せいじ

せいじ|壁紙・床張り替え部編集長

父親が大工をやっていたため、幼いころから家の組み立て作業を見ながら育ちました。高校卒業後は父親の会社を手伝いながら、リフォーム業者の作業員としても働いていました。独立後、主に家のリフォーム作業を多く手がけています。壁紙から床の張り替えまで多くの実績と経験があります。誰にでもわかりやすいように、壁紙や床の張替え作業について解説します。

壁紙の張り替えを行いたいけれど、業者に依頼したら費用はいくらになるかご存知でしょうか?

壁紙の張り替えの業者に依頼すると、40平方メートルで約60,000円になります。

壁紙の張り替えは素人では難しい作業になります。

そのため、業者に依頼することになりますが、業者を選ぶ際には幾つかの注意点があります。

業者選びに失敗すると、納得のいく部屋に仕上がらないこともあります。

依頼をする前にこの記事を読んで、業者選びの参考にしてください。

目次

壁紙張り替え業者の一般的な料金相場

壁紙張り替えを業者に依頼した際の一般的な料金相場を紹介しておきましょう。

壁紙の張り替えは、張り替える面積や壁紙の種類によって料金は変動します。

今回ご紹介する料金相場は、壁紙の張り替える面積を基準にしています。

壁紙張り替え料金は、壁紙の種類や張り替え面積によって変動します。ので、壁紙張り替えを業者に依頼する際には、自身が張り替える面積や場所、壁紙クロスの種類を選んで料金を聞くようにしましょう。

壁紙張り替え・リフォームの費用相場
面積費用相場
30平方メートル(6畳以下)50,000円~
40平方メートル (6畳)60,000円~
50平方メートル (8畳~10畳)70,000円~
60平方メートル (12畳以上)80,000円~
70平方メートル (15畳以上)90,000円~
80平方メートル (18畳以上)100,000円~

地域別の壁紙張り替え業者の料金相場(都道府県別)

壁紙の張り替え業者に依頼した場合は、地域によっても多少の料金の変動があります。

業者に依頼しての壁紙の張り替えの料金の変動理由には車での移動距離が長い場所であったり、自治体によってゴミ処理料金が異なることが挙げられます。

ここでは都道府県別に40平方メートルの壁紙の張り替えをする場合の料金相場を一覧にしました。

ただし、こちらの一覧は料金相場であるため、参考にした後は必ず業者に連絡をして料金を聞いてみましょう。

都道府県別の壁紙の張り替えの料金相場(40平方メートル)
都道府県壁紙の張り替えの料金相場
北海道53,000円
青森県81,000円
岩手県85,000円
宮城県68,000円
秋田県72,000円
山形県85,000円
福島県68,000円
東京都68,000円
神奈川県85,000円
埼玉県90,000円
千葉県58,000円
群馬県73,000円
栃木県76,000円
茨城県66,000円
長野県68,000円
新潟県49,000円
富山県91,000円
石川県58,000円
福井県45,000円
山梨県79,000円
愛知県68,000円
静岡県72,000円
岐阜県31,000円
三重県66,000円
大阪府44,000円
兵庫県73,000円
奈良県60,000円
京都府102,000円
滋賀県59,000円
和歌山県64,000円
岡山県55,000円
広島県57,000円
鳥取県51,000円
島根県78,000円
山口県63,000円
香川県56,000円
徳島県59,000円
愛媛県77,000円
高知県71,000円
福岡県88,000円
大分県59,000円
長崎県113,000円
佐賀県72,000円
熊本県77,000円
宮崎県69,000円
鹿児島県61,000円
沖縄県77,000円

壁紙張り替え業者に依頼した場合の料金の単価内訳

壁紙張り替えを業者に依頼した場合の料金相場は見てきましたが、どのような料金項目が入っているのか気になりますよね。

ここからは、壁紙張り替えの料金の内訳単価を詳しく解説していきましょう。

内訳を知っていれば、業者の方と費用面の相談をすることも可能です。

壁紙張り替えの内訳単価は以下の通りとなります。

  • 壁紙張り替え作業員の人件費
  • 古い壁紙の廃材処分料金
  • 家具などの養生料金
  • 輸送や車両の料金
  • 壁紙クロスの料金
  • 壁紙クロスはがしの料金

それぞれの費用について詳しく解説していきましょう。

壁紙張り替え作業員の人件費

壁紙張り替えには人件費がかかります。

壁紙張り替えの作業は規模も大きく、細かい部分の作業は難しいポイントも多くあります。

そのため専門の作業員が壁紙の張り替えを行う事になります。

素人の方が行うよりも、早くて正確な作業をすることができます。

そのため、人件費は業者に依頼した際の必須の料金となります。

業者に依頼して、確実にキレイに壁紙を張り替えたいと考える場合は、人件費が入っていることを認識しておきましょう。

壁紙クロスの料金

壁紙張り替えのクロス料金も内訳に入っています。

壁紙の張り替えを行う際には、あらかじめ自身の気に入った壁紙を選ぶ事になります。

壁紙クロスには、凝ったデザインや高い機能性があるものもあり値段が上下します。

選んだ壁紙がそれなりに高額なものであれば、壁紙張り替えのトータル料金も高額になります。

壁紙クロスの値段は、張り替えの料金のトータル料金に大きく影響するためきちんと選ぶようにしましょう。

自身に納得のいくインテリアにするためには、壁紙クロス選びを失敗してはいけません。

壁紙クロスを選ぶ際には、専門の相談員などに自身の要望を伝えて相談してみることも大事でしょう。

古い壁紙の廃材処分料金

古い壁紙の廃材処分料金も内訳には入っています。

驚く方もいるかもしれませんが、古い壁紙は廃材となります。

これらの廃材をゴミとして処分する際には料金が発生します。

自分で壁紙の張り替えをする場合は、廃材をゴミ処理場まで運んで処分しなければいけません。

壁紙張り替え業者に依頼すると、古い壁紙などの廃材やゴミも一緒に処理をしてくれます。業者はこれらの廃材をゴミ処理場で処分してもらうため料金が発生するのです。

壁紙張り替えを業者に依頼する場合には、廃材の処理料金も発生することを覚えておきましょう。

家具などの養生料金

業者の作業員が壁紙張り替えを行う際には、他の家具や床・天井などの養生をすることになります。

この養生料金も内訳に入っています。

壁紙を張り替える作業は、大規模になるため少しのミスで家具や床などに傷をつけてしまいかねません。

あらかじめ傷がついてしまいそうな部分には養生をしておき、傷や汚れが付かないようにします。

作業後もキレイに部屋を使うための予防になりますので、料金が発生するのです。

壁紙張り替えの料金には養生料金も入っていることを認識しておきましょう。

輸送や車両の料金

壁紙張り替え料金の中には、輸送や車両の料金も入っています。

壁紙張り替え業者は基本的に車で依頼者の家に向かいます。

車のガソリン料金や駐車料金、輸送している道具などにも経費がかかります。

そのため、業者に依頼する際には内訳として輸送や車両の料金も入っているのです。

また、壁紙を張り替える部屋にピアノなどのような大きくて重いものがある場合は移動させなければいけません。

こういった物に関しては作業員が移動させますが、重量のあるものを移動させるにも料金が発生します。

もしも、これら重量のあるモノを移動させる料金を削りたい場合は、作業日の前にあらかじめ自身で移動させておくことが必要になります。

壁紙クロスはがしの料金

壁紙クロスのはがし料金も内訳に含まれています。

壁紙の張り替えを行う際には、古い壁紙をはがして下地を整えるというプロセスがあります。

この壁紙はがしと下地作りは、素人には難しい作業です。

下地作りの段階で失敗していると、新しい壁紙に張り替えたとしても凸凹ができてしまったり空気が入ってしまいます。

また、古い壁紙をはがしてから、壁紙と下地の間にカビが発生していることもあります。

この場合は、キレイに掃除してから消毒をしてカビを一掃する必要があります。

壁紙の張り替え料金には、壁紙クロスのはがし料金も入っています。

関連記事:壁紙張り替えの料金相場について詳しく知りたい方はこちら
壁紙の張り替え費用相場とは?面積や場所ごととDIYの費用を表にして解説

DIYと業者に依頼した場合の料金の違い

ここまでで、壁紙の張り替えを業者に依頼した場合の料金相場や内訳について解説してきましたが、壁紙の張り替えは自分で行う事も可能です。

自分で行えば、業者に依頼するよりもトータルとして安い料金で張り替えができます。

自分で壁紙の張り替えをした際にかかる料金は以下の通りです。

40平方メートルの壁紙を張り替えた場合の料金の目安になっています。

自分で壁紙張り替えをした場合の費用の目安
壁紙の種類費用の目安(40平方メートル)
量産型の壁紙31,000円程度
一般的な壁紙53,000円程度
シール壁紙55,000円程度
関連記事:自分で壁紙張り替えを行う方法について詳しく知りたい方はこちら
【diy】壁紙の張り替えを自分で行う手順!簡単に終わらせる方法も紹介

壁紙の張り替えを業者に依頼した場合にかかる時間の目安

壁紙の張り替えを業者に依頼した場合にかかる時間も気になりますよね?

下記には壁紙の張り替えを業者に依頼した場合の時間を張り替えをする面積毎に表にまとめてみました。

ちなみに、壁紙の張り替えを行う際の業者の作業員は、通常の広さであれば3名が最大と思っておきましょう。

業者に依頼した場合にかかる時間
面積作業時間の目安
30平方メートル半日程度
40平方メートル半日~1日程度
50平方メートル1日程度

業者に依頼することで自分で行うよりも大幅に時間を短縮させることが可能になります。

また、作業中に依頼者は特に何もする必要はありません。

作業時間をある程度知っておけば、他の用事を済ますことも可能です。

住みながらの作業の場合は多少時間がかかってしまいますが、自身の都合によって作業工程を交渉できます。

壁紙の張り替え業者を依頼する際の注意点

壁紙の張り替えを行う時には専門の業者に依頼することがキレイに仕上げるためのおすすめの方法です。

しかしながら、壁紙の張り替えは頻繁におこなうようなことでは無いため、どこの業者に依頼して良いのか分からないこともあります。

金銭的なトラブルなど何か問題が起きてしまうのではないかと、不安になることもあるでしょう。

そのため、業者の選び方に失敗はしたくないものです。

優良な業者を選ぶには注意点があります。注意点は以下の通りとなります。

  • 張り替え値段が明確になっているか
  • スタッフの対応はしっかりしているか
  • 万が一の補償がついているか
  • 実績や評判が良い業者か
  • 経験の長い作業員が在籍しているか

それぞれの注意点を詳しく解説していきましょう。

壁紙張り替え値段が明確になっているか

業者を選ぶうえで大事な点は、張り替え値段が明確になっているかどうかです。

業者に依頼するにあたって、値段がどのくらいかかるかは気になります。

業者の方で明確な値段が提示されていなかった場合は、依頼を避けた方が良いでしょう。

壁紙の値段は基本的に、面積と素材のグレードで表示されています。

面積は通常、平米(平方メートル)で表記されています。

しかし、たまに壁紙の値段表の面積部分が「畳(帖)」で表記されていることもあります。

壁紙は天井までの高さなども関係してくるため、床の面積で表示される「畳(帖)」は用いません。

料金表は平米と値段が明確な業者に依頼しましょう。

スタッフの対応はしっかりしているか

業者を選ぶ際に注意すべき点として、スタッフの対応がしっかりしているかどうかも挙げられます。

優良な業者は、作業員から受付のスタッフまで教育が行き届いています。

そのため、依頼者の相談に寄り添って丁寧な対応をしてくれます。

実績が無く、評判の悪い業者は受付のスタッフが依頼者へ横柄な態度で接することもあります。

作業をする前には、下見と見積もりもあります。

丁寧な作業員であれば、見積書の内訳などを詳しく、わかりやすく説明してくれます。

依頼の相談や下見の時に会った作業員の対応がしっかりとしている業者に依頼するようにしましょう。

万が一の補償がついているか

業者を選ぶ際には万が一の時の補償がついているかどうかも注意点です。

優良な業者であれば、万が一部屋に傷を付けてしまった場合のために保険に入っています。

作業員の過失を依頼者柄に負担させないようにするためです。

経験のある作業員であれば、細心の注意を持って作業を行います。

また、作業前にはきちんとした養生を行い部屋や家具を傷つけることの無いように予防します。

そのため、作業員の過失によって部屋や家具が傷つくことはありません。

しかしながら、熟練の作業員も人間です。

手がすべって傷を付けてしまう事もあるでしょう。

そんな時に保険に入ってれば、きちんと傷ついた部分の修繕費を負担してくれるのです。

業者と契約をする前には、きちんと保険に入っているかどうかも確認しましょう。

実績や評判が良い業者か

実績があり、評判が良い業者確認することも優良な業者を選ぶためには大事な要素です。

優良な業者は長期間の営業を行っていて、依頼者からの評価も高いものです。

インターネットなどの広告やホームページで壁紙を張り替えてくれる業者を見つけたら、更に会社の口コミや評判も確認しましょう。

そして、その会社の営業年数を会社紹介などで確認することも忘れないようにしましょう。

きちんとした優良な業者であれば、ホームページもしっかりと作られていて、営業年数も長い傾向があります。

業者に依頼をする前に、ホームページで実績や口コミ、評判などを確認するようにしましょう。

経験の長い作業員が在籍しているか

業者には経験の長い作業員が在籍しているかどうかを確認することも大事です。

壁紙の張り替え作業は細かい部分が多く、素人には難しい作業です。

依頼する業者に熟練の作業員が在籍していれば、安心して作業を任せることができます。

依頼する際には先に、業者に連絡をすることになります。

無料相談の電話やメールなどで、作業員について質問してみるのも良いでしょう。

壁紙の張り替えは大規模な作業であり、失敗は出来ません。

依頼しようとしている業者に熟練の作業員がいるかどうかを確認することも行っておきましょう。

壁紙張り替えを業者に依頼するメリット

壁紙の張り替えを業者に依頼するメリットを紹介していきましょう。

壁紙の張り替えは自分でやるよりも業者に依頼した方が料金が高くなります。

その分、業者に依頼することで得られるメリットは多くあります。

具体的には以下のメリットになります。

  • 壁紙張り替え作業の手間や時間がかからない
  • インテリアのイメージを相談できる
  • 壁紙の仕上がりは補償付き

業者に依頼するメリットには、依頼者自らスタッフに質問をしてみるなど積極的に動くことで得られることもあります。

これから詳しくメリットを説明していくので、業者を賢く使って自身の壁紙張り替えを納得のいくものにしましょう。

壁紙張り替え作業の手間や時間がかからない

壁紙張り替えを業者に依頼した場合には、自分で行うのに比べて手間や時間がかからないのが最大のメリットでしょう。

壁紙の張り替えは素人では難しい細かい作業も多いです。

一つひとつのプロセスを丁寧に行わなければ、仕上がりが悪くなります。

専門の壁紙張り替え業者は作業のすべてのプロセスに慣れているため、手際も良く作業時間が短くなります。

作業をしている間は、依頼した方が行う事は何もありません。

作業中は自身の予定を入れていても構いませんし、何らかの別作業をしていることも可能です。

作業時間を短縮させたい場合は、依頼時に作業員を増やしてもらうようにしましょう。

作業員を増やせば、なるべく早く作業を終わらせてもらえることになります。

壁紙張り替えを業者に依頼すると、自身では何もすることは無く作業も早く終わります。

インテリアのイメージを相談できる

壁紙張り替えを業者に依頼すると、自身のインテリアの全体的なイメージを作業員や作業員に相談することが可能です。

壁紙は部屋の多くの面積を占めているため、インテリアに大きく影響をします。

壁紙で部屋の雰囲気のほとんどが決まると言っても過言ではありません。

そのため、壁紙のクロス選びや部屋全体の統一感などは失敗ができません。

同じ部屋で長期間生活している方にとっては、自身の部屋を客観的に見ることができなくなっています。

第三者からの目線や、多数のインテリアのリフォームをしてきている専門の方と相談すれば、自身で納得のいくイメージができるでしょう。

部屋のリフォームは、あらかじめ仕上がりをイメージしておくことが重要になります。

仕上がりをイメージ通りにしたい場合は、積極的に相談員にインテリアの相談をしてみましょう。

壁紙の仕上がりは補償付き

壁紙張り替え業者なら、作業の仕上がりや万が一の事故は補償付きです。

自分で壁紙の張り替えを行った場合は失敗してしまう事もあります。

自分で張り替えをした場合は、失敗しても自分でやり直すことになります。

そうなってしまうと、時間や手間、そして材料費も余計にかかってしまいます。

その点で業者に依頼した場合は、もしも業者が失敗してしまったとしてもやり直すのは業者です。

余計なお金を請求されることはありませんし、依頼者の手間が増える事もありません。

業者に依頼した際の補償は、インテリアの面だけではありません。

専門の作業員は細心の注意をしながら作業を行いますが、作業員も人間です。

たまには床や他の家具などを傷つけてしまう事もあります。

そういった場合でも、業者に依頼していれば傷や汚れが付いてしまった時でも補償してくれます。

専門の業者に依頼することのメリットは、万が一の時でも補償してくれるという点にあります。

壁紙張り替えを業者に依頼することのデメリット

壁紙の張り替えを専門の業者に依頼することは、これまでに説明してきたように多くのメリットがあります。

ただし、業者に依頼することもデメリットがあります。

主なデメリットは以下の通りです。

  • インテリアのイメージと違っていた
  • 壁紙にしわやはがれがある
  • 雑な作業をする業者に依頼してしまった

ここに挙げたデメリットは、依頼者からの相談で実際に起こった事例です。

業者に依頼することによるデメリットをあらかじめ知っておけば、対策をしておくことも可能です。

業者に依頼する際には、デメリットがあることも詳しく知っておきましょう。

ここからは、壁紙張り替えを業者に依頼することのでメリットを詳しく解説してきましょう。

インテリアのイメージと違っていた

壁紙の張り替えを業者に依頼してから、作業が終わると仕上がりが自身のインテリアのイメージと異なるという事があったようです。

業者に依頼して壁紙張り替えを行う際には、事前に壁紙のクロスや種類を選ぶ事になります。

壁紙クロスの選択は、仕上がりの部屋のインテリアのイメージときちんと合わせておかなければいけません。

簡単な打ち合わせだけで作業を始めてしまうと、自身に納得のいかない仕上がりになってしまいます。

壁紙クロスは見本の小さなカタログだけを見ても、面積の広い壁に張った際のイメージは異なることがあります。

壁紙のクロスを選ぶ際には、相談員や作業員と相談をしてから慎重に選ぶようにしましょう。

壁紙にしわやはがれがある

壁紙の張り替えを業者に依頼して作業が終わった時に、壁紙にしわやはがれがあったケースもあったようです。

壁紙の張り替え作業が終わった後は、依頼者と作業員が一緒に最後の点検を行います。

その際に、はがれやしわなどがないか確認することになります。

作業員との点検時には問題がなかったものの、作業後の数週間後には壁紙の継ぎ目などからはがれが発生してきます。

また、のりが乾いてから壁紙の至る部分からしわが出来てしまうという事もあるようです。

壁紙の張り替え作業は、作業後の数週間後も様子を見てはがれやしわが合った場合は、依頼した業者に修繕してもらうようにしましょう。

修繕をしてもらうためにも、あらかじめ補償をしてくれる業者に依頼することが大事です。

雑な作業をする業者に依頼してしまった

壁紙張り替えを専門で行っている業者の中には、雑な作業をする業者がいることもあるのはデメリットの一つでしょう。

多くの業者は優良で丁寧な作業をしてくれます。

しかしながら、運が悪いと新興の業者で熟練の作業員が揃っていない会社に依頼してしまう事もあります。

壁紙の張り替えに慣れていない作業員にあたってしまうと、壁紙の張り替えを雑に行う事もあります。

また、作業中には他の家具や床、天井などを傷つけたり汚したりしてしまう事もあります。

補償してもらえれば問題はありませんが、クレームをするのも作業を再度行ってもらうのも気持ちの良いものではありません。

壁紙の張り替えを業者に依頼する時には、優良な業者なのかどうかを下調べしておく必要があるでしょう。

壁紙の張り替えをしてくれる業者

壁紙の張り替えをしてくれるのはどのような業者があるのでしょうか。

初めて壁紙の張り替えを業者に依頼しようとしている方は、どういった業者に依頼をすればよいのか分からない方もいることでしょう。

ここでは、壁紙の張り替えを請け負っている業者の種類を一覧にまとめています。

壁紙の張り替えを行ってくれる業者は以下の通りです。

  • リフォーム業者
  • 住宅メーカー
  • 工務店
  • インテリアデザイン会社
  • ホームセンター

手続きの方法を詳しく解説をします。

リフォーム業者

リフォーム業者に依頼すれば壁紙の張り替え作業を行ってくれます。

壁紙の張り替えはリフォーム業者の得意といている作業となります。

部屋内のリフォームをして、インテリアを一新したいという方や、機能性を高めたいといった希望がある方にはおすすめです。

住宅メーカー

大手の住宅メーカーは主にトイレやキッチンなどの取り換え工事を得意としています。

しかし、住宅メーカーなら壁紙の張り替えも可能です。

壁紙は居間や廊下だけではなく、トイレやお風呂、キッチン等の水回りの張り替えにも適しています。

工務店

地元の工務店に依頼することも方法の一つです。

工務店なら地域に密着している形で行っているので、地元に工務店があるのであれば相談してみましょう。

規模は大きくないので予約が取れなかったり、気に入ったデザインのクロスが無かったりすることもあります。

依頼する前にきちんと希望をつたえるようにしましょう。

インテリアデザイン会社

インテリアデザイン会社に依頼をすれば、壁紙の張り替えをしてくれます。

インテリアデザイン会社は、おしゃれな空間やインテリアを想像することを得意とします。

気分を一新させて、素敵なインテリアにしたいという方は、リフォーム業者に相談してみると良いでしょう。

ホームセンター

ホームセンターでは素材を販売しているだけではなく、壁紙の張り替え作業のサービスを行っているところもあります。

素材などを選ぶ際などにスタッフに聞いてみましょう。

大手のホームセンターであれば、安心してお願いをすることができます。

壁紙の張り替え作業を失敗をしないために行わなければいけないこと

壁紙張り替えの作業を失敗しないために行わなければいけないことは、優良な業者選びです。

優良な業者を選ぶ事は、自身の納得のいくインテリアに壁紙張り替えが可能になります。

これまでに業者に依頼することのメリットを紹介してきましたが、実際に業者を上手く選ぶのは難しい点もあります。

現在ではインターネットで簡単に業者を見つけることは可能ですが、あまりにも多すぎて選択するのが難しくなってしまっています。

運悪く雑な作業をするような業者に依頼するようなことがあると、仕上がりも期待できませんし思わぬトラブルに発展してしまう事も起こり得ます。

壁紙の張り替えを業者に依頼する際には、焦ることなく依頼しようとしている業者の評判や口コミなどを確認して慎重に選びましょう。

壁紙の張り替え業者を紹介してくれる会社もある

壁紙の張り替え業者を紹介をしてくれる会社もあるため、そのサービスを利用することもおすすめです。

壁紙に傷がついてしまったり、汚れがついて取れなかったりなどと急ぎで作業をお願いしたい場合もあります。

緊急を要する場合や、優良な業者を選ぶ事に不安を覚える方もいるでしょう。

そういった方でも、安心して相談を出来るのがオコマリなどのような無料での業者紹介サービスです。

オコマリは事前に業者と依頼者との間にトラブルが起きないようにチェック項目を用意して業者を厳選しています。

業者選びに困ったら、オコマリの無料相談を利用しましょう。

オコマリの料金に含まれているサービス

オコマリでは、あらかじめ確認している優良な壁紙張り替え業者を紹介することが可能です。

依頼者は日本全国にそれぞれの地域で生活しています。

また、個人それぞれに壁紙張り替えの要望は異なります。

そういった要望には、個人で検索した業者では答えてくれない場合も多いです。

オコマリなら、個人の要望や都合に合った最適な業者を紹介することが可能です。

壁紙張り替えの業者を選ぶ事に不安がある場合は、オコマリに連絡して専門の相談員と相談してみましょう。

オコマリで壁紙張り替えを行った際のトータルの料金は以下の通りです。

人件費や廃材処分費などはすべて含まれています。

壁紙クロス種類や地域によって多少料金が変動することもありますので、まずは無料相談に連絡をお願いいたします。

相談をすることは無料になっています。

オコマリの壁紙張り替え・リフォームの料金
面積オコマリの料金
30平方メートル40,000円
40平方メートル51,000円
50平方メートル62,000円

「壁紙張り替え業者の料金相場【都道府県別】|業者に依頼するメリットとデメリットも解説」まとめ

壁紙の張り替えの作業は素人に出来るほど簡単ではありません。

そのため、壁紙の張り替えは業者に依頼することになります。

壁紙の張り替えは失敗が許されません。

そのため、依頼する業者を選ぶ際には注意が必要です。業者を選ぶ際には、「張り替え値段が明確になっているか」、「スタッフの対応はしっかりしているか」、「万が一の補償がついているか」、「実績や評判が良い業者か」、「経験の長い作業員が在籍しているか」を確認しましょう。

初めて業者に依頼するなど、業者選びに不安がある場合はオコマリのような業者を紹介してくれるサービスも利用するようにしましょう。

壁紙張り替えのことならオコマリ

壁紙張り替えのことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは壁紙張り替えについて、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に壁紙張り替えに詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「壁紙張り替え」のサービスを見る