掃除が大好き!という人は、本当に珍しいです。

多くの人にとって掃除は面倒、でも、やらなければならないものです。

特に一人暮らしの場合は、すべての家事を1人でこなさなければならず、中でも掃除は大きな負担となります。

キッチンの油汚れや、水回りの掃除は大変で、ついつい汚れたままの状態を長く放置してしまいがちです。

今回は、できるだけ一人暮らしの部屋の掃除を簡単にする方法や、キッチンやトイレ、部屋の具体的な掃除方法、そして、どうしても掃除をする時間がなかったり、片付けられない場合などにはどうすればいいのかをご紹介していきます。

目次

一人暮らしのキッチンの掃除の仕方

キッチンの掃除の仕方

一人暮らしの部屋の掃除で、最初に問題となるのはキッチンの掃除です。

一人暮らしの場合、キッチンを使う頻度も多くはなく、そのため、掃除をする頻度も少なくなってしまうので、油汚れなどがこびりつきやすくなってしまいます。

もちろん、キッチンを使うごとに、しっかりと掃除をすることができればいいのですが、それは手間が大きくなりすぎ、わかっていてもなかなかできることではありません。

ただ、油汚れは、固まってしまう前に拭き取ることが最も効率のいい掃除方法であることも事実です。

そこで、1人暮らしのキッチンの油汚れを簡単に掃除するには、まずは布巾をたくさん用意してください。

一人暮らしの家庭では、布巾や雑巾が少ないことがよくあります。おそらく、通常は1〜2枚の付近しか用意されていないかと思います。

思い切って布巾を4枚以上用意し、すぐに手に取れるようにすれば、あとは簡単です。

目についたらさっと拭くだけ。拭いたあとは、ザッと流して、洗濯機にインしてしまいましょう。ちょっと汚くなったら、少しもったいないかもしれませんが、捨ててしまいましょう。

キッチンの拭き掃除の面倒くさい点は、拭くことよりも、どちらかというと布巾を洗ったり干したりすることです。

たくさんの布巾を用意しておけば、どれかひとつは綺麗な状況で使えますし、他は洗濯機で一斉に洗濯し、ゆっくり乾かせばそれで済みます。

一人暮らしのキッチンの片付けは、布巾を洗う手間をできるだけ少なくすることが大切です。

一人暮らしの洗面台・お風呂の掃除の仕方

お風呂の掃除の仕方

続いて一人暮らしの洗面台・お風呂の掃除です。

一人暮らしの部屋では、キッチンと同様に、洗面台・お風呂の掃除が億劫となり、汚れてしまうことがよくあります。

これも、こまめな掃除が最も効果的です。

ただし、やはり面倒なものです。そこで、まず洗面台には、食器用のスポンジをひとつ常備してください。

毎朝、一拭きでいいので、これでサッと拭く習慣をつけましょう。洗剤などは不要です。とにかくこまめに拭くだけで、汚れは付着しにくくなります。

風呂も同様にこまめな掃除がポイントですが、一人暮らしといえど風呂は大きいため、拭くだけで手間です。

そこで、必ず心がけたいのが、風呂を出る前に全体を水で流すことです。ポイントは水です。

お湯ですと、温度が上がってしまい、雑菌の繁殖の原因になるため、冷たい水で全体を流すことで、汚れと、雑菌の増殖を防ぐことができます。

一人暮らしのトイレの掃除の仕方

トイレの掃除の仕方

一人暮らしのトイレの掃除の仕方もキッチンや洗面台などと同様です。

トイレを使う度とは言わないまでも、1週間に1度はトイレの便座や床の掃除をするようにしましょう。

トイレは特に汚い箇所でもあるので、掃除を敬遠してしまう傾向にあると思います。

しかし、トイレこそ掃除をしなければしないほど、ドンドン汚れていってしまうところです

一人暮らしであればキッチンなどは料理をしない人は殆ど汚れませんが、トイレは毎日必ず使うでしょう。つまり、他の水回りと比較して汚れやすいと言えます。

したがって、一人暮らしのトイレ掃除は他よりも頻度高く掃除するべきなのです。

一人暮らしの部屋を掃除する仕方

一人暮らしの部屋を掃除する女性

さて、ここまで水回りの掃除の仕方をお伝えしてきましたが、最後に部屋の掃除の仕方をご紹介します。

部屋の掃除は、おそらく掃除機をかけたり、コロコロで髪の毛などを取ったりというのはしている事と思いますので、掃除が楽になるちょっとコツをお伝えします。

掃除は上から下へ

一人暮らしの部屋の掃除をする際には上から下を意識して行いましょう

床に落ちているホコリやゴミは目に付きやすいので、何も考えないと床から掃除を始めてしまいます。

しかし、棚の上のホコリ、テレビに付いている汚れなど床よりも上にある物からまずは掃除し始めましょう。

上から始めれば、ホコリやゴミが重量に従って下に落ちるので、落ちた後に床を掃除すれば良いので楽になります。

これを下から行ってしまうと、「下→上→下」という風に再度下を掃除しないといけないので大変です。

物を捨てて掃除を楽ちんに!

掃除をする前に、そもそも部屋に物が多いのではないか?何か捨てられるものは無いか?と考えてみましょう。

物を捨てて掃除を始めるメリットとしては、物が少ない分掃除がしやすくなります。

物が多い部屋では、掃除ができる範囲が限定されてしまう上に、掃除するのに何度も物を移動させる必要があります。

そうなると「面倒だな…」と感じてしまい、途中で挫折する要因になってしまうのです。

したがって、部屋にある不要なものを捨てて、掃除を楽ちんにすることで、掃除がしやすい部屋を作り出すことができるのです。

一人暮らしの部屋の掃除を業者へ依頼する

一人暮らしの部屋の掃除を業者へ依頼

一人暮らしの部屋の掃除には物を捨てることが重要だとお伝えしました。

細々としたものであれば良いですが、タンスや大きな家具・家電だったりすると一人では運び出しできないという事があるかと思います。

また、ハウスクリーニングのようなレベルまでになると個人で行うのは非常に難しくなってしまいます。

そんな時には、一人暮らしの部屋の掃除や片付けを業者に依頼する方が良いでしょう。業者に依頼すれば、自分で行うよりも非常に楽に作業を完了させる事ができます。

では、一人暮らしの部屋の掃除や片付けを業者に依頼する場合、どのような基準で業者を選べばよいのでしょうか?

ここでは2つの選び方をご紹介したいと思います。

お見積り書をしっかり出してくれるか?

まず1つ目の選び方の基準は、お見積り書をしっかりと出してくれるか?という点です。

お見積り書はお客様と業者との間のいわば約束が書かれている文章です。

このお見積り書がない状態というのは、約束はしたもののあくまで「口約束」なので、言った言わないのトラブルが発生しやすいという事になります。

したがって、お見積り書はしっかりと紙もしくはメールで送ってもらうようにしましょう

その際には、どのような条件で追加料金が発生するのかも記述してもらうようにします。

電話やメールの対応が丁寧か?

業者の選び方の2つ目は、電話やメールの対応が丁寧かどうか?という点です。

業者に連絡をした時、電話やメールの対応が丁寧であればあるほど、しっかりとした業者であると考えられます。

もちろん作業をしてもらわないと何も分かりませんが、少なくとも対応が悪い業者と良い業者では、良い業者である方が信頼できることは変わりません。

したがって、電話やメールの対応が良いかどうかをチェックして、良い業者にのみ依頼するようにしましょう

片付けを業者に依頼するならオコマリがオススメ

オコマリを利用する主婦

全国に片付けをしてくれる業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して不用品回収を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの69,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、オコマリのスタッフが1社1社面談して厳選した業者のみになっており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「一人暮らしの部屋の効率的な掃除の仕方」まとめ

一人暮らしの部屋の効率的な掃除の仕方

一人暮らしの部屋の掃除は面倒なものです。とくにキッチンや水回りの掃除は大変です。

そこで、できるだけこまめな掃除ができるよう、布巾やスポンジなどの掃除用品を、手に取りやすい位置に配置しておくようにしましょう。

また、部屋の掃除をする際には「上から下へ」と「物を捨てる」という2つを実践することで掃除が楽になります。

もしご自身で動かすことが難しい家具や家電がある場合には、思い切って業者に片付けを依頼しましょう。その際には、安心して依頼できる業者を慎重に選定してください。

記事を読んで、片付けについて興味を持った方は、下記の記事も参考にしてみてください。

日常生活で発生するお困りごとに関する「オコマリブログ」の運営元のオコマリです。オコマリでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!