品整理」「生前整理」といった、片付けに関連した言葉への人々の関心が高まっているからです。

「断捨離」「ミニマリスト」では、片付けを通して自分が好きな物への愛着を持つとともに、不要な物への執着心を無くすという行動が推奨されています。大量の物に囲まれて生きる生活を捨て、自分の好きなものに囲まれて生きる、しかも出来るだけ少ないものだけで生活するというライフスタイルの提案がなされているのです。

このようなライフスタイルは若者だけでなく年配の方にも関心が高まっており、断捨離やミニマリストに関連する書籍やブログが非常に増えてきています。

一方の「遺品整理」「生前整理」では「片付ける」という行為にフォーカスしています。誰かが亡くなった際に行う遺品整理や生前に不要なものを片付けておく生前整理は、超高齢化社会の日本においては非常に関心が高いテーマです。

自分が亡くなった後に遺品整理をする遺族たちへの負担を少しでも軽減できないかと生前整理を行う人が増えていますし、遺品整理を自分たちではできない為に遺品整理業者に依頼する方も増加傾向にあります。

このような社会の変化、ライフスタイルの変化が、片付けが注目されるようになっている背景にあるのです。

整理とは?片付けとの違い

整理と片付けには、下記のような意味の違いがあります。

用語 意味 違い
整理 散らかった状態にあるものを整えること 処分・捨てるという意味を含まないことが多い
片付け 散らかった状態を整った状態に戻すこと 処分・捨てるという意味を含む

整理とは「散らかった状態にあるものを整えること」です。片付けの意味である「散らかった状態を整った状態に戻すこと」と似ていることが分かりますね。

整理と片付けの定義では非常に似ていますが、実際の作業になると異なってきます。整理では、散らかった本や書類などを綺麗に整列させることが行われます。基本的には「整理」には処分する・捨てるといった考えは含まれていません。

一方の片付けでは、整理にはない処分する・捨てるといった考えが含まれています。「書類を整理する」と「書類を片付ける」では、一見同じ行動のように見えますが「片付ける」の方には「不要な書類は処分する・捨てる」という行為が含まれているのです。

もちろん「整理する」でも処分する・捨てるという行為が絶対に含まれない、含んではいけないという意味ではありません。

しかし、「ゴミ屋敷を片付ける」とは言う一方で「ゴミ屋敷を整理する」とはあまり言わないことから、「片付ける」の方が処分する・捨てる要素が強いことが分かると思います。※「ゴミ屋敷」とは物が通常の部屋よりも多い部屋の事

片付けと収納の関係性

片付けと収納には、下記のような意味の違いがあります。

用語 意味
片付け 散らかった状態を整った状態に戻すこと
収納 ある場所に整えて戻すこと

片付けと収納の関係は、収納は片付けの一部であると言えます。家・部屋の片付けの手順や方法」で片付けの順番はお伝えしますが、片付けの行動の中には収納するという行為が含まれているのが一般的です。

片付ける目的としては、物の量自体を減らすということもあるかと思いますが、次回以降使う際に使いやすくするということもあります。この「使いやすくする」という目的を達成するためには、収納が非常に大事になってくるのです。

収納を行う際には、「次に使う際にどうすれば使いやすくなるか?」を考えることが大切です。下記は物別の収納のまとめ方を表にしたものです。

収納するもの 収納のコツ
衣服 季節ごとにまとめる/トップス・ボトムスなどのジャンル別でまとめる
文房具 ボールペン・消しゴムなどジャンル別でまとめる
食器 取り皿・フライパンなど使用用途でまとめる
冷蔵庫内 野菜・肉・飲み物などジャンル別でまとめる
作者別・テーマ別(小説、自己啓発など)まとめる
化粧品 ヘア・ボディ・フェイスなど体の部分別でまとめる

このように収納の工夫を行うことで、片付けが終わって「さぁ、使い始めるぞ!」の時に探しやすく・見つけやすく・使いやすくなるために散らかりにくくなるのです。逆に収納を適当に行ってしまうと、片付けを行った効果が薄れてしまうので注意するようにしましょう。

部屋を片付けられない原因とは?

部屋を片付けられない原因 解決方法
片付けの方法がわからない 片付けの手順・方法を学んで、その通りに実践してみる
多忙で片付けの時間が取れない 毎日10分時間を確保し少しずつ片付ける/片付け業者に依頼して片付ける
病気で片付けることができない 医者に相談した上で、片付ける方法を模索する
物が多すぎる まずは1部屋から片付けを始めて他の部屋に広げていく/片付け業者に依頼する

部屋を片付けられない主な原因を上記に表でまとめてみました。どれかに当てはまるものはあったでしょうか?

部屋を片付けられない原因で最も多いのが「片付けの方法がわからない」というものです。自分が小さかったころは親に言われて片付けることはあったかと思いますが、大人になるにつれて「自分で片付けよう!」とならないと行動に移すことは少ないでしょう。

子どものころの「片付け」は「整理整頓」「収納」を示すことが多かったですが、大人になると「処分する・捨てる」という意味合いが入ってきて、子どものころの「片付け」の定義とは変わってきます

この定義の違い・変化を知っていれば良いのですが、なかなか誰かに教えてもらうことはないので、大人になってからの片付けの方法がわからずに片付けられない状態になるのです。

また、人によっては多忙で時間がなかったり、うつ病・ADHD・認知症といった病気によって片付けられないという方もいらっしゃいます。多忙の場合には毎日朝の10分だけ片付けの時間を取るなどの工夫をすると良いでしょう。病気の場合には医者のアドバイスをもらいながら、家族や親戚の協力を仰ぎながら片付けをすると効果的です。

物が多すぎて片付けられない場合には、1部屋ずつコツコツ片付けるか、片付け業者に依頼して一気に片付けてもらうかを選択しましょう。一気に片付けた後は、片付け後のメンテナンスをしっかりと行っていくことが大切になります。

家・部屋の片付けの手順や方法

家や部屋の片付けの手順は下記のとおりです。

  1. 片付けをしてどのような家や部屋にしたいかを決める
  2. 片付けするための事前準備を行う
  3. 片付けをする部屋を1部屋決める
  4. 部屋のどこから片付けを始めるのかを決める
  5. 決めた一部の場所の物を一度すべて取り出す
  6. 取り出したものを必要・不要に仕分ける
  7. 不要なものは処分する
  8. 必要なものは収納する
  9. 必要に応じて掃除を行う

家や部屋の片付けに関しては、「計画→事前準備→仕分け→処分→収納」という流れを踏むのが正しい片付けの方法です。「計画や事前準備なんて面倒だな・・・」と感じる方もいらっしゃいますが、この手順を省いてよいのは玄関やトイレといった狭いスペースの片付けだけです。

居間や寝室など広いスペースの片付けの場合には、やはり計画や事前準備といった手順を踏むことが大切です。この片付け方法に従えば、途中で挫折することなく片付けを実行することが可能です。

事前準備においては、下記のようなものを準備するようにしましょう。

  • 45リットル以上の大きさのごみ袋
  • みかん箱の大きさ以上の段ボール
  • マスク
  • ゴム手袋(軍手でも可)
  • 汚れても良い服装

ごみ袋や段ボール箱は仕分けの際に活躍します。またマスクはホコリが舞い上がった部屋では必須アイテムです。軍手よりもゴム手袋をオススメしているのは、軍手だと鋭利なものが刺さりやすく怪我の可能性が高くなるからです。

部屋を決めてから片付けに取り掛かる理由としては、部屋が複数ある場合に一気に全ての部屋を片付けようとすると片付けが一向に進まず挫折する原因になるからです。基本的には一部屋片付けたら次の部屋を片付ける方法が良いでしょう。

もし、片付けが苦手なのであれば、小さめの部屋から片付けるのをオススメします。片付けに慣れてきたら大きな部屋に移る方が片付けで挫折する確率がグッと小さくなります。

片付けの手順では、一気に仕分けていくことをオススメしています。出てきた物を「必要」「不要」に一気に分けています。用意したごみ袋や段ボール箱を活用し、ドンドン仕分けていきましょう。

必要か不要かの判断に迷うものについては、「保留」という箱を準備してそこに入れていきます。一通り片付けが終わったタイミングや1週間など期間をある程度置いた後に再度仕分けすると落ち着いて判断ができます。

処分する際には原則的には売ることは考えずに捨てていきましょう。日頃からオークションやフリマアプリを活用していれば良いですが、今回の片付けを機に始めようとすると準備などの時間がかかり5,000円以上で売却できそうにないものは時間の無駄になってしまいます。

数百円のために売ることを考える方もいらっしゃいますが、自分の時間も価値あるものですので「勿体ない」という気持ちは抑えて処分するようにしてください。

片付けの手順で収納する際には、「片付けと収納の関係性」でお伝えしたように次に使うことを考えて収納していくようにしましょう。綺麗に収納しようとして新しい収納用具を購入される方もいらっしゃいますが、あまりオススメしていません。

新しい収納家具を購入するという事は単純に考えれば物が増えることになるからです。どうしても必要な場合には、片付けたものを収納するのに必要十分な大きさのものにしましょう。あまりに大きな収納家具を購入すると、「まだ空いてるから・・・」と考えて不要なものを追加で購入してしまいがちです。

片付け上手になるには?

片付け上手になるためには、日頃から片付けを行う事が大切です。1か月にまとめて片付けるよりも、1日10分でも時間を取って片付けをする方が片付け上手に近づけます。片付け上手になるのに大切なことは、片付けを習慣化することです。

片付けを習慣化すれば、「どうすればもっと効率的に片付けができるのか?」「片付けの大変さを減らすためにはどうすればよいのか?」など片付けに関しての疑問を自分なりに考えていきます。そうすると片付け上手に自然となっていくのです。

よく「片付け上手になるためにオススメの本などはありますか?」という質問を受けるのですが、「片付けを行うことこそ片付け上手になるための近道です」と答えるようにしています。片付け上手になるためには実践あるのみです。

片付けのコツ

片付けのコツ 片付けのコツの内容
計画をしっかり立てる 片付けを終えたい期日を設定し、期日までの片付けスケジュールを組みましょう
小さい部屋から片付ける 片付けの初心者にとっては広い部屋は難易度高めです。玄関やキッチンといった狭い部屋から片付けをしましょう
仕分け作業は一品5秒以内 仕分けの必要・不要の判断は1つ5秒以内にして、迷った場合には後回しにしましょう
思い出の品はデジタル化で対応 思い出の品をカメラやスキャナでデジタルデータ化すれば、思い出の品自体を片付けることができます
収納が使いやすさの鍵 次に使うことを考えて収納をするようにしましょう
片付けを習慣化する 片付けは1度行って終わりではなく、継続的に行うようにしましょう

片付けを始めようと思ったのには何か理由があったはずです。片付けのコツとしては、その理由を思い出して、どのような部屋にしたいのか?という部屋の理想像を描き、その理想像の達成のための計画を考えましょう。

受験勉強などと一緒で目標があって、それをどうやって達成するのか?を考えてから実行することが途中で挫折しないためには大切です。

仕分け作業については、サクサクと進めていかないと時間が非常に取られてしまいます。「う~ん、これは使うかもなぁ・・・」と少しでも思うならば、「保留」の箱に入れていくのが良いでしょう。

思い出の品は片付けの際に迷いやすい品目の代表格です。片付けのコツとしては、スキャナやスマートフォンなどで写真をデジタル化して保管し、本体は処分してしまうのがオススメです。

ぬいぐるみや人形、キーホルダーなどの物であっても、写真で撮影してしまって本体は処分するという方は増えてきています。物そのものがある必要がないのであれば、存在していたことを示す記録だけデータで残しておく手段を検討してみてはいかがでしょうか。

片付けのコツは、冒頭にご紹介した以外にもたくさんあるかと思います。自分ならではの片付けをコツが見つかっていくと楽しくなりますし、片付け上手になった気分にもなれます。独自の片付けのコツを発見するためにも片付けを実践していくようにしましょう。

片付けで捨てる重要性

片付けで捨てることが重要な理由は、家・部屋の物が減ることによって次回以降の片付けが楽になるのと同時に、片付けをする必要のある頻度が少なくなるからです。

片付けにおける捨てる重要性を簡単に理解する1つの例を挙げたいと思います。1Kに住んでいる状況を思い浮かべてください。部屋の床に物が積み上がるくらいのケースと、一切部屋の床に物がないケースではどちらの方が簡単に片付けが進んでいくでしょうか?

そうですね、一切床に物がない部屋の方が片付けがスムーズに進んでいくでしょう。やはり、部屋に物がない方が片付けをする頻度が少なくて済みますし、頻度は一緒でも片付ける時間を短縮することができます。このように部屋を片付ける場合には、部屋に物が少ないに越したことはないのです。

片付けで「捨てる」という行為に慣れていない方にとって、どのように「捨てる」という判断をするのか?が気になるのではないでしょうか?片付けで仕分けをする際に必要・不要の判断をする訳ですが、不要だと判断するための基準は下記のようなものがあります。

  • 1年以上使っていない
  • 存在すら忘れていた
  • 「いつか使うかも・・・」で保管していた

片付けで仕分けている際に上記のような品物に出会った場合には、「捨てる」という判断をして良いものだと言えます。世代によっては捨てるという行為に嫌悪感を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、捨てる行為なしに片付けの成功はあり得ません。片付けを成功に導くためにも「捨てる」という判断を怖がらずに行いましょう。

片付けのやる気やモチベーションを上げる方法

片付けのやる気・モチベーションを上げる方法 片付けのやる気・モチベーションが上がる理由
片付けた後の理想の姿を描く 理想の姿を描くことで途中で挫折する可能性がグンと減ります
片付けたら自分にご褒美をする ご褒美のために頑張る!というのも一つの手です
誰かと一緒に片付ける 誰かと一緒に片付ければ途中で挫折する可能性が減ります
ゲーム感覚で片付ける 「この部屋は片付けクリア!」という風にゲーム感覚で進めていくと楽しく頑張れます

片付けのやる気やモチベーションを上げることは、片付けに慣れていない方にとっては大変です。嫌々片付けをしても途中で挫折する可能性が一気に上がるだけですので、片付けのやる気やモチベーションを上げる方法をしっかりと身につけておきましょう。

片付け後の理想の姿を描くことは、「片付けのコツ」でお伝えしたようにいざという時に頑張れるパワーになります。「何が何でも理想の部屋を手に入れるんだ!」という気持ちになれれば、挫折しそうになっても立ち直ることができます。

理想の部屋を描くことに似ていますが、「一部屋片付けたらスイーツを食べる」という風に片付ける毎に自分にご褒美を与えるのもやる気やモチベーションを上げるポイントです。豪華なご褒美は不要ですが、小さなご褒美を自分に与えてあげると自然とやる気やモチベーションが上がっていきます。

誰かと一緒に片付けることで途中に諦めそうになったときに声を投げかけてくれるので心強くなります。親よりも配偶者や恋人、友人の方が片付けのやる気やモチベーションを維持しやすいと言われていますので、一緒に片付けるのを依頼する場合には協力してもらうようにしましょう。

「一部屋を片付ける」というのをゲーム感覚に落とし込むと片付けのやる気やモチベーションを高められます。「この部屋はクリアした!」という達成感を積み重ねていくことで、成功体験も同時に得られるので、片付けが得意になっていく効果もあります。

どの方法が自分にとって片付けのやる気やモチベーションを上げるのか試しながら探っていくのをオススメします。

片付け業者に依頼する

片付けを業者に依頼することで部屋の簡単に終わらせることができます。片付け業者を利用するのに適している方は、下記のような方々です。

  • 部屋を片付ける期限が決まっている
  • 片付けるものに重いものが含まれていて自分だけでは片付けられない
  • 自分が病気や多忙でどうしても片付けられない

弊社でも片付けを担当させていただいておりますが、大体のお客様が上記にような理由で片付け業者への作業依頼をしております。自分で無理して片付けを行って怪我をしたり、ストレスが溜まるよりは上手く人に頼ることで解決しようとしているのです。

「片付けは自分でやらないといけない」と抱え込んでしまうよりは、片付け業者を活用して綺麗な部屋を手に入れるようにしましょう。

片付け業者の料金・費用相場

片付け業者の料金・費用相場は、間取り別に設定されているものと時間別に設定されているものの2種類があります。

片付け料金・費用の決まり方 片付けの料金・費用相場
間取り別の片付け料金・費用相場
1K/1R 18,000~110,000円
2K/1DK 40,000~170,000円
1LDK/2DK 70,000~250,000円
2LDK/3DK 100,000~350,000円
時間別の片付け料金・費用相場
1時間 3,000~5,000円
8時間 20,000~40,000円

片付けを部屋全体的に行う場合には間取りの料金・費用相場を、片付けを部分的に行う場合には時間別の料金・費用相場を参考にすると良いでしょう。

片付け業者の料金・費用相場表では、「家・部屋の片付けの手順や方法」で紹介した片付けの手順のうち、3~7と9が作業内容として含まれると考えて構いません。8の収納については、片付け業者によってオプション作業として設定しているケースが多く見受けられます。

掃除も作業内容に含まれるとお伝えしましたが、ハウスクリーニングのような本格的な掃除というよりは掃き掃除のような簡易的なものだと考えてください。もしハウスクリーニングやカビの除去などを依頼したい場合にはオプション料金となる片付け業者がほとんどです。

片付け業者に問い合わせする際には、片付け業者に依頼したいと考えている内容を一度まとめてからの方が良いでしょう。もしくはお見積りに来てもらう時にまでには片付けの作業内容を決めておきましょう。

希望する片付けの作業内容を伝えれば、しっかりとお見積りをしてくれるはずです。逆に曖昧な作業内容の指定だと、突然の追加料金などに繋がってしまう可能性がありますので注意しましょう。

片付け業者の6つの選び方

片付け業者の選び方 片付け業者の選び方のポイント
ホームページの内容 作業実績やスタッフの顔写真、会社概要などが明記されているか確認する。情報が不足している片付け業者は避ける
電話対応 ゆっくりと話せる場所で電話対応をしているか確認する。作業現場などで電話対応する片付け業者は避ける
お見積り時の対応 お見積りの内容を分かりやすく説明しようとしているか確認する。曖昧な説明や返事をする片付け業者は避ける
お見積り書 作業内容が明確かどうかを確認する。お見積り書がない片付け業者は避ける
服装や言葉遣い 服装や言葉遣いがちゃんとしているかを確認する。ブルーカラーの業界だからと妥協しないことが重要
清潔感 髪型など清潔感を確認する。不潔だと感じる片付け業者は避ける

片付け業者の選び方は、ホームページの内容から実際のお見積り時の対応といった様々な角度から片付け業者の質を吟味することが大切です。片付け業者の選び方を適当にしてしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので注意が必要です。

片付け業者の選び方を間違ったことによるトラブル実例としては、下記のようなものがあります。

  • 金品の盗難
  • 考えていた内容とかけ離れた作業
  • 不当な高額な追加料金
  • 大切なものを勝手に処分される

片付けを業者に依頼するという事は、ある意味片付け業者と一緒になって部屋・家を綺麗にしていくということに他なりません。もし片付け後に住み続けるならば、なおさら片付け業者との連携は必須でしょう。片付け業者に依頼して良かったと思えるように、片付け業者選びはしっかりと行うようにしましょう。

片付けのことならオコマリ

片付けのことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは片付けについて、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に片付けに詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

 オコマリ
  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • お見積もりは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「片付け」のサービスを見る

お申込みフォーム

名字と名前の間はスペースをあけてください
必ず入力してください
メールでの連絡をご希望の方は必ず記入してください
第1希望
第2希望
第3希望
メールでの返信をご希望の方はその旨をご記入ください

通話無料・受付時間9時〜19時土日祝対応!

Line s お友達追加で
お得クーポン配信!!
専門相談員が対応
無料で電話相談
24時間受付中!
無料メール相談
なんでもお気軽に
ご相談ください!