ひろ

ひろ|伐採部編集長

家の庭いじりが趣味で、木の伐採や剪定を習慣的に行っています。秋・冬には落ち葉拾いをして焼き芋を作るのが楽しみ。不要な木を抜根してフルーツを育てようと奮闘中しています。草木関係の情報を定期的にお伝えしていきます。

植木の伐採は、自分で行う方法と業者に依頼する方法があります。植木伐採を業者に依頼する場合には、1本あたり処分費も含めて6,000円~になっています。

植木の伐採は、植えた際にはそこまで大きくもなかった木が月日が経つにつれて成長していき、手に負えなくなってきた際に必要になります。「景観を良くしたい!」「近所に迷惑をかけているのでなんとかしたい!」という方が植木伐採を行うのです。

このページでは、植木の伐採の料金費用相場や自分で行う方法、安い料金費用で植木の伐採を行ってもらう方法などをご紹介していきます。植木の伐採を行いたいと考えている方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

オコマリは、伐採を始め抜根や剪定、庭の手入れ、遺品整理、生前整理、片付けといった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。伐採に関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの伐採のサービスの詳細については、「伐採・抜根|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

目次

植木伐採の料金費用相場とは?価格表も大公開!

植木伐採の料金費用相場については、下記に価格表をまとめてみました。

植木伐採の価格表
植木のサイズ 植木伐採の作業費用相場 植木伐採の処分費用相場 合計の料金費用
3m未満 3,000円~5,000円 3,000円~5,000円 6,000円~10,000円
3m~5m 15,000円~18,000円 8,000円~10,000円 23,000円~28,000円
5m以上 25,000円~30,000円 12,000円~15,000円 37,000円~45,000円

植木伐採の料金費用は相場は存在していますが、「この価格で絶対にできる」というものが存在していません。植木の料金費用相場は、植木の種類や状態、伐採作業の難易度、作業環境、伐採業者の料金設定、自治体ごとに異なる処分費などから算出されるためそれこそケースバイケースであるからです。

植木伐採で重機を使用する場合の料金費用相場

先ほどの料金費用相場には重機を使用する費用が含まれていませんが、高い植木の伐採となると高所作業車のような重機を使用する必要が出てくるために、上記の価格表の金額に加えて重機の使用費用がかかってきます。

下記には重機の料金費用相場に関して価格表を作ってみましたので確認してみましょう。

ユンボのレンタルの価格表
ユンボ(ショベルカー)の大きさ 使用料金費用相場/1日
1,5t 20,000円前後
5t 30,000円前後
クレーン車のレンタルの価格表
クレーン車の大きさ 使用料金費用相場/1日
10t 100,000円前後
20t 150,000円前後
高所作業車のレンタルの価格表
高所作業車の長さ 使用料金費用相場/1日
10m 22,000円/1日~
12m 24,000円/1日~
17m 31,000円/1日~
21m 49,000円/1日~
27m 61,000円/1日~

どのような重機を使用するのかによって植木伐採の料金費用相場が変動するのに加えて、レンタルするのか・保持している重機を使用するのかによっても料金費用相場は変動します。

また、作業環境によっては重機の使用のための敷鉄板が必要になり、敷鉄板の料金費用相場は6~8枚使用で50,000円前後になっています。

重機使用の際には、道路使用許可を取得する必要があるケースがあり、道路使用許可を取得する場合には都道府県によって異なりますが2,000~2,700円が必要になります。道路使用許可は警察署に届出をする必要があるため、それを業者に代理で行ってもらおうとすると別途費用が掛かる可能性があります。

植木伐採の料金費用の決まり方

植木伐採の料金費用の決まり方は、「作業費+処分費+その他」から成り立っています。

作業費に関しては、植木伐採を行う際の人件費と考えて良いでしょう。作業人数や作業時間によって変動し、重機の使用の有無によっても変わってきます。難しい現場ほど、作業人数や作業時間が必要になるので作業費が高くなる傾向にあります。

つづいての処分費は、伐採した植木を処分する費用となります。伐採する植木が多くなればなるほど処分費が高くなっていきます。

最後のその他の費用では、植木の伐採後の抜根や整地費用、また重機の使用をするのであれば重機費用などが入ってきます。重機費用のところで説明した道路使用許可の手数料もその他の費用に含まれます。

これらの3つの料金費用が合計されて、最終的な植木伐採の料金費用が算出されるのです。

植木伐採での抜根(伐根)の料金費用相場

幹の太さ 抜根作業の料金費用相場 抜根後の処分の料金費用相場
30cm未満 6,000円~10,000円 3,000円~5,000円
30cm~50cm未満 15,000円~25,000円 5,000円~8,000円
50cm~80cm未満 25,000円~35,000円 8,000円~15,000円

植木伐採での抜根(伐根)を一緒に行う場合の料金費用相場を上記にまとめてみました。抜根(伐根)の料金費用相場は、「作業費+処分費+その他」で計算することができ、植木伐採の料金費用の決まり方と同じです。

抜根の場合には伐採よりも出てくる植木の量が少なくなる傾向にあるので、処分費について少し抑えられています。しかし、重機については幹が太い植木になると必須となってくるため、結果的には植木伐採と同等の料金費用になってしまうケースもあります。

植木の抜根を行うのであれば、伐採と同じ業者に依頼してしまった方がまとめての作業になるために安くなることが多くあります。伐採と一緒に植木の抜根を検討しているのであれば、伐採業者にそのまま相談してみるようにしましょう。

植木伐採を自分で行う方法とは?処分方法も解説!

植木の伐採を自分で行うには、手順を守って進めていかないと思わぬ怪我をしてしまう可能性があります。

植木の伐採は刃物を扱う作業となりますので、自分で植木の伐採を行う際には十分に注意して行うようにしましょう。それでは自分で植木の伐採を行う手順を解説していきます。

自分で伐採していい植木かどうか確認する

「植木の1本や2本、簡単に伐採できる」と考えていませんか?

実のところ植木は皆さんが考えている以上に硬くて重くて扱いづらく危険なものです。

そのため素人が安全に伐採できる植木は高さが3m未満、幹の直径が20cm未満の木とされています。同時に植木の大きさだけではなく木の種類や性質も確認しておきましょう。木の種類ごとに枝葉の付き方や根の張り方、伐採する際の作業難易度が違うからです。

シンボルツリーとして人気の植木であるアカシヤやシラカシ、オリーブや桜の木は木材の硬度としてはかなり硬いか硬い部類です。*参考サイト:木材の強度/硬さ「木材博物館」(https://www.wood-museum.net/hardness.php)

伐採予定の植木が硬い性質であるならばそれに適した道具が必要となります。また、一人での作業は大変に危険なので一緒に作業をしてくれる人を探しておきましょう

植木の伐採前にお祓いは必要か?

植木の伐採を行う前にお祓いを行う方もいらっしゃいますが、近年は気にせずに伐採をする方が多いようです。

本来であれば人間の何倍も長生きする植木、樹齢を重ねた木には神や精霊が宿るとされています。それを人間の都合で伐採してしまうのですから感謝や謝罪の気持ちを込めて伐採前にお祓いや供養をする習わしが日本にはあります。

お祓いのやり方はその土地により異なるようですので正式に行う場合は神社に依頼するといいでしょう。(初穂料や交通費などが必要)

自分で行う場合はお酒と塩を用意して植木の四隅に撒きます。そして手を合わせながら今日までの感謝の気持ちを伝えましょう。

植木の伐採道具

自分で植木の伐採を行う場合に用意しておきたい道具は次の9点です。

  1. 防護服※長袖、長ズボンなどで代用可能
  2. 防護メガネ※チェーンソーを使用しない場合はなくても可
  3. グローブ
  4. ヘルメット
  5. 脚立
  6. のこぎり、チェーンソー※チェーンソーについては注意点あり
  7. シャベル
  8. ロープ※直径10㎜以上の太くて丈夫なもの
  9. ゴミ袋

なお植木の伐採後には切り倒した木および木くずなどが出るので運搬用の小型トラックがあると便利です。

また、ホームセンターなどで手頃な価格のチェーンソーが販売されていますが植木の伐採時に初心者がいきなりチェーンソーを使うことは大変に危険です。

最悪の場合には死亡事故となることも考えられますので安易な使用は避けるべきです。

植木の伐採にどうしてもチェーンソーが必要な場合にはチェーンソーの有資格者または使い慣れている人に作業してもらいましょう。

植木の伐採手順

実際に植木の伐採作業に入る前には安全面に考慮し十分な計画を立てておきましょう。

手順1.植木の状態をよく調べる

植木の生え方や枝葉のつきかたから重心がどこにあるのか、などを調べます。

手順2.植木を伐採する方向を決めロープをかける

植木を伐採した時に家屋や車などに当たらないか周りの安全を考慮しつつ伐採する

方向を決めたらロープをかけて誘引します。

手順3.植木を伐採する

  1. 細い木の場合は自分の肩と足元を目安に2か所で切り倒すようにします
  2. 太い木の場合はまず倒す方向に「受け口」という切り込みを入れます。受け口とは幹の3分の1ほどのところまでに35°~45°の「くの字」の切り込みのことで倒れる側になります
  3. 受け口の反対側に「追い口」を入れます。追い口とは幹の3分の1ほどのところまで入れるまっすぐな溝のことで押す側になります
  4. 周囲の安全を確認したら追い口側からゆっくりと木を押します

手順4.根を始末する

植木の伐採が終わったら残った根の始末をします。根をそのままにしておくと新芽が出たりシロアリなどの害虫が繁殖したり腐食したりするのでできるだけ取り除きましょう。

伐採後に残った根の周辺をシャベルで掘り起こして根を抜きます。土や木が濡れているほうが抜きやすいので水をかけて作業をするといいでしょう。

手順5.伐採した植木の処分

伐採した植木は可燃ゴミとして出せる自治体もあります。または各自治体のゴミ収集センターに直接持ち込んで処分することもできます。

植木の伐採前に各自治体のホームページなどで確認をしておきましょう。

伐採した植木は処分場に持っていける?

伐採した植木は処分場に持ち込んで処分することが可能です。ただし、処分場によって持ち込める伐採した植木の大きさや量が決まっている場合がありますので事前に確認をしておきましょう。

例えば、埼玉県さいたま市にあるクリーンセンター(処分場)では、伐採した植木の持ち込みは可能となっていますが、伐採で出た土や石は持ち込めないとしています。

処分場に持ち込んでの伐採した植木の処分は、料金がかかる処分場と無料の処分場があります。これも自治体のホームページに記載されていますので、確認してから持ち込むようにしましょう。

植木伐採を安い料金費用で依頼する3つのコツ

植木伐採を安い料金費用で依頼するには、伐採業者の選定がポイントとなります。

出来るだけ安い料金費用で植木の伐採を依頼したいと考えてしまった結果、伐採業者を価格の安さだけで決めてしまう方もいらっしゃいますが、それは危険です。

植木の伐採の相場と比べてあまりにも安い料金を提示している業者の中には、後から高額な請求をしてきたり植木の知識がないままに作業をした結果周りの植木や家屋を傷めてしまったりというようなトラブルを起こしている事例もあるからです。

安いつもりで選んだ植木の伐採業者のおかげで結局高くついたなどということがないように慎重に業者を選びましょう。

ここでは植木伐採を安い料金費用で依頼するための3つのコツをお伝えします。

1.植木の伐採業者の事前調べをしっかりと行う

植木伐採を安い料金費用で依頼するための1つ目のコツは、植木の伐採業者の事前の下調べをしっかりと行うことです。

下調べの時には次のようなことをチェックしましょう。

  1. ホームページがわかりやすく書かれている
  2. 料金の設定が明確である
  3. 実績がある
  4. 植木の伐採は1本からでも引き受けてくれる
  5. 電話の応対がきちんとしている

なおネット上にある口コミや評判などは信ぴょう性が高いとはいえないので参考程度に考えておきましょう。

2.植木の伐採業者から見積りを取る

植木伐採を安い料金費用で依頼するための2つ目のコツは、植木の伐採業者のお見積り書をチェックすることです。

実際に現場に来てもらい伐採したい植木や周辺環境などを見てもらったうえで見積書を作成してもらいます。

この時に植木の伐採の見積書の内訳が細かく設定されている伐採業者は合格といえます。

伐採する植木のサイズや作業内容、使用重機、処分方法などについてきちんと見積書に記載をしているかを見るとともに追加料金の発生の有無も確かめておきましょう。

また対応がよく信頼できそうか、自分と相性がいいか、なども重要なポイントです。

植木の伐採や剪定など庭全般の相談ができそうな業者であれば長いお付き合いになることも予想されるからです。

料金体系が明確で人柄も信頼できる伐採業者であれば安心して依頼しましょう。

3.ご近所さんや庭仲間から伐採業者を紹介してもらう

植木伐採を安い料金費用で依頼するための3つ目のコツは、信頼できる業者に依頼することです。

自分で伐採業者を探さなくてもご近所さんや庭仲間が長年懇意にしている植木の伐採業者を紹介してもらうという方法もあります。

地域で昔から商売を続けている地元の伐採業者であれば実績は申し分ありませんしコミュニケーションも取りやすいですよね。

一般的には全国展開している大手の伐採業者に比べて小規模な地元の伐採業者のほうが料金の相談や価格交渉にも応じてくれる傾向にあります。

植木の伐採の時期で最適なのはいつ?

植木の伐採の時期は、10月~11月と2月~3月がオススメです。植木の伐採の場合には、剪定と違って植木を無くす行為になりますので、木を痛めてしまうというような心配をする必要はなくなります。

植木の伐採の時期を考えるのであれば、植木業者が閑散期に入る秋(10月~11月)と春が開ける前(2月~3月)が料金費用を安く抑えられる点においてもオススメなのです。

夏場や年末年始は植木の伐採の需要が一気に上がるので、植木の伐採業者の料金費用相場が上がる可能性があるので注意しましょう。

もちろん「伸び始めたな・・・」という時期が夏場でもあるので仕方ない場合もありますが、料金費用相場としては高くなっているという点は押さえておきましょう。

「植木伐採の料金費用相場とは?自分で行う方法や処分の仕方も大公開!」まとめ

植木伐採について、料金費用相場や自分で行う方法、料金費用相場を安くする方法などについてお伝えしてきました。

記事中でも触れていますが植木の伐採を日延べするほど植木はどんどん成長していきますし近年はこれまでに経験のない規模の気象災害が起きています。

こうした背景を考えると植木の伐採は不測の事態の予防策としてもぜひ取り組んでおきたいですね。

自分で植木を伐採する人は安全面を第一に考えた方法で、業者に植木の伐採を依頼する人は料金だけではなく総合的に信頼できる業者を選んで、早めに対処して下さい。

記事を伐採や抜根についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

伐採・抜根のことならオコマリ

伐採・抜根のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは伐採・抜根について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に伐採・抜根に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「伐採・抜根」のサービスを見る