部屋が汚いと感じて、片付けを始めたけれど、一日頑張っても片付かない、きれいにならない、などということはありませんか?

汚い部屋を片付ける途中でイヤになって止めてしまい、自分でうんざりする、ということを繰り返す方は、汚い部屋の片付ける方法が分かっていないからかもしれません。

今回は、汚い部屋を片付ける方法や手順をお伝えしていこうと思います。

目次

汚い部屋を片付ける前の心構え

汚い部屋を片付ける準備

汚い部屋を片付け始める前には、心構えが大切です。

なぜ汚い部屋になったのか考える

「掃除が嫌い、片付ける事が面倒だ、という日々を送るうちに汚い部屋になっていた」というのは汚い部屋の住人からよく聞く話です。

しかし、なぜ片付けや掃除がイヤなのでしょうか。

汚い部屋を片付けるが面倒なのは、収納が少ないとか、家具が自分の習慣に合っていないとかの原因があるかもしれません。

持ち物の量より収納が少なければ、中に物が入らないので、部屋の中に置いてしまうことになります。

家具の選び方が合っていないと、散らかることがあります。

例えば、ハンガーにかける服が多いのに、ハンガーをかける収納が少ない、色々な大きさの本があるのに、カラーボックスを本棚の代用にしている、などの場合はうまく収納できず、部屋の中に置いてしまうことになります。

また、自分の生活サイクルに合わない片付け方をしようとしては、挫折していたのかもしれません。

このようにして、自分が片付けることが嫌いになった原因を考えるのは、汚い部屋からの脱出への一歩を踏み出すことになります。

汚い部屋をどう改善したいか考える

汚い部屋を片付けるためには、片付け始める前に、収納がどれくらいあるかを確認し、家具などの配置はどうしたいか考えてみましょう

家具の配置を変えることを考えるだけでも、汚い部屋の改善策が見えてくるかもしれません。

自分がこの部屋をどうしたいかを考えながら、汚れ具合や散らかり具合を点検してみましょう。

汚い部屋を改善するという気持ちを強く持つ

汚い部屋を片付ける心構えとして、最後までやり通すという気持ちは必要です。

汚い部屋に住むことは、心理的にも良い影響はありません。下記では汚い部屋に住むことのデメリットとキレイな部屋にするメリットをお伝えします。

汚い部屋ではイライラが溜まる

汚い部屋では、探しているものがなかなか見つかりません。

いくら、散らかった汚い部屋で生活することに馴れているとしても、物を探す時間が長いとイライラするものです。

汚い部屋を片付けた方が良いのは分かっていても、なかなか片付けることができない状態では、自己嫌悪になったり、罪悪感を持ったり、負の感情ばかりが大きくなってしまいます

誰かが訪ねて来たいと言っても部屋が汚いので来てもらえない、疲れて帰って来て、散らかっている物を踏みながら散らかっている汚いベッドに向かう、などということが楽しい気持ち、明るい気持ちに繋がるはずがありません。

汚い部屋は健康を害する

また、汚い部屋には、目に見えない細かいチリや、細菌が混じったホコリが漂っています。

それらの汚いものを吸い込んでいると、体調にも悪影響ができます。

きれいな部屋の方が断然良い

汚い部屋に住んでいるより、きれいに片付いた部屋に住んでいる方が心身ともに健やかに過ごせることは間違いないのです。

汚い部屋から脱出できたら生活が変わる、という気持ちは強く保つようにしましょう。

汚い部屋を自分で片付ける方法

汚い部屋を自分で片付ける女性

汚い部屋を片付けるには、思いついたからといって、何の用意もせずに始めると途中で挫折します。

汚い部屋を付けるためには、片付けるための準備をしっかりすることが大切です。

汚い部屋を片付ける手順1 – 必要な物を用意する

汚い部屋を片付ける時や、掃除する時には何が必要でしょうか。

汚い部屋を片付ける際には下記のようなものを用意するようにしましょう。

  • ゴミの分別表
  • 自治体の燃えるゴミ、燃えないゴミの袋
  • ダンボール箱
  • 透明か半透明のポリ袋(45ℓ~70ℓまで)
  • 掃除機
  • 雑巾
  • バケツ
  • 住宅用洗浄剤(セスキなど)
  • ハンディモップ
  • ほうき
  • ゴム手袋
  • 軍手
  • マスク
  • マジック(分別をダンボール箱などに書くためのもの)
  • ガムテープ(ダンボールの組み立て用)
  • PPテープ(新聞紙などをくくるためのもの)

汚い部屋を片付ける手順2 – ダンボール箱とポリ袋の使い分ける

汚い部屋を片付ける手順2は、ダンボール箱とポリ袋の使い分けを行います。

ダンボール箱は、無料のものでOK

ダンボール箱は、汚い部屋を片付ける途中で、一時的に物を保管するための物ですので、立派な箱を購入する必要はありません。

スーパーやホームセンターでは、ダンボール箱を無料で持ち帰って良いようにしていますので、それを使うことで十分です。

ちなみに、ダンボール箱には本や尖った物など、ポリ袋では破れてしまうものを入れますが、持ち上げて運ぶことを考えて、自分が持ち上げられる重さにおさまる程度の箱を選びましょう。

形は、ペットボトルの箱でもみかん箱でも、自分が使いやすいと思うものでかまいません。

準備する数は、部屋の物量によりますが、10箱程度は用意しておきましょう。

何を入れるか分かりやすいように、マジックで「コミック」「雑誌」「ゲーム」などと書いておくと、片付けることがラクになります。

不要になったら、お店に返しに行くか、ゴミの日に処分すれば良いだけですので、多く持って帰ったからと言って困ることにはなりません。

ポリ袋は、柔らかいものを入れる一時保管用

ポリ袋は、布類など柔らかいものの一時保管に使います

布類をダンボール箱に入れて行っても良いのですが、中身が見える方が、洋服か下着かなどがすぐに分かりますので、ポリ袋に入れてまとめて行く方が後の分別に便利です。

準備する量は、20枚~30枚程度を目安にします。

大きさを45ℓ~70ℓとしたのは、布製品をまとめるとかなりな重さとなりますので、90ℓなどの大きな物を使うと運ぶ時に引きずってしまうことになりかねません。

体力的にも疲れてしまいますので、70ℓまでにしておいた方が無難です。

汚い部屋を片付ける手順3 – 片付けにかける時間を作る

片付ける人

汚い部屋を片付けたり掃除したりすることは、普段片付けや掃除に馴れているひとでも時間がかかります。

汚い部屋といっても、生ごみなどは捨てていて不潔な状態ではない、物は多いけれど次々に収納していけば片付く、という程度であれば、一日で完了することもあります。

しかし、異臭を放つものがある、いつ掃除したか覚えていないなどの場合には、片付ける作業に不慣れな人は一日で片付けてしまおう思わないようにしましょう

一日で片付けてしまうつもりが、片付ける作業が半分も終わらないということになってしまうと挫折感が強く、もう片付けるのがいやになった、などということになりかねません。

途中で片付けるのを止めて、汚い部屋に戻ってしまうより、達成しやすい目標を作って一つ一つ片付ける作業をこなしていくことも、汚い部屋を片付ける方法の一つです。

汚い部屋を片付ける手順4 – 掃除用の服装にする

汚い部屋を片付ける時は、服がホコリだらけになります。

汚い部屋を片付けるには、トレーナーの上下やジーンズとトレーナーなどの服装が作業に適しています。

スカートや半ズボンなどは、服かに出ている部分が汚れたりケガしたりすることがありますので、おすすめしません。

また、片付けるために動き回るので厚着はしない方が動きやすいです。

汚い部屋を片付ける手順5 – ゴミの片付け方

汚い部屋の住人は、ゴミの分別がわかっていない、ゴミの回収日を覚えていないというひとが多いので、汚い部屋を片付けるためには、まず、ゴミの分別を確認することから始めましょう

分別表がなくても、自治体のホームページに細かく書いてありますので、これは不燃物か燃えるゴミかと迷った時に、品目を入力して検索することもできます。

あきらかに燃えるゴミに分別すると分かるものは、迷わずにゴミ袋に入れて行きます。

ビンや缶を捨てる時に、中身を処分する必要がある場合は、別の場所にまとめておいて、片付ける作業の最中に中身の処分を行わないようにします。

片付ける作業を中断して別の作業をしてしまうと、なかなか片付ける作業が進まなくなってしまうからです。

中身の処分は、片付ける作業が済んでから取り掛かってください。

ゴミの回収日に合わせて片付けると、部屋の中にゴミ袋がいくつも転がったまま生活することが避けられます。

ゴミの量が目に見えて減ることと、片付けているという実感が沸いて、次にゴミを出すのが待ち遠しくなりますよ。

燃えるゴミも燃えないゴミも、自治体の回収では一度に出せるゴミ袋の数が決まっている場合がありますので、その点も確認しておきましょう。

汚い部屋を片付ける手順6 – 掃除

汚い部屋を片付ける時は、掃除と並行で行うことになります。

足場もないほど散らかっている部屋で、片付けを行おうとすると、物の上を踏んで収納スペースに運ぶ、ということを繰り返すため、若い方でも早い段階で疲れてしまい、挫折してしまいます。

まず、部屋の足場を確保することから始めましょう

この時は、たたむ、揃えるなどの行為はせず、確保したスペースにダンボール箱やビニール袋を置き、必要なもの、捨てるものなどの大きな分別で分けて入れていきます。

まとめたものは、部屋の一箇所にまとめて置きます。

汚い部屋の掃除をする時には、高いところから下へ向かって掃除するということがポイントです。

汚い部屋では、電灯のカサやタンスの上にホコリが溜まっているはずです。

床の掃除をしてから上の方を掃除すると、また床にホコリが散らかって掃除や片付ける作業が必要になるため、汚い部屋では上から下へ掃除することを覚えて下さい。

高いところのホコリを下へ落としてから、掃除機をかけて雑巾で拭き掃除をしますが、床の汚れ具合によっては、掃除機のヘッドを付けたままでは髪の毛や糸くずが絡んだり詰まったりする場合もあります。

そうなると、ヘッド自体の掃除が必要になってしまいますので、汚い部屋の分厚くホコリが溜まっている場所では、ヘッドを外して掃除をする方が無難です。

また、汚い部屋の拭き掃除では、水拭きではなく住宅用洗剤を使っての拭き掃除になることが多いため、素手で行うよりゴム手袋をした方が洗剤かぶれなどを起こしにくいです。

皮膚が弱い人や切り傷などある人は、ゴム手袋の着用をお勧めします。

汚い部屋を自分で片付けられない場合は業者に依頼

業者に依頼して汚い部屋を片付ける

汚い部屋を自分で片付ける方法を色々書いて来ましたが、どうしても自分では汚い部屋を片付ける時間を作ることができない、汚い状態がひどすぎて自分の手では片付けることが無理などの場合には、思い切ってゴミ屋敷清掃業者に部屋の片付けを依頼するのも一つの方法です。

汚い部屋の片付けは、自分でできればそれが一番ですが、もしそれが出来ていたのなら、汚い部屋にはなっていなかったでしょう。

家族や友達に手伝ってもらうのも気が引けますし、その後の人間関係に影響がないとも限りません。

そういう時には、プロの業者に依頼するのが一番のおすすめです。

ゴミ屋敷清掃業者は、知識と経験豊富な専門のスタッフが、短時間で確実な片付けを行います。周りの人に知られないように作業することができるのも大きなメリットです。

ごみの処分やリサイクルまで行ってくれる業者も多いので、大変便利な上に効率的です。

費用が発生しますが、今の汚い部屋から抜け出し、身軽になって新しい生活へ踏み出すことができると考えれば、決して高いものではありません。

汚い部屋の片付けに悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

業者に依頼するならオコマリがオススメ

オコマリを利用する主婦

全国に汚部屋の清掃業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して汚部屋清掃を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの99,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている汚部屋の清掃業者は、オコマリのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「汚い部屋を片付ける方法と手順」まとめ

汚い部屋を片付ける方法

汚い部屋を片付ける事は、かなり大変です。

しかし、自分が汚い状態にした部屋を、自分できれいな状態の部屋にすることは、自分にもちゃんと片付けることができる、という自信に繋がります。

汚い物がなく、部屋のどこに何が収納されているか分かる、自分が出し入れしやすいところに欲しいものがある、というのは気持ちが良いものです。

きっと、汚い部屋に暮らしていた時より、ずっと楽しい生活が送れることでしょう。

自分自身のために、汚い部屋からの脱出に挑戦しましょう!

記事を読んで、汚い部屋の片付け方法についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

日常生活で発生するお困りごとに関する「オコマリブログ」の運営元のオコマリです。オコマリでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!