終活という言葉は、テレビや新聞などでも度々取り上げられています。

ただ、具体的にどんなことそするのか。終活にどんな意味があるのかは、あまり詳しく触れられていません。

終活とは、最後の瞬間を安らかに向かえるための作法です。必ず訪れる最後の瞬間に、多くの心配事を抱えていたり、必要以上の苦しみや、孤独を感じないための方法が終活を行う意味です。

また、終活は、周囲の方々への配慮でもあります。自分の人生が閉じた後でも、残された人々の中に記憶として生き続けるものがあります。

終活次第で、この思い出は大きく変わることになるでしょう。つまり、終活の意味とは、自分の人生の終わりから始まる新しい物語への準備とも言えます。

きちんと準備をしていくことで、自分自身への新たな発見や、多くの方との絆を再確認し、恐れや不安が和らぎ、安心して、安らかな余生を過ごすことができるようになります。

今回は、終活で具体的に行うことと、その意味を書いていきます。

目次

終活で相続関係を整理する意味

終活で相続関係を相談する意味

終活と聞いてまず思い浮かぶものは、相続関係の整理かと思います。

この、相続の整理には、もちろん大切な意味があります。多くの人は、生きていく中で資産を形成していきます。

老後は、収入が少なくなるため、この資産を使用することで生きていくケースがほとんどです。

だからといってすべての資産を使い切ってお墓に入るというようなことはなく、多くの場合は資産の一部を残したまま死を迎えることになるため、残された資産は法律で定められた人々へ分配されることになります。

具体的には、配偶者と血族が対象となります。つまり、妻や夫、子ども、兄妹のみです。もし、これらの相続人資格のある者が先に死亡していた場合は、その子どもが代襲者として相続人となり、その割合も法律で決まります。

ただ、相続を定める民法典では、この法定相続以外にも、特別受益や遺留分現札請求権など、複雑な制度を規定し、より多くの人が相続の対象となれるような制度となっています。

これによって、相続関係は残された資産の配分を巡って争われることが多くあります。残された人々が自分の資産を巡って争うことなど、ほとんどの人は望まないと思います。

つまり、終活の中で相続整理を行う意味は、残された人々の争いを極力少なくすることです。その意味で、終活の最も重要な事項といえます。

具体的には、遺言を残すことがなにより大切です。

そのときに気をつけたいのが、遺言の形式です。実は遺言は、どんな風に書いても効果を持つわけではありません。

ご自身で用意をするのであれば、すべて自筆で、必ず押印か署名をし、日付を記入しなければなりません。パソコンで作成した文書に署名をするだけでは、遺言としての効力を持たないのです。

そのため、確実な遺言を作成するのであれば、公証人役場へ行き、公正証書遺言という、公的な裏付けのあるかたちで遺言を作成することをお勧めします。

終活で健康状態の把握する意味

体調管理としての終活

相続に続いては、健康状態の把握が終活にとって大切な意味を持ちます。

ご自身の健康状態や、そのリスクをしっかり理解し、コントロールできなければ、突然の病や事故などで、自分自身でも気づかぬうちに最後を迎えることになってしまうかもしれません。

また、認知症など、判断力が低下するケースでは、思わぬ汚名を被ったり、詐欺にあってしまったりすることがあります。

終活では、こうした健康上のリスクをしっかり把握して対処することも大きな意味を持ちます。

まずはかかりつけの医師や専門医の診断を受けましょう。もし、認知症などのリスクがある場合は、成年後見人制度のような、法的な効力を有する支援制度を利用することもご検討ください。

終活でお墓の用意をする意味

終活でのお墓選び

お墓の準備にも、終活の大切な意味があります。

通常であれば、お墓は代々のものがあり、事前に定まっているかと思います。ただ、中には遠くに引っ越した場合や、親族と疎遠になっているケースなど、お墓が定まっていないこともあるかもしれません。

こうした場合は、新たにお墓の購入をする必要があります。お墓の意味は言うまでもありませんが、宗教や地方によって価格も場所も全く変わってくるため、終活ではご自身のスタイルに合わせたお墓を購入する必要があります

多くの場合はお寺で分譲の墓地用地を購入し、その上に石材屋さんなどに依頼をしてお墓を建ててもらうのですが、数百万円の費用がかかるケースもあり、しっかりと計画を建てることが必要となります。

また、ご遺族はその後も法事などで付き合い続けることになるため、住職の人柄などもふくめて、慎重にご検討ください。

終活で生前整理を行う意味

終活で生前整理を行う

終活の最後として、相続やお墓などの長期的なことが決まった後は、きちんと自分の身辺を整理することも大切な意味があります。

これは、生前整理といわれるもので、ただの掃除や片付けとは違い、特別な意味を持つものです。

生前整理では、自分の身の回りのものを片付ける事で、これからの自分の生活が住みやすいようにし、また自分の死後の部屋の片付けを遺族がする際に楽にしてあげる意味があります。

終活においてはぜひ行っておきたい一つですが、大変な労力を要するものです。

具体的には、不用品を処分し、思い出の品をきちんと保管。公的な書類や、有価証券などの価値あるものを、きちんと判別して保管するというような作業ですが、老齢の方にはとても重労働です。

大きなタンスの中や、引き出しの中のものを引っ張り出して整理をしていくのは、もちろん大変ですし、その後に家具や家電を廃棄するのは大きな危険が伴います。

このような場合は、思い切って生前整理の専門業者に依頼をすることをお勧めします。

プロの業者であれば、おひとりさまの終活に合わせて、生前整理の作業を短時間でスムーズに行うことが可能です。また、買い取りオプションなどで物を現金に換えることも可能ですし、大切なものは神社やお寺で供養するなど、特別なノウハウを持っている業者もいます。

終活として生前整理を行うのであれば、一生に一度だと思って、しっかりと整理をするためにも、業者に依頼することをお勧めします。

良質な生前整理業者の見極め方

ですが、どのような業者に依頼をしても安心して整理できるというわけではありません。

生前整理や不用品の処分業界は参入障壁が低いため、業者の数も多く、中にはひどく悪質な業者もいます。

よくあるトラブルとしては、最初に提示された料金とはまったくことなる高額な手数料や追加料金を請求されたり、作業自体がいい加減で中途半端だったりするものです。

最悪のケースは、回収された不用品を近所の空き地や河川、森や林などに不法投棄され、警察から事情聴取をうけるといったようなことも考えられます。

終活においてこのようなトラブルを避けるためには、慎重な業者選びが大切です。大事なポイントは、料金や作業内容を具体的に明示してくるかどうかです。

作業料金を聞いても、曖昧にしてとにかく作業を進めたがるような業者は、後から追加料金を徴収されるようなリスクが高くなります。

同様に、態度が悪かったり、言葉遣いの悪い業者も一般的には安心して任せることは難しいのではないでしょうか

ここまでしっかり終活の意味を考えて、準備をしたのであれば、最後の一手間を惜しんで後悔はしたくないものです。きちんとした業者に依頼をするようにしましょう。

生前整理ならオコマリにおまかせ

オコマリを利用する主婦

全国に生前整理業者は9,000社以上あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して生前整理を行ってもらうために、全国一律料金追加料金一切ナシの定額パックプランを業界で初めて提供しています。

部屋の間取り別で料金が決まっているため、明瞭会計で安心です。

例えば、1K・1Rはたったの69,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければさらに減額させていただいております。

また、登録されている生前整理業者は、オコマリのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。

問い合わせやお見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「終活をする意味」まとめ

終活をする夫婦

終活を行う意味とは、人生の終わりに向けてきちんと準備をし、自分自身への新たな発見や多くの方との絆を再確認し、安心して、安らかな余生を過ごすことです。

具体的には、相続や健康、お墓のことなどをきちんと管理し、身の回りの物の整理を行います。

生前整理については、自分自身で行ってみて難しいと感じたら生前整理業者に依頼する事を検討してみましょう。

記事を読んで、終活や生前整理についてもっと知りたいという方は下記の記事も参考にしてみて下さい。

日常生活で発生するお困りごとに関する「オコマリブログ」の運営元のオコマリです。オコマリでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!