ひろ

ひろ|伐採部編集長

家の庭いじりが趣味で、木の伐採や剪定を習慣的に行っています。秋・冬には落ち葉拾いをして焼き芋を作るのが楽しみ。不要な木を抜根してフルーツを育てようと奮闘中しています。草木関係の情報を定期的にお伝えしていきます。

庭の除草は、自分で行うのであれば除草剤を使用する方法が一番安全です。除草後は防草も行うことで除草する量を減らす事が可能になります。もし業者に依頼するのであれば、1平米(m2)あたり1,000~2,000円程度、日当で10,000円前後で依頼が可能です。

庭の草は、少し放置してしまうとあっという間に草だらけになってしまうので効率よく除草をしたいですね。

庭の除草を自分でやる方法と、庭の除草を業者に依頼する場合の業者の選び方について学んで、庭の除草を楽に行えるようになりましょう。

オコマリは、庭の除草を始め庭の手入れ、木の伐採抜根剪定、遺品整理、ゴミ屋敷清掃といった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。庭の除草に関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。

オコマリの庭の除草のサービスの詳細ついては、「庭の手入れ|オコマリ」のページからご確認いただけます。ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。

目次

庭の除草のおすすめ方法とは?

除草が必要な庭

庭の除草が必要な範囲が広い場合、できるだけ効率よく庭の除草を行いたいですね。

庭の除草方法を調べるとさまざまな除草方法を見つけることができるのですが、中には注意しなければいけない庭の除草方法もあります。

そこでおすすめの庭の除草方法と、注意が必要な庭の除草方法についてご紹介します。

ちなみに、除草以外の庭木の手入れについての方法は下記の記事が詳しく解説しています。興味のある方は、チェックしてみてください。

関連記事:庭木の手入れについて詳しく知りたい方はこちら
庭木の手入れの仕方を徹底解説!時期や費用もご紹介

庭の除草の方法1 – 除草剤

庭の除草方法として比較的手軽に行うことできるのは、除草剤を使って庭の除草を行う方法です。

庭の除草剤は、液体タイプのもの、固形タイプのもの、薄めて使うもの、原液のまま使うものなどさまざまなタイプのものが売られていますので、好みの除草剤を使うと良いでしょう。

庭の除草剤の価格は、除草効果の高いものは値段が高く数千円~1万円以上するものもあります

薄めて使うタイプのものや固形タイプのものは比較的安価で売られているものも多く、1,000円程度から購入できるものがあります。

値段の安い庭の除草剤の場合は頻繁に薬剤を散布する必要がある商品がありますので、価格だけではなく除草効果がある期間などを確認してから購入するようにしましょう。

また除草剤を使って庭の除草を行う場合、小さなお子さんがいるご家庭やペットがいるご家庭、家庭菜園などを行っているご家庭は、除草剤を使用する際は十分注意するようにしましょう。

庭の除草方法2 – 塩

小さなお子さんがいるご家庭やペットがいつご家庭の場合、できれば除草剤を使いたくないという方も多いのではないでしょうか。

庭の除草方法として塩を使って除草するという方法があるのですが、塩を使って庭の除草をする場合は注意しなければいけない点があります。

塩を使うとなぜ除草できるのかといいますと、庭に生えた草に塩をかけると草に含まれている水分が抜けていくことで草を枯らせる効果があるためです。

薬剤を使用しない塩による庭の除草は一見良さような気がしてしまいますが、庭に撒いた塩分は分解されないため大量に塩を使って庭の除草を行うと長期にわたって周辺に塩による悪影響を及ばしてしまう危険があります

庭に撒いた塩が雨などで周辺の家や田畑に流れ込んでしまうと、花や作物が育たなくなってしまう可能性がありますし、塩の影響で家の基礎部分や地中に埋められている配管が劣化してしまう可能性もあります。

塩による庭の除草は、自分の家だけではなく周辺にも長期にわたって被害を及ぼす可能性が高いので、できれば避けたほうが良いでしょう。

庭の除草方法3 – 熱湯

庭の除草方法として、草に熱湯をかけるというものがあります。

除草する範囲が少ない場合は、有効な手段の1つではあるのですが、庭が広い場合は大量の熱湯が必要になるため、庭の除草方法としてはあまり効率的な方法ではありません。

小さなお子さんやペットが歩く範囲の庭の除草であれば熱湯を使うというのも良いかもしれませんが、広範囲の庭の除草には向いていないといえます。

庭の除草後には防草対策を行おう

庭の防草対策を説明する女性

秋から冬の季節にかけては、庭の草がほとんど生えてこなくなってきますね。

寒さも厳しくなるので冬の除草は大変ですが、草の勢いが落ち着いた時期に庭の除草を行い、防草対策をきちんとしておくと春先から夏にかけて草の勢いが増してくる季節の庭の除草を簡単にすることができます。

庭の防草の方法1 – 防草シート

防草シートは、太陽の光を遮断することで草が生えてこないようにするものです。

まずはしっかり庭の除草を行い、草がなくなったら防草シートを敷いていきます。

防草シートを地面にしっかり密着させて、防草シート用の留め具を使って防草シートを固定します。

防草シートが劣化してくると、シートの間から草が生えてきてしまいますので、防草シートが破れてしまう前に定期的にシートを交換すると庭の除草の手間を省くことができます。

防草シートは見た目が…という場合は、防草シートの上に石を敷き詰めたり、人工芝などを敷いたり、レンガなど敷くとおしゃれな庭にすることもできます。

庭の防草方法2 – 石

庭の防草方法としてよく使われるのが石を使った方法です。

石による防草方法も防草シートと同様で日光を遮断することで、除草後の庭に草が生えるのを防ぎます。

防草シートを使った方法は、防草効果は高いのですが、黒いシートで庭が覆われてしまうので見た目があまりよくありません。

庭の防草効果と見た目もきれいに保ちたい方は、石による防草がおすすめです。

ただし、敷き詰めた石にすき間があると、すき間から草が生えてきてしまいます。

石を使って庭の防草をする場合は、草が生えないようにしっかり石を敷き詰めておきましょう。

庭の防草方法3 – 砂

庭の防草方法として石以外にも砂を使うことがあります

最近では、庭の防草には防草用の固まる砂を使う人が増えてきています。

固まる砂の防草効果は非常に高いのですが、きれいに敷き詰めるのは難しいですし、固まるとは言ってもコンクリートのような強度があるわけではないので、駐車場などの防草には向いていないという難点があります。

また、大雨が降ると固まっていた砂が流れてしまうこともあるので、注意が必要です。

庭の自然な景観を保ちながら高い防草効果も期待できるため、固まる砂による防草をする人は多いのですが、商品によって砂の強度に差がありますので強度を確認してから購入するようにしましょう

庭の除草を業者に依頼する

庭の除草を業者に依頼する女性

庭の除草の範囲が狭い場合は、自力でやれる人も多いと思いますが、庭が広い場合は自力で除草するのは大変なご家庭もありますね。

そこで、庭の除草を業者に依頼する場合の費用などについてご紹介します。

庭の除草を行う業者は、次の項目で詳しくご紹介しますが、植木屋や造園業者といった植物を扱う専門業者から、便利屋、シルバー人材センター、ハウスクリーニング業者などさまざまな業種の会社が対応しています

また、草の上の部分だけを刈り取る草刈りを依頼したいのが、草の根から完全に除去を行う草取りを依頼したいのかでは庭の除草費用にはかなりの差があります。

庭の除草の費用

機械を使用して庭の草刈りをする場合は比較的費用は安いところが多いですが、いわゆる雑草の除草する場合は機械を使うのが難しいため、手作業によって庭の除草を行うことが多いです。

庭の除草に必要な費用は、庭の面積などで決めている業者もありますし、人件費(作業時間)によって決まっている業者もあります。

面積で費用を決めている業者の場合は1平米(m2)あたり1,000~2,000円程度が庭の除草費用の相場で、作業時間で費用設定されている会社の場合は、1日で10,000円前後の除草費用の設定をしている業者が多いです。

ただし、庭の除草費用は、庭の広さや除草する草の量が多い場合は作業に時間がかかるため、一般的な庭の除草の相場よりも費用が高くなってしまうことがあります。

庭を除草した後処理にも費用がかかる

また、庭の除草の費用の他にごみの処分費用が必要な場合もあります。

ごみの処分費用は、45ℓのごみ袋1袋分程度であれば500~1,000円程度のところが多いです。

逆にごみの処分は受け付けていない業者もありますので、ごみの処分を受け付けていない場合は自分で処理することが必要です。

庭の除草を業者に依頼したい場合は、庭の状態や除草が必要な草の状態によって費用が変わる可能性が高いので、庭の状況を確認してもらったうえで見積もりを取ることをおすすめします。

ちなみに、庭の除草だけでなく、庭に植わっている木の伐採なども依頼したい!という方もいらっしゃるかと思います。そんな方は下記の記事が詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

関連記事:木の伐採について詳しく知りたい方はこちら
木の伐採費用ってどうやって決まる?優良業者の選び方も紹介

庭の除草業者の選び方

除草をプロに依頼する

庭の除草を業者に依頼する場合の費用感は見てきましたが、実際に庭の除草を行っている業者の種類や、どのような基準で庭の除草業者を選べば良いかは知らない方が多いかと思います。

ここでは、そんな庭の除草業者の選び方をお伝えしたいと思います。

庭の除草業者の種類

庭の除草を行っている業者は、以下のようなところがあります。

  • 植木屋・造園業者
  • 便利屋
  • シルバー人材センター
  • ホームセンター
  • ハウスクリーニング業者

庭の除草は、完全にきれいにしてもしばらく経つとすぐに草が生えてきてしまいます。

一度やればずっときれいな状態を保てるわけではないので、できればできるだけ庭の除草に必要な費用を抑えたいという人も多いのではないでしょうか。

そのときだけ庭の除草ができれば良いという人は、便利屋やシルバー人材センターに依頼すると比較的安く庭の除草をすることができます。

自分でやるのは大変なので定期的に庭の除草を依頼したい場合は、便利屋やシルバー人材センターに依頼するよりも庭の除草にかかる費用が高くなりますが、植木屋や造園業者、ハウスクリーニング業者に依頼することがおすすめです。

植木屋や造園業者、ハウスクリーニング業者の場合、定期的に庭の除草を行うコースがある会社が多いので、その都度依頼するよりも費用を抑えることができます。

また、植木屋や造園業者に依頼すると、防草シートを敷いたあとに、石やレンガなどで見た目にもきれいな庭づくりを依頼することができるので、庭の除草と同時にきれいな庭づくりをしたい人は、植木屋や造園業者といった庭作りのプロに依頼するのもおすすめです。

庭の除草業者の選び方

日本全国には数多くの庭の除草業者が存在します。

その中で、どの庭の除草業者に依頼すればよいか分からない方が多いのではないでしょうか?

庭の除草業者を選ぶ時のポイントは「相談にしっかり乗ってもらえるか?」です。

お問い合わせした際や、お見積りを取った際の庭の除草業者の対応を見るようにしましょう。

適当な返事、曖昧な回答、ずさんなお見積り書など、「怪しい…」「心配だ…」と思うような事あれば、その庭の除草業者には依頼しない方が良いでしょう。

せっかくお金を支払って庭の除草業者に依頼するのであれば、安心して依頼できる所にお願いしたいですよね。

庭の除草業者選びはしっかりと行うようにしましょう。

「庭の除草ってどうやる?業者に依頼する方法も紹介」まとめ

庭の除草のまとめ

広い庭のあるご家庭は、こまめに庭の除草をしてもすぐに草が生えてしまうので、大変な思いをしているご家庭も多いのではないでしょうか。

特に小さなお子さんがいる家庭やペットがいるご家庭の場合は、できれば除草剤を使わずに庭の除草を行いたいですね。

今回は、ご家庭で庭の除草を行う方法と業者に依頼して庭の除草を行う方法をご紹介しました。

巷で聞く庭の除草方法には注意が必要なものもありますので、庭の除草を行う場合は参考にしてみてください。

記事を読んで、庭の除草以外にも庭の手入れの方法を学びたい方は下記の記事をチェックしてみましょう。

庭の手入れのことならオコマリ

庭の手入れのことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。オコマリでは庭の手入れについて、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問に庭の手入れに詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

  • おかげ様でお客様満足度98.3%
  • 詳しい専門スタッフが親切対応
  • 見積りは無料です
  • 日本全国対応いたします
  • メディア掲載実績多数あり
    (小学館・集英社等)
オコマリの「庭の手入れ」のサービスを見る