粗大ごみ回収業者の選び方を紹介します!違法業者には要注意です

受付時間 9時〜19時
土・日・祝日も対応!
通話
無料
0120-916-397 お客さま
サポート
粗大ごみの回収業者と自治体を比較

投稿日:2017年04月30日 更新日:2021年09月06日

粗大ごみ回収業者の選び方を大公開!違法な業者に依頼しないコツも紹介

執筆者のゆーすけ

ゆーすけ |片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

ツイートする
シェア
LINEで送る

粗大ごみを処分しなければならないシーンは意外と多いものです。

例えば、下記のような場合、粗大ごみの処分が必要となることがあります。

頻繁に必要な作業ではありませんが、いざ粗大ごみを処分しようと思った時に、どうやって捨てればいいのか全然わからないとなると途方に暮れてしまいます。

例えば、テーブルひとつだけなら自分たちでもなんとか処分できそうですが、大きな家具や大量のごみを一度に処分しなければいけない場合、自分たちだけで行うのはかなり骨が折れそうな作業です。

そこで今回は、粗大ごみを回収業者に依頼する場合の費用相場と粗大ごみ回収業者の選び方をお伝えしたいと思います。

目次

粗大ごみ回収業者のメリット・デメリットとは?料金相場も紹介!

時間や日にちに制限がある人や、自分たちで粗大ごみを家の前まで運び出せないなど、行政のサービスの粗大ごみ回収を利用できない方も多いと思います。

自分たちの都合に合わせて粗大ごみを回収してもらいたい場合には、粗大ごみ回収業者にお願いするのがもっとも手間がかからず便利な方法です。

まずは、粗大ごみ回収業者に依頼するメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

粗大ごみ回収業者に依頼するメリット

粗大ごみ回収業者に依頼するメリットはたくさんあります。

例えば次のようなポイントです。

最近では、即日対応や土日に回収してくれる業者も多くなってきました。また、自分では難しい備え付けの家具の解体・運び出しなどもプロに任せることができれば安心ですよね。

粗大ごみ回収業者に依頼するデメリット

粗大ごみの回収業者に依頼するデメリットは何かあるのでしょうか?

一番のデメリットは、悪徳業者に依頼するとトラブルに巻き込まれてしまう可能性がある点です。

悪徳業者は不法投棄や不当請求(最初は安く言っておいて、作業後に追加料金を請求すること)を行ってきます。

不法投棄に関しては、不法投棄したのが粗大ごみ回収業者だったとしても、自分の物だとわかってしまうと警察に色々と事情聴取されてしまうのです。

したがって、粗大ごみ回収業者選びは慎重に行うようにして、安心して依頼できる業者にお願いするようにしましょう。

粗大ごみ回収業者に依頼する場合の料金について

粗大ごみ回収業者にお願いする場合、回収の費用は数千円~数万円となり、業者によってかなり異なります。

平均的には1つあたり1,000円~5,000円前後が目安となりますが、会社によっては、回収費用に加えて、解体作業費や階段料金などが別途かかることがありますので、事前に見積もりの段階で確認しておくのがよいでしょう

物が大きいほど回収費用も高くなっていく傾向にあるため、ピアノのような大きく重いものは、1万円以上は処分費用がかかると考えておきましょう。

粗大ごみ回収業者の料金相場は都道府県によって違う!?

粗大ごみ回収業者の料金相場では、大きな差があることをご理解していただけたと思いますが、この差は都道府県によって変わるのでしょうか?

結論から申し上げますと、都道府県によって料金相場が大きく変わることはありません。

では、なぜ料金相場に大きな差があるかと言いますと、業者による違いが原因になります。

粗大ごみの回収業者には、明確な料金相場が定まっていないため、人件費や車両費が自由に設定されます。

したがって、各業者によって粗大ごみの回収料金が大きく変わってくるのです。

粗大ごみの回収を業者に依頼する際は、業者選びをきちんと行いましょう。

粗大ごみ回収業者の選び方を紹介!違法な業者には依頼してはダメ!

さて、ここまで粗大ごみの回収業者に依頼するメリットやデメリット、料金体系に関してお伝えしてきました。

デメリットのところで「悪徳業者に注意しましょう」とお伝えしたとおり、粗大ごみ回収業者の選び方には気をつける必要があります。

ここでは、粗大ごみ回収業者の選び方をお伝えしていきたいと思います。

料金システムがわかりやすい業者を選ぶ

まず大切なことは、選んだ業者が明確な料金システムを提示しているかどうかです。

ゴミの種類によって料金が定められているかも、判断のポイントとなります。

料金が不明瞭であったり、極端に安かったり高かったりする時は、注意が必要です。

一般廃棄物処理業の認可を受けた業者でないと違法!

リサイクルの一般化や、年配の一人暮らしが増えたこともあり、近年は不用品回収業者とそれに準ずるゴミの処分業者が増加の傾向にあります。

中には公的な許可を得ずに営業をおこなっている違法業者もあり、利用者が法外な料金を請求されたり、同時にゴミの不法投棄や転売などの問題も抱えています。

きちんと許可を得ている業者は、ホームページなどにその旨を掲載していることがほとんどです。可能であれば、事前に「一般廃棄物処理業」の許可を保有しているか確認してみることをおすすめします。

一般廃棄物収集運搬許可を持っていない粗大ごみ回収業者は全て違法になりますので注意しましょう。

粗大ごみの引き取りを無料と謳う業者に注意

粗大ごみの回収業者の中には、「無料」と謳っておきながら、実際には高額な費用を請求してくる業者もいるので、注意が必要です。

最新の家電や非常に価値のある家具など以外は、基本的に処分費がかかることを理解しておきましょう。

また、特に住宅街などを軽トラックで回っている粗大ごみの回収業者は、利用しないでおきましょう。

粗大ごみを軽トラックに積んだ直後に、いきなり高圧的な態度で高額な運搬費や作業費を請求されたお客様も中にはいらっしゃいます。

このようなトラブルにならないためにも業者選びには、気を付けてください。

生活ごみの処分もしたい人は回収業者に依頼することをおすすめ

この記事をご覧になっている人の中には、粗大ごみ以外にも生活ゴミを処分・回収してほしいと思われてる方もいるでしょう。

そんな方は、ゴミ屋敷の清掃を行っている業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

というのも、生ごみなどの生活ゴミは、放置することで異臭や虫が湧いてくることがあるため、一般的な回収業者では生活ゴミを回収・処分の対象にしていないことが多いのです。

その点、ゴミ屋敷の清掃業者となれば話が変わってきます。

ゴミ屋敷の清掃業者は、日常的に生ごみなどの生活ゴミを処分しているため、問題なく回収・処分してくれます。

ゴミ屋敷の清掃業者について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

粗大ごみの回収をどの業者に依頼しようか迷われている方へ

全国に粗大ごみの回収を行っている業者はたくさんありますが、その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなど悪質な業者がいることも事実です。

オコマリでは、お客様に安心して粗大ごみの回収を行ってもらうために、料金の見直しや業者の空き時間を活用するなどの工夫をすることで、業界最安値水準の料金を実現しました。もちろん、お見積り後に追加料金が発生することは一切ありません。

また、専門の相談員が親身になってお客様のご相談にのりますので、安心してご依頼頂けます。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・お申し込みはお電話から

午前9:00~午後19:00 土・日・祝日も対応!

本日電話受付終了|受付時間9~19時

無料でメール相談する

フォームから簡単に相談可!24時間受付中!

粗大ごみの回収を行政に依頼する場合のメリット・デメリットとは?

ここまで粗大ごみ回収業者に依頼する方法をご紹介して来ましたが、自分で処分する方法について考えてみましょう。

自治体の粗大ごみの回収サービスをおすすめしたい人は、以下のようなケースに当てはまる方です。

このようなケースの場合、手間はかかりますが、回収業者にお願いするよりも処分費用を安く済ませることができます。

自治体にお願いするメリット

自治体にもよりますが、行政のサービスを利用すれば、粗大ごみ回収業者にお願いするよりも安く処分することができます。

品物によって料金は異なりますが、東京都世田谷区の場合、粗大ごみの処理手数料は、300円〜1,800円、新宿区では、300円〜1,800円の粗大ごみ処理手数料がかかります。

自治体に回収を任せず、自分で指定場所まで運ぶ場合には、さらに安く処分することができます。

自治体にお願いするデメリット

自治体に粗大ごみの処分をお願いする場合には、処分できる対象の品物であるか、あらかじめ確認しておく必要があります。

例えば、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・パソコンなどは、法律でリサイクルが義務付けられているため、そのまま粗大ごみとして自治体に回収をお願いすることはできません。

また、ピアノや消火器、耐火金庫、バッテリー、タイヤなどの普通の方法で処理することが難しいものも、自治体では処分ができないようです。

自治体の回収料金は、行政サービスとして提供しているため、とても安く回収してもらえます。

しかし、回収できるものに制限があったり、回収の日を選べないなどのデメリットがあることも理解しておいてください。

手間はかかりますが、とくに急いで処分することもなく、自分で運び出せる量であれば、粗大ごみ回収業者よりも安く処分することができますので、自分で粗大ごみの処分を検討している方にはおすすめの方法です。

粗大ごみ回収業者と自治体を比較

項目 粗大ごみ回収業者 自治体
費用 1,000円~5,000円程度 300円〜1,800円程度
メリット 希望の日時に粗大ごみを自宅まで回収しに来てくれる 費用が安い
デメリット 悪徳業者に依頼するとトラブルに巻き込まれてしまう可能性がある 回収できるものに制限があったり、回収の日を選べない

粗大ごみ回収業者と自治体を比較してみましたがいかがでしょうか?

メリットやデメリットは、たくさんあるのですが、その中でも一番大きな特徴をご紹介しました。

できる限り粗大ごみの回収において、費用を抑えたい人は自治体に依頼し、費用は多少かかっても楽に作業したい人は業者に依頼すると良いでしょう。

自治体の費用やルールについては、各自治体によって変動しますので、事前にご自身がお住まいの自治体に確認を取っていただくことをおすすめします。

「粗大ごみ回収業者の選び方を大公開!違法な業者に依頼しないコツも紹介」まとめ

ここまで粗大ごみを、処分したいシチュエーションに合わせて、おすすめの処分方法をご紹介してきました

料金のことももちろん気になりますが、信頼のできる業者さんに処分をお願いすることが、結果として自分や周囲のためにもなると思います。

残念なことに、粗大ごみ回収業者の中には、回収したものを適切に処分せずに不法に山の中に捨ててしまったり、後になって高額な料金を請求したりする悪徳業者も存在します。

ホームページや口コミなどで、悪い評判がないか、料金体系はしっかりしているか、スタッフの対応はどうかなど、事前に情報収集をすることをおすすめします。

多少時間や費用はかかるかもしれませんが、スケジュールや予算に合わせて、納得のいく処分方法を選びましょう。

ツイートする
シェア
LINEで送る

不用品回収のことならオコマリ

不用品回収のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは不用品回収について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に不用品回収に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

info ocomari
  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)

不用品回収のサービスを見る

お問い合わせ・お申し込みはお電話から

午前9:00~午後19:00 土・日・祝日も対応!

本日電話受付終了|受付時間9~19時

無料でメール相談する

フォームから簡単に相談可!24時間受付中!

最新記事

不用品回収

投稿日:2017年06月26日 更新日:2022年08月07日

マットレスの処分方法を教えます!種類別に料金相場も解説します

不用品回収

投稿日:2017年06月25日 更新日:2022年08月03日

冷蔵庫の回収が無料になる方法

人形供養

人形供養

投稿日:2017年06月01日 更新日:2022年07月21日

ぬいぐるみの供養を神奈川でできる場所

無料メール相談フォーム

名字と名前の間はスペースをあけてください

お電話受付時間は9時〜19時となっています。電話の折り返しご希望日時をご指定ください。

通話無料・受付時間9時〜19時土日祝対応!

お友達追加で
お得クーポン配信!!
専門相談員が対応
無料で電話相談
24時間受付中!
無料メール相談
なんでもお気軽に
ご相談ください!