ひろ

ひろ|伐採部編集長

家の庭いじりが趣味で、木の伐採や剪定を習慣的に行っています。秋・冬には落ち葉拾いをして焼き芋を作るのが楽しみ。不要な木を抜根してフルーツを育てようと奮闘中しています。草木関係の情報を定期的にお伝えしていきます。

竹の伐採費用の相場は100平米で180,000円~380,000円が目安になります。竹は日本全国に生息している見慣れた植物です。しかし、竹の成長スピードはかなり早く、民家や交通インフラの妨げになってしまう事も多々あります。

竹の伐採を業者に依頼した際の費用相場はどのくらいになるのでしょうか?この記事では、竹の伐採費用の相場と内訳単価や計算方法などを徹底解説します。竹の伐採は素人では難しいのが現実です。優良な竹の伐採業者に依頼して、早めに対応するようにしましょう。

目次

竹の伐採の費用相場(平米)|山林・竹藪・竹林の場合

竹の伐採は1本とは限りません。多くの場合、竹は密集して生息していることが多いため、平米などの面積で竹の伐採を依頼することになります。それでは、面積ごとの竹の伐採費用相場はどのくらいになるのでしょうか?

竹が生えている箇所は、山林・竹藪・竹林と様々ですが、例えば「竹藪だから安い!」「山林だから安い!」という事はありません。基本的には竹の伐採費用は平米(m2)によって決まってきます。

まずは、竹の伐採費用相場を面積(平米|m2)で見ていくことにしましょう。

竹の伐採費用の面積別相場(平米|m2)
面積(平米|m2)竹の伐採費用相場
1平米(m2)1,800円~3,800円
50平米(m2)90,000円~190,000円
100平米(m2)180,000円~380,000円
200平米(m2)360,000円~760,000円
300平米(m2)540,000円~1,140,000円
400平米(m2)720,000円~1,520,000円
500平米(m2)900,000円~1,900,000円
関連記事:山林の伐採費用相場について詳しく知りたい方はこちら
山林の伐採費用料金相場とは?見積もりを取る際の注意点も解説!

専門家は「歩掛」という単位を用いる

「歩掛」は業者内で使用する費用の計算方法です。竹の伐採を業者に依頼する場合、専門家の間では費用を「歩掛」という単位で表現することもあります。「歩掛」という言葉は一般の人には馴染みない言葉ですが、作業を行う業者にとっては大事な単位になります。

一言で「竹藪を50平米(m2)伐採してほしい」と言われても、現地に行ってみなれば作業の難易度や必要な人員などにも幅が出てしまいます。業者側も利益を得なければ人件費などを支払うことが出来ません。竹の伐採費用は難易度によって経費なども異なります。

歩掛は難易度や必要経費なども合わせて算出された費用の合計の事です。依頼者側はこの計算方法は知らなくても、支払いにかかる費用は計算することが可能です。

竹の伐採費用の計算方法とは?内訳単価を積算(足す)するだけ

竹の伐採費用の計算はどのようにされるのでしょうか?竹の伐採作業には幾つかの工程があり、一つひとつの工程で費用が変動します。しかしながら、依頼者が支払う費用の計算方法はシンプルになっています。竹の伐採費用の計算方法は以下の通りです。

依頼者の支払い積算費用=竹の伐採作業費用+竹の抜根作業費用+整地作業費用+竹の処分費用+重機の使用費用

竹の伐採を業者に依頼する際には、上記の積算費用がかかります。それでは、それぞれの竹の伐採費用の内訳単価を紹介していきましょう。

竹の伐採費用の内訳単価を紹介

竹の伐採費用は、依頼者が支払う積算費用に含まれている内訳単価を知ることで見積書の内容も理解することが出来るようになります。

まずは、上記に計算式でも触れている以下の内訳単価の費用を詳しく解説していきます。

  • 竹の伐採作業費用
  • 竹の抜根作業費用
  • 整地作業費用
  • 竹の処分費用
  • 重機の使用費用

竹の伐採作業費用

竹の伐採費の相場は、100平米(m2)あたりで50,000円程度です。伐採費は、竹を切り倒すだけの時に発生する費用のことです。切り倒してその場に放置して良い場合を除くと、その他にも竹の処分や整地の費用がかかります。

竹の伐採費は、樹木の高さ・太さ・難易度を考慮して1本ずつの単価から算定されます。しかし、竹の特徴から密集しているために、100平米(m2)あたりの相場が決められているのです。

竹の抜根作業費用

竹の抜根費用の相場は、100平米(m2)あたり20,000円程度です。竹の伐採費用を決める項目の2つ目である抜根費ですが、竹を抜根まで依頼する場合には、重機で根を引き抜くため、その分の費用が加算されます。

現地までの道路が未舗装の時・傾斜がきつい時など重機が入れられない場合もあり、人による手作業にならざるを得ないケースもあります。この場合、費用がさらにかかるだけではなく時間も大幅にかかることも想定しておきましょう。

抜根費用は、竹の地下茎から掘り起こして抜くための費用です。再び竹が生えて来ないようにしたい時に、抜根は行われます。竹の根は、地下30㎝~1mの位置に張り巡らしており、そのため一般的には重機による作業が必要とされます。

整地作業費用

竹の整地費用の相場は、100平米(m2)あたり50,000円程度です。整地費は、抜根後に地面を均すための費用です。根が残っていると竹はふたたび再生する性質を持っているので、竹が生えてこないようにするためには、整地が必要となります。

抜根は、前述のように土を深く掘り起こす作業が必要となります。そのため、抜根後は荒れた状態の地面になります。竹の伐採の跡地に家屋を建てる時はもちろんですが、きれいな地面に整えたい場合にも、整地は必要不可欠となるのです。

竹の処分費用

竹の伐採費用の項目の最後である処分費はどのようになっているのでしょうか?

竹の処分には、以下のように3通りの方法があり、費用もそれぞれの方法によって異なります。

  • 伐採した竹を放置して腐食させる
  • 産業廃棄物として竹を処理場へ持ち込む
  • 竹粉砕機で土に戻す

伐採した竹を放置して腐食させる

処分費は、伐採した竹の処分にかかる費用のことです。竹は、可燃ゴミの扱いになるため分割すれば指定の袋に入れて出すことができます。

しかし、現実的には竹の伐採を依頼した場合、大量の竹や根が発生する可能性が高く、産業廃棄物として処理されるようになります。近年では竹の処分は、専用の粉砕機を使う手法も出てきました。

伐採した竹の量が大量ではなく土地の確保ができれば、放置して腐食させることもできます。この場合、竹の処分費用は不要になるので、「処分費」という項目はゼロにすることができます。

産業廃棄物として竹を処理場へ持ち込む

竹を産業廃棄物として処理場へ持ち込む方法もあります。竹の処分では1㎏当たりの費用が、25円から設定されていますが、処理場までの距離によって運搬費用が変動します。

竹の処分費用が1㎏当たりの費用だと安い印象を持ってしまうでしょうが、相場では竹100本の場合には40,000円〜50,000円はかかります

竹粉砕機で土に戻す

近年、竹粉砕機を現場に持ち込み、その場で竹を粉砕することも可能になりました。産業廃棄物として処理するよりも費用を抑えられるものの、現場で粉砕機が使える条件も限られています。

施工する現場の勾配が、0°から10°の場合とそれ以上の勾配がある場合とでは、費用に変動が出てくるわけです。この方法での竹の処分費用相場は、100平米(m2)当たり30,000円~40,000円程度です。

重機の使用費用

竹の伐採には抜根を行う際に、重機を使用しなければいけないことがあります。竹の根っこは非常に深く根差しているため、抜根の作業はかなりの労力になります。竹の伐採費用には、重機の使用費用も含まれることがあるのです。

重機の使用費用に関しては、以下の通り表にまとめました。

ユンボ
ユンボ(ショベルカー)費用/1日
1.5t20,000円前後
5t30,000円前後

クレーン車
クレーン車費用/1日
10t100,000円前後
20t150,000円前後

※高所作業車など条件により使用機種の追加費用が発生する

竹の種類によっても伐採費用は変わる?モウソウチクから篠竹まで種類別の費用相場

実は竹と一口に言っても、下記のように様々な種類があります。

竹の伐採費用は基本的に面積によって算出されますが、竹の種類と共にある程度の1本の伐採費用相場も知っておきましょう。

竹の種類太さ高さ費用相場
マダケ15㎝20m1,000円~2,000円
モウソウチク18㎝22m1,000円~2,000円
ハチク3~10㎝15m1,000円~2,000円
メダケ2㎝5m500円~1,000円
篠竹2㎝3m500円~1,000円

竹の種類は上記のように様々あり、高さや太さも違いがあります。

現在、モウソウチクや篠竹などが主に雑木林や畑などへ侵入して増殖している状態が広く見られます。これにより、他の土地へ侵害、作物への悪影響、道路に面していると交通安全の侵害などさまざまなトラブルを招いているのです。

竹は、種類によってもことなりますが大型のモウソウチクとなると22m程度にもなり、これを自分で伐採しようとする事は非常に危険な作業となります。しかも、足元が平たんな位置で作業を行うとは限らず、危険な位置での作業は熟練の職人ならではの技術を必要とします。

したがって、竹の伐採費用がかかったとしても、プロに依頼した方が良いことが分かります。ここからは実際に竹の伐採を依頼できる業者には、どんなところがあるのかをご紹介していきます。

竹林伐採には補助金も出る?

自治体によっては竹林伐採に対して補助金を出す用意があるところもあります。竹は非常に生命力が強く成長するスピードも早いのが特徴です。そのため、すぐに成長してしまって交通のインフラや、住居に対して悪影響を及ぼすことが多くなります。

地方の自治体もこれらの竹による悪影響を抑えたいという考えている場所もあります。そのため、竹林を伐採をする際には、自治体に一度相談してみることをおすすめします。竹の伐採費用を補助金で何割か出してもらえるかもしれません。

竹林・竹藪・山林の伐採は専門の業者に依頼することをおすすめする理由

竹林・竹藪・山林の伐採は専門の業者に依頼することがおすすめです。竹の伐採は1本や2本の低い竹なら一般の方でも可能です。

しかしながら、1本の竹でも地に深く根っこをおろす竹の抜根は一般の方にはかなりの難易度になってしまいます。竹の根っこを残しておくと、引っかかったりして転んだり、最悪の場合は切り株で身体を傷つけてしまう事もあります。

また、竹は1本で生息することは少なく、密集して竹林や竹藪を生成します。山林のような地形が入り組んだ作業が難しい場所に生息することもあります。そういった、場所の竹の伐採は費用をかけてでも業者に依頼することで、危険性も無く、迅速で、キレイに整地まで行ってくれます。

竹の伐採業者に依頼する際の費用は、危険を避ける事や、仕上がりの質にかける費用だと考えましょう。

竹の伐採を行ってくれる業者を紹介

竹の伐採を業者に依頼するにしても、どういった業者が竹の伐採をしてくれるのか分りません。ここからは、竹の伐採作業をしてくれる業者の種類と説明をしていきます。

業者によってサービス内容や費用面も異なってくるので、依頼する際には直接連絡をして作業内容や費用なども確認するようにしましょう。

地域の森林組合

地域の森林組合で、竹の伐採を行ってくれます。森林組合というと大規模な山林保有者を対象にしている伐採を請け負うイメージをもつかもしれません。

しかし、自宅の庭や他社の土地や家屋に触れている竹の伐採にも相談次第で応じてくれます。森林に関するスペシャリストですので、竹の伐採で困っている時にも請け負ってくれる強みがあるのが特徴です。

造園業者

地域の造園業者でも、竹の伐採工事に応じてくれます。ただし、かなり大規模で面積が広い場所に対応してくれるかどうかは業者の大きさにもよります。

自身が伐採したい竹林の面積や費用と照らし合わせて依頼するようにしましょう。

竹伐採の専門業者

竹の伐採を専門に行っている業者もあります。竹は日本全国に生息している植物です。そのため、竹の伐採作業は非常にニーズがあります。

個人で請け負う職人、職人を雇用している会社もあり、その規模は様々です。竹の伐採を業者に依頼したい場合は、竹伐採の専門業者に依頼するとよいでしょう。

便利屋

お困りごとを何でも請け負う便利屋も、竹の伐採で難易度が低い場合には請け負うこともあります。

ただし、便利屋さんは専門の業者よりも費用が安い分、専門的な技術を持っている作業員がいるかどうかは不透明です。

竹の伐採は費用だけで業者を決めるのは危険?おすすめの業者の選び方を解説

竹の伐採費用の相場を見てきましたが、「意外とかかるものなんだなぁ…」という感想を持った方は多いでしょう。「たかが竹なんだから、竹の伐採費用が安い業者に依頼すればいいや」と思ってしまった方は注意が必要です。

竹の伐採費用を安く見積っておいて、当日の追加料金で合計の費用を高く取る業者や、お客さんが竹の伐採費用について知識がない事を良いことにボッタクリを行う業者は後を絶ちません。

したがって、竹の伐採費用だけで業者を選定するのは危険です。竹の伐採を依頼する業者を選ぶ際は、できる限り信頼のある業者から絞り込みたいものです。ここからは、いくつかの注意点を説明しますのでぜひお役立てください。

竹の伐採費用が明確で適切かどうか

信頼ある良質な竹の伐採業者を見極めるためには、提出された見積りの竹の伐採費用が適切かどうかにまず注目しましょう

伐採作業では、竹の密集度や高さ、現場の広さや周辺状況などが絡んでくるため金額が変化してしまうことも珍しくありません。素人にとってみれば、不明瞭な点も多々あります。その点を悪用して、不適切な費用を設定する業者も存在しているわけです。

無駄な費用の支払いを回避するためには、見積もりの安さだけで契約しないようにしましょう。後々、予想外の追加費用を請求されることもあるからです。信頼ある業者は、適切な相場の範囲で竹の伐採費用を設定していることを覚えておきましょう。

スタッフは誠実な対応をしてくれるか

実際に、竹の伐採の相談をした時に、誠実な対応をスタッフがしているかどうかも契約の際の決め手となるので意識をしておきましょう。伐採は、素人にとってみれば縁の無い作業であり、業者の説明に分かりづらい点が多々あるものです。

一方、伐採業者は専門的な知識があります。日々こなしている作業であり、分かり切っているため、説明不足になりがちなことも少なくありません。疑問点について問合せをしてみて丁寧に説明をしてくれる誠実さがあれば、優良業者の可能性が高くなります。

竹の伐採に関して作業の流れや段取り、費用の算定が分かりにくい顧客の立場を理解し、わかりやすい説明をしてくれる業者であれば安心して契約へと進められます。

これまでの実績や評判はどうか

竹の伐採業者を選ぶ際に大事なことは、これまでの実績や評判を確認することです。竹の伐採業者によっては、素人が分からない部分に付け込んで請求する費用を高めに設定してくることもあります。

こういった被害を受けた人は「費用水増し請求」などの評判をインターネットなどに書き込んでいます。逆に優良な業者にはそういった悪い評判はなく、長期にわたって営業を営み実績を多く残しています。

竹の伐採業者に依頼をする際には、依頼先の竹の伐採業者の実績や評判を確認するようにしましょう。

伐採した竹の処分後は廃棄だけでなく再利用・有効活用もされる

伐採した竹の処分後は、即廃棄するという訳ではありません。竹はしなりや耐久力もあり、伐採後もあらゆる場面での再利用をすることが可能です。

竹を伐採してもきちんとした再利用がされるため、単に森林伐採をすることには繋がりません。伐採された竹もリサイクルされて有効活用されることになるのです。ここからは、伐採後の竹がどのように再利用・有効活用されているのか紹介していきます。

1 – 竹炭にする

伐採された竹は竹炭にされることが多くあります。竹炭は火をおこすための利用方法だけではなく、消臭や空気の浄化や水質の浄化などに有効利用することができます。竹炭は木炭よりも小さいサイズになるため、あらゆる場所に設置して活用することが可能です。

竹炭はその見た目の美しさから観賞用として楽しむ方もいるので、インテリア用としても重宝されています。

2 – 堆肥にして撒く

竹を粉々にして堆肥にして田畑に撒くこともあります。竹に含まれている成分が田畑の土に中にいる微生物を活性化させる作用があります。土の中の微生物を活性化させると、農作物の成長を促進させます。その結果、栄養を多く含んだ農作物を育てることが可能なのです。

また、田畑に竹を堆肥とすることによって、農作物の病気を防いだり、害虫駆除をしたりする効能もあります。伐採された竹は堆肥としても活用することが可能なのです。

3 – 竹パウダーにして庭木や家畜に役立てる

竹パウダーにして部屋の消臭をすることも出来ますし、草木周辺等に敷き詰めて雑草の発生を抑えることが出来ます。

ペットや家畜に食べさせることも可能です。竹パウダーそのものをペットや家畜の餌にすることは出来ませんが、飼料と一緒に食べさせると胃腸などの殺菌効果もあります。

伐採された竹は、ペットや家畜の胃腸殺菌用の飼料にもなるのです。

4 – 竹細工で日本の伝統工芸に貢献

日本の伝統工芸である竹細工の材料として再利用されることもあります。竹は食器から日用品など、様々なものに作り替える材料になります。

竹細工は日常で使用することも多いですし、お土産などの商品として販売されることにもなります。伐採された竹は処分後に日本伝統工芸にも貢献することが出来るのです。

5 – 害獣対策用のバリケード作って害獣を駆除

竹を伐採した後は、不要になった竹を利用して害獣が侵入しないようにバリケードを作ることも可能です。竹林を伐採してしまうと被害が広がってしまう事として、害獣の侵入があります。これまで害獣の侵入を防いでいた竹林が無くなってしまうからです。

害獣を駆除するのは高額になりますし、被害額も高額になってしまいます。そういった事が起こらないように害獣駆除のために予防をする必要があります。竹はしなりもあり耐久度もあるため、害獣の侵入を防ぐためのバリケードにも有益です。

竹の伐採後の処分は、害獣対策用のバリケードとしても有効活用することが可能です。

竹の伐採費用はどのように清算すればよい?

これまでに見てきたように、竹の伐採費用は状況によって高額になることがあります。そのため、竹の伐採費用の清算方法が気になる方も多いでしょう。ここからは、竹の伐採費用の清算方法を紹介していきます。一般的な清算方法は以下の通りです。

  • 金融機関の口座への振込
  • クレジットカード払い
  • 現金払い

竹の費用の清算方法に関しては、依頼する業者によって方法が異なる場合があります。清算方法は必ず竹の伐採作業を依頼する前に確認するようにしましょう。

1 – 金融機関の口座への振込で清算する

竹の伐採費用は広範囲であったり、難易度の高い作業になったりすると高額になってしまいます。そのため、現金でのやりとりが難しいために、業者の金融機関への振込という清算方法がとられます。

依頼者の予算によっては一括ではなく分割にしてほしいという事もあるでしょう。そういった場合は、依頼した業者に説明の上、分割での支払いに対応可能なのかどうか確認しましょう。分割での清算が可能なのかどうかは、作業を開始させる前に確認してください。費用の清算は先に明確にしなければ、後になってトラブルの原因になります。

2 – クレジットカードで清算する

クレジットカードで竹の伐採費用を清算する方法もあります。竹の伐採費用は高額になるため、クレジットカードで清算すると便利です。クレジットカードでの清算方法を利用する場合でも、依頼した業者にクレジットカードが使用可能なのか確認するようにしましょう。業者によってはクレジットカードでの清算に対応しておらず現金主義を貫いているところもあります。

クレジットカードでの清算方法が可能だと、分割払いにも対応することが可能です。依頼した業者の都合に関係なく、クレジットカードでの清算であれば、クレジットカードの分割払いを利用することが可能だからです。竹の伐採費用を清算する際にはクレジットカードで支払う事が可能なのかどうかを作業開始前に確認しましょう。

3 – 現金で清算する

竹の伐採費用は現金で清算することも可能です。竹の伐採は狭い範囲や数本でも受け付けてくれる業者があります。そういった、場合は高額な費用にもならないため現金での支払いに対応してくれます。

現金での支払いをする際には、なるべく少額の場合にしましょう。現金での支払いを行った場合には、必ず領収書をもらうようにして、もらった領収書はきちんと保管しておくようにしてください。

優良な業者を提携している紹介業者に依頼する方法もある

優良な竹の伐採業者を見つける方法として、業者と提携している会社に相談してみる方法もあります。初めて竹の伐採を業者に依頼する人にとっては、仕上がりの不安や費用の不安、作業員への不安などがつきません。

運悪く質の悪い竹の伐採業者や悪質な業者にあたってしまうと、無駄に高額な費用を請求されることもあります。優良な竹の伐採業者と提携している会社に相談すれば、費用面やスケジュール面、万が一の保障面などもすべてフォローしてくれます。

竹の伐採業者選びに不安があるのであれば、紹介業者に相談してみましょう。

「竹の伐採費用相場はどれくらい?m2単価も解説!竹林伐採には補助金が出る?」まとめ

竹の伐採費用の相場は100平米で180,000円~380,000円が目安になります。竹の伐採を業者に依頼したい時、初めて依頼する素人では費用相場すらイメージができません。

しかし、竹の伐採費用の決まり方がどんな工程になっているのかを知っておくと、ある程度算定内容をつかめるようになります。竹の伐採費用の計算方法を知ったうえで、竹の伐採業者から伐採費用の見積もりを取っておくと適切な業者を絞り込みやすくなります。

竹の伐採を業者に依頼する際には、充分に検討してから契約を行いましょう。

竹の伐採に困っていると焦るあまりに、依頼する竹の伐採業者の判断を誤ってしまうことも少なくありません。適切な伐採費用で満足の行く仕事を提供してもらえるように、慎重に優良業者を選んで行きましょう。

記事を読んで、伐採のことをもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

伐採・抜根のことならオコマリ

伐採・抜根のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは伐採・抜根について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に伐採・抜根に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「伐採・抜根」のサービスを見る