ゆーすけ

ゆーすけ|片付け部編集長

片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。

通常の賃貸マンションに住むよりも、高齢者が快適に生活しやすいように環境を整えてあるものを高齢者住宅と一般的に呼びます。

高齢者住宅では、そこで生活する高齢者の人に対して、生活の相談に応じたり、安否確認をしてくれたりします。

今回は、高齢者住宅のことをより具体的に分かりやすくするために、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)として、解説していきます。

目次

高齢者住宅のサービス付き高齢者向け住宅とは?

高齢者住宅のサービス付き高齢者向け住宅にすむ夫婦

「高齢者の居住の安全確保に関する法律」と呼ばれる制度の基準により、介護と医療が連携し、高齢者の安心を支ええるサービスを提供する住宅です。

一般的にこの高齢者住宅はサ高住(さこうじゅう)と略されて呼ばれるようになりました。

サ高住は多くの場合「特定施設入居者介護」の指定を受けており、介護保険サービスを一体で提供するのです。

「特定施設入居者介護」とは?

高齢者が可能な限り自立した生活を日々過ごすことができるように、ある特定の施設に入居している人に対して提供する生活支援(食事の提供等)などのことを言います。

ここで、ある特定とは、高齢者住宅であるサ高住のことも含みます。他には、「介護付き有料老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」が特定施設入居者介護に該当します。

関連記事:特定施設入所者生活介護について詳しく知りたい方はこちら
特定施設入所者生活介護とは

高齢者住宅であるサ高住の入所条件はある?

高齢者住宅のサ高住は原則60歳以上からが条件となり、自立または、要介護認定を受けた結果要支援や要介護状態の人が対象となります。

基本的な考えとして、自分の身の回りのことをできることも条件とされていますが、要介護4や5の重度の人でも対応してもらえるケースがあります。

詳しいことは希望するサ高住に直接問い合わることをおすすめします。

高齢者住宅のサ高住の費用はどれくらい?

高齢者住宅のサ高住の費用を計算する女性

高齢者住宅のサ高住は、一般的には一時金は必要ありません。その代わり、敷金・礼金が必要とされる場合があります。後は月々に掛かる料金があります。

立地条件や場所によって、月々にかかる全体の費用は違いますが、10万円~30万円が多いです。

敷金・礼金

通常の賃貸住宅と同じように、入居と同時に敷金と礼金が必要となる場合があります。これは高齢者住宅によって違い、全国一律で決まっているものではありません。

敷金・礼金が必要かどうか、選択する条件として重要な部分でしょう。

家賃

毎月必ず必要になります。高齢者住宅の部屋を借りて利用する料金です。これも、通常の賃貸住宅と同じようにその場所に住むためには、必要なものです。

管理費

エレベーターの保守管理、共有部分の電気代、清掃、共通の新聞等がこれにあたります。

水道光熱費

自分が使用しただけの、水道代、電気代、ガス代のことです。個別に徴収するのではなく、一律の料金で平等に徴収する施設もあります。

食費

3食の食事に関わる費用が必要です。これには食材や人件費も含まれます。高齢者住宅の多くは食費が必要になります。

オムツ代

個人で購入する場合もあれば、施設でまとめて購入する場合もあります。どちらにしても自己負担になります。

関連記事:サ高住と有料老人ホームの違いについて詳しく知りたい方はこちら
サ高住と有料老人ホームの違い

高齢者住宅のサ高住のメリットとデメリットとは?

高齢者住宅のサ高住のメリットとデメリットを説明する女性

高齢者住宅のサ高住についての概要はお伝えしてきましたが、サ高住のメリットとデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

メリット

  1. 一時金の必要なところが多く、敷金・礼金等だけが最初に必要なだけでよい
  2. 賃貸住宅のような感覚なので、プライバシーが守られやすい
  3. 新しく建設されており、綺麗で清潔感のあるところが多い

デメリット

  1. 介護が重度になると継続して住む事ができない場合があり
  2. 介護が必要になれば外部の事業所と契約して利用する必要がある
  3. 地域によったら、月々の支払いが高額になる

高齢者住宅であるサ高住の最大のメリットは全体的に建物が綺麗で、入居者個々のプライバシーが守られやすいことでしょう。

都市部や経済の中心地では、「高級老人ホーム」として運営されているところが多く、富裕層に人気があります。余生を安心・安全に生活するためには快適な高齢者住宅なのです。

デメリットは、終身利用が出来る保障がないことです。そのため、場合によっては介護をしてもらえる施設に移動する必要があります。安心して高齢者住宅であるサ高住に継続して住めるかどうかの不安があります。

高齢者住宅であるサ高住の根拠となる法律とは

高齢者住宅であるサ高住の根拠となる法律

平成13年4月に「高齢者の居住の安全確保に関する法律」が施行され、高齢者の居住の安定の確保を図り、福祉の増進に寄与することを目的としたものなのです。

この法律は厚生労働省と国土交通省が管轄しており、高齢者住宅のサ高住が代表的な創設になっています。

急激に加速する高齢問題、高齢者の単身及び夫婦世帯の増加が社会問題になっているにも関わらず、他の国々に比べると高齢者の住まいが不足しており、住居を住居の確保が必要になっていました。

そこで、この法律によって安心した住まいを確保しようとされたのです。

「高齢者の居住の安全確保に関する法律」が出来るまで

高齢者の居住の安全確保に関する法律が制定される前には、高齢者住宅に関する3つの登録制度がありました。

登録制度が3つもあると、利用する側は何が違うのか混乱してしまうことが多く、十分に理解が得られないのが現状でした。

この問題を解決するために一本化されたのがこの法律なのです。それでは、次に3つの法律を解説します。

高齢者円滑入居賃貸住宅

高齢者であることを理由に高齢者住宅の入居を拒まれることがない賃貸住宅をその貸主が登録をし、その情報を多くの人に提供する仕組みとして設けられた制度でした。

高齢者専用賃貸住宅

高齢者に限定される賃貸住宅です。しかし、バリアフリーや介護サービスに関する規定はありませんでした。

高齢者向け優良賃貸住宅

バリアフリーが基本となっている住宅で、食事や洗濯、掃除の支援を受けられる住宅でした。また、緊急時の対応のサービスもありました。

高齢者住宅であるサ高住に入居する前にしておくこと

高齢者住宅であるサ高住に入居する前にしておくこと

サ高住に入居する!となった際、入居前にするべき事はどのような事があるのでしょうか。

ここでは4つのしておくことをご紹介します。

介護が必要になった場合どうするか考えておく

これまでお話してきた通り、身体状態が悪くなり介護が必要となった場合、サ高住を出て他の施設に移るようにするのか、外部のサービスを利用して継続して住み続けるのかを検討しておく必要があります

しかし、これらのことは、一方的に利用する側が考えておくだけではいけません。契約の際に、しっかり話をしておいて、その時になって慌てないようにしておく必要があります。

医療についてどうするか考えておく

介護と同時の問題になるのが医療です。高齢者には病気やケガが付きものです。これまでのかかりつけ医(主治医)に継続して身体を観てもらうのか、サ高住の近隣病院または契約病院に任せるのかも決めておく必要があります。

介護と医療は一体となって高齢者の支援を行なうものですので、とても大切なことです。必ず事前に検討しておきましょう。

終末期について考えておく

高齢になり、特別な疾患に罹患したり、ケガをすると一気に生活のレベルは落ちてしまいます。場合によっては寝たきり状態になり、認知症の発症も決して珍しいことではありません。

そこで、考えておかなければならないことは、最期をどのような形で送るかということです。

具体的には延命治療のことですが、点滴や酸素を24時間行ないながら命を最優先するのか、それとも自然な流れで死を迎えるのかを自分で考えて、それを残された家族に伝えておく必要があるのです。

状態が悪くなり、病院に運ばれると医師から必ず「どこまでの治療を望むのか?」と尋ねられます。その時に、すぐに答えられるようにしておくのです。

生前整理について実施や検討をしておく

サ高住に入居するとなると、それまで生活していた場所から離れることになります。

人によっては、自宅は残しておきながらも、入居する人もいます。また、全ての家具・家電等の荷物を整理・処分してからサ高住に移る人もいます。

どちらにしても、すでにある荷物をある程度、整理・処分してから入居することをおすすめします。

そんな時に役に立つのが「生前整理業者」なのです。

関連記事:生前整理について詳しく知りたい方はこちら
生前整理とは

生前整理整理業者の上手な選び方

生前整理・遺品整理業者を選ぶ夫婦

生前整理業者に依頼して片付けてもらおう!と思ったら、まず見積もりを依頼するようになると思いますが、電話での対応が良いかをしっかり観察しておきましょう

電話の対応が明らかに悪い業者に、現場での対応が良いわけがありません。電話対応は質の高い業者を見抜く一つの手段なのです。

実際に見積もりが出たら、内容は詳しいか、納得できない金額は入っていないかの確認も忘れてはいけません

このような業者に依頼するのは、多くの人が初めてです。利用する側は相場や金額の出し方がよく分からず、言われたままを受け入れることが多くなるので、注意が必要なのです。

生前整理を依頼するならオコマリがオススメ

オコマリを利用する主婦

全国に生前整理業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して生前整理を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの79,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている生前整理業者は、オコマリのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「高齢者住宅とは?」まとめ

高齢者住宅に住む女性

高齢者住宅であるサ高住は都市部では高級老人ホームとして人気があり、さらに特別養護老人ホームの待機者にも人気があります。

介護保健施設に入所するよりも、費用はかかりますが、元気な高齢者にとって余生を精一杯楽しく過ごすために、人気があるのです。

高齢者住宅は高齢者のことを第一に考えられているので、快適に生活することができます。

ただし、介護が必要になった場合は、外部の介護保険サービスを利用する必要があるので注意が必要です。

みなさんの近所にも高齢者住宅のサ高住が開設されているようであれば、一度どのようなものか見学に行ってみてはいかがでしょうか。

記事を読んで、介護施設に興味の持った方は、下記の記事も参照ください。

生前整理のことならオコマリ

生前整理のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは生前整理について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に生前整理に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「生前整理」のサービスを見る